オーラ

オーラ見えない人でも見えるようになる可能性はあるのか。

オーラが見えない人でもオーラが見えるようになるのか。

これはオーラが見えるようになりたいと思っている人にとっては重要なことだと思います。

今回は、誰でもオーラが見えるようになるのか、そしてどうすればオーラが見えるようになるのかについてお話ししたいと思います。

誰でもオーラが見えるようになるのか

オーラは何かのきっかけで見えるようになったり、練習をすることで見えるようになる人はいます。

しかし誰でも見えるようになるかというとそんな事はありません。

やはりある程度「素質」は必要でしょう。

「素質」と言ってもそんなにすごいものではなく、

  • 相手の気持ちがなんとなく感じ取れる
  • スピリチュアルに興味がある
  • なんとなく自分には見える気がする

というような気持ちと感覚を持っていれば見えるようになる可能性は十分にあるでしょう。

スピリチュアルな世界というのはそれだけとても精神的な要素がとても大きいものなのです。

もともとオーラが見えない人でも見えるようになる可能性はある

もともとオーラが見えていない人でもオーラが見えるようになる可能性はあります。

もちろんすべての人が見えるかと言われると難しいのですが、人には霊力というものがあります。

イメージ力と言っても良いでしょう。

スピリチュアルな能力とも言えますし、霊感という言葉に変えてもいいでしょう。

みんなその霊力というものは持っているのですがずっと使わないでいるとどんどん退化していってしまうものなのです。

普段の生活ではあまり感覚を重視することも少ないですし、感覚を使わなくても全て機械が問題を解決してくれます。

昔で言えば、天気予報もなかったので雨が降るか降らないかを感覚や知識で予想しなければいけませんでしたが、今ではスマホ一台かテレビをつけるだけで分かってしまいます。

それだけ現代では感覚を使うことが少なくなりました。

それと同じように霊力も使う必要がなくなり、オーラも見える必要は無くなりました。

オーラが見えないといけない状況というのは生きていて一度もないでしょう。

それだけ必要のない能力というのは自然と退化していくものなのです。

しかしみんな霊力はあります。

オーラが見える人はその霊力を優れているのでオーラが見えるのです。

みんな霊力がゼロということはありません。

見える人が100あるとすれば、見えない人でも10くらいはあります。

それが高いか低いかというだけなのです。

ですから訓練をすれば見えるようになる可能性はあるのです。

よく衝撃的なことが起きたりしたときに見えるようになる人がいます。

それはその衝撃的な出来事によって、脳の回路が変わった可能性があるのです。

そうやって何かの拍子に見えるようになることもあるのです。

オーラが見えない人でも見えるようになるにはどうしたら良いのか

今はオーラが見えないけれど、

見えるようになるにはどうしたら良いのかというと、自分自身の気持ち、そして相手の気持ちを理解しようとする力を養うことです。

オーラが見えるという事はそれだけ相手のことを深く理解するということと同じ意味になります。

オーラが見えるようになりたいという事は、それだけ相手のことを知りたいと思っているという事です。

だったら逆に相手のことを深く知ろうとすれば、オーラが見える可能性が生まれてくるということです。

もちろんオーラが見えるというのは、目のスピリチュアルな能力が高い必要があるので、それはとても素質が関係してきます。

スピリチュアルな能力というのはタイプがあって、

  • 目が優れている人
  • 耳が優れている人
  • 感覚が優れている人

大きく分けてこの三つに分類されます。

目が優れている人はオーラが見えるようになり、耳が優れている人は人には分からないような声を聞くことが出来る様になります。

感覚が優れている人は、自然と何かを感じ取ることが出来るようになります。

そうやって人によってタイプが違うので、相手のことを理解しようとしても、目が優れている人じゃなければオーラが見えるようになるわけではありません。

しかし、相手を理解しようという気持ちがあれば、オーラが見えなくても何かしらを感じ取ることが出来るようになるかも知れないのです。

どのタイプが優れているというものではありません。どれも同じくらい凄いことです。

なので、スピリチュアルな能力を高めたいと思ったときに大切な事は、

自分自身のことをよく知る事、そして相手のことを理解しようとする力を養っていきましょう。

その結果、自然とスピリチュアルな能力が養われていくのです。

結論:全ての人が見えるようになるわけではないが、見えるようになる可能性はある

全くオーラやスピリチュアルな世界から無縁の人があることをきっかけに見えるようになることもありますし、ずっと願っていても見えない人は見えません。

逆にスピリチュアルな世界にどっぷり浸かってしまっている人というのは、スピリチュアルに執着を過ぎて見えないことが多々あります。

オーラが見えるようになる人というのは、少なからず人よりも無欲というか自己犠牲が出来る人に多いです。

かと言って、自己犠牲が出来る人が見えるようになるかと言われるとそんな事はありません。

私からすると、

全ての人がオーラが見えるようになる可能性があるとも思えるし、かと言って見えない人はいく頑張っても見えないという人もいるので、難しい話だと書いていて感じました。

とてもデリケートな話だなと思ってしまいました。

ですが私が思うに、オーラが見えるか見えないかというのは結果論だと感じています。

オーラが見えるようになりたいと思っているという事は、それだけ他人のことを理解したいと思っているという事でしょう。

それなら別にオーラが見えなくても出来る事です。

オーラが見えなくても相手のことを理解する事は出来ますし、寄り添う事だって出来ます。

そうやって相手のことを理解しようとする気持ちがあるからこそオーラが見えるようになるとも言えるかも知れません。

なので、オーラが見えるか見えないかに執着するのではなく、自分に出来ることを精一杯やってみるということの方が重要なのだと私は思います。

結論が少し違ったものになってしまい申し訳ありませんが、これが私の正直な結論です。

これを読んでいる人は、オーラが見えなくても、相手のことを助けてあげたり理解してあげられるような人間になって欲しいと私は願っています。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

  • この記事を書いた人

ヨシタカ(吉岡 貴紀)

名前 ヨシタカ(吉岡 貴紀) ・スピリチュアルカウンセラー ・元競輪選手 生まれつき「オーラ」や「チャネリング」が出来ていたスピリチュアル人間として育ってきた。 しかし、それが本当に正しいことなのかを突き詰めるようになり、悟りの道へと方向性をシフトし、悟りを開くことが出来た。 その後はたくさんの人に自分らしい生き方を目指す為の情報発信をしている。 【詳しいプロフィールはこちら】

-オーラ

Copyright© ヨシタカブログー吉岡貴紀公式ブログー , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.