「自分を受け入れる」でも「願望を求める」でもない。今まで味わった事のない感覚を感じてる

私は、今までに体感したことのないような体験と感覚を感じている。

一般的に言う「ポジティブ」という状態とも異なっているし、「ネガティブ」という状態とも違う感覚。

「自分を受け入れている」

「今の状態に満足している」という感覚とも少し違うような気もする。

一言で言えば、

「何も考えていないし何も求めていない状態」という感じだろうか。

今の自分に不満がないわけでもないけれど、そんな状態に何かを不満を感じているわけでもない。

何も求めているものがないわけでもなく、求めているものものはあるのだけれど、その求めているものに執着しているわけでもない。

そのうち手に入るだろうと思っているからだろうか。

その気持ちは自分の思考ではちょっと分からない。

自分の心が知っているだけ。

今まであんなに結果を求めていたのに急に全く求めなくなった。

あんなに欲しいと願っていたのに何も望まなくなった。

望みがないから不満もかなりなくなった。

望んでいる状態というのは良い状態と言えるかどうか分からないけれど、何も望んでいない今の状態よりかは良いと思っていた。

だけどいざ何も望んでいない状態になっても、今の状態も悪い状態だとは感じない。

そんな状態は今まで生きていて味わったことがないから分からない。

それが今の自分の気持ち。

ただ私はこうやってブログを書くことがとても好きで、こうやって書くことが出来る今にすごく満足している。

自分の求めている気持ちや感情はブログを書くことで解消されるというか満足出来ている。

自分の理想の形と言っても良いかもしれない。

「もっとたくさんの人に読んでもらいたい」

「人の心に響くような文章が書きたい」

そんな気持ちはあるけれど、そんなに自分がどんなに求めたところで手に入るものでもないと心の何処かで思っている。

だから求めていない。

いい意味で手放しているのだろうか。

だけどそんな状態を意識してやっているわけではなく、考えているわけでもない。

勝手にそうしているだけ。

今こうやって文章にしてみると、こんな感じなのかなと思っているだけであって、常に何かを考えているわけではなくむしろ何も考えていない感じだ。

ただ今感じてるのは、こうやって文章を書けることが幸せで、その行為に対してとても満足感を得ている。

それで良いのではないかと思っている。

もちろん今の状態が順調で、思うような結果が手に入り始めているからこそ満足していると言えばそうかも知れない。

しかしそんな状態を本気で求めていたかと言うとそんなことはなく、自分のやりたくないことを避けてやりたいことを素直に行動した結果、

今の状態になっていった。

試行錯誤しながら、

あれこれ考えながら、

自分の心に素直に行動し続けた結果、

理想の形かどうかは別として自分自身の心が求めた結果になっていった気がする。

ただそんな状態が自分の思考や考え方では、正しいのかこれで良いのかということは判断出来ない。

これが良い状態なのかはまだ分からない。

まぁ今は分からなくて良いかなと思っている。

こんな状態になってまだ間もないから、あと三ヶ月も経てばそれなりの現実が待っているはずだ。

三ヶ月後の自分がどうなっているのか楽しみである。

良い結果が待っているのか、

悪い結果が待っているのか、

それは分からないけれど、

なるようにしかならないのかなと思っている。

よく、

本当に求めている時には手に入らないけれど完全に求めることを手放した時にやってくる。

という引き寄せの法則の理論がある。

それが今回の状態に当てはまるのなら良い状態と言えるのかな。

どうなるか分からないけれど、

今まで味わったことのないような感覚を味わっているのだから、今までとは違う現実が待っていることには間違いないだろう。

期待せずに今を精一杯生きながら、今後どうなるのか楽しみにしている。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク