教え(教訓)

愛のある行動をする。愛は他人を助け、自分の人生を豊かにする

愛のある行動を心掛けることが大切です。

愛のある行動というのは、

その相手の為になるような行動をするということです。

  • 相手が幸せになるにはどんなことをしたら良いのだろうか
  • その人が悩みが生まれない為にはどうすれば良いか

ということを考えて行動することが大切です。

人に優しくすることだけが愛のある行動ではありません。

優しくした結果、

その人が人に甘えてしまうような人になってしまったら結果的にその人の為にはなりません。

甘えるということは、

相手のことではなく自分自身ばかりを考えているということにもなるのです。

もちろん子供であれば良いのですが、

大人が甘えてばかりの人になってしまってはいつまで経っても自立が出来ずに誰かに助けてもらわなければ生きていけない人になってしまうのです。

愛のある人というのは、

しっかりと自立していなければ人に何かをしてあげることが出来ないのです。

自分自身のことは自分で乗り越える力を持ち、そして人に愛を与える心を持つことが本当の愛のある行動をする為に必要なことです。

人を助けようと思う時も、

自分自身の利益のことを考えたり自分のことを優先にして物事を考えてしまうと、相手にとって悪い結果を招いてしまうこともあるで注意しましょう。

愛のある行動というのは、

自分自身を優先するのではなくただその相手がより良い方向へと向かうことを考えて行動することです。

愛のある行動を行う時に一番意識することは、

その相手も愛のある行動が出来る人、人を助けること、相手のことを思って行動が出来る人になるかどうかで考えましょう。

ただ優しくするだけでは、

その人が愛のある人になるわけではありません。

ただ人から奪ってしまうだけの人になる可能性もあります。

しっかりと自立した人になり、

そして人に優しさと愛のある心を人に与えられるような人になってもらえるように導いてあげること、助けることが何よりも大切なのです。

助けてあげることは大切なことです。

その後に、

またその人が人に愛を分け与えられるように教えてあげることが大切なのです。

愛のある行動というのは、

助けた相手にも愛を与えられるような知恵と知識を与えてあげることです。

人というのは助け合いから成り立っているのです。

困った人がいるのなら助けてあげることは大切なことです。

その時に注意して欲しいことは、

助けること、愛のある行動をしようと思って自己犠牲をしたり自分自身を疎かにするような行動をすることは愛のある行動とは言えません。

なぜなら自分自身も人だからです。

人助けということは、

自分自身も助けなければいけないのです。

あくまでも自分自身に余裕がある時や自分が出来る範囲内で助けてあげることが大切なのです。

無理をしてしまったら自分自身が苦しむことになり、

精神的自立から遠のいてしまう可能性があります。

あくまでも出来る範囲内で愛のある行動を心掛けることが大切なのです。

そして自分が出来ないことを無理にやる必要はありません。

自分の出来ることを精一杯やることが大切なのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 教え(教訓)

    正解なんて分からないし存在しない。分かるのは自分の気持ちだけで正解を決めるのは自分の心。

    何が正解で何が間違いなのかなんて誰にもわかりません。人生は選択…

  2. 教え(教訓)

    いくら努力をしても行動しても人生の結果はどうなるか誰にもわからない。それでもやるしかないのが人生。

    どんなに努力をしても行動してもその結果までは自分で決めることは出来ない…

  3. 教え(教訓)

    物事には絶対的に正しい答えはない。視点や立場、環境が違えば正しさも変わる。

    物事には絶対的に正しい答えというものは存在しません。見る側面を…

  4. 教え(教訓)

    過去は変えられないが未来は変えられる。失敗を繰り返しながら成長し、自分の望む自分に変わる

    過去に行動してきたことは変えられません。だから後悔することもも…

こんな記事もどうぞ

PAGE TOP