オーラ

オーラが見えやすい状態を作るための方法と手順。

オーラが見えやすい環境を作ること以外にも、自分自身もオーラが見やすい体調と状態を作ることでさらにオーラが見やすくなっていきます。

オーラを見る練習をする前にしっかりと良い状況を作ることでオーラは見やすくなるのです。

どんなにオーラが見える人でも、オーラを見る時には見えやすい状態を作ることを心がけることで、正確なオーラ視をすることが出来るでしょう。

そのために重要なのは、自分自身が究極のリラックス状態を作り出すことが必要不可欠なのです。

楽な体勢になる

オーラを見る時には何も気にならない状況を作っていきましょう。

出来るだけ楽な姿勢になるようにして心も体もリラックスしていきます。

椅子に座るのでも良いですしあぐらをかいても良いですので出来るだけ無理のない体勢で行うと良いでしょう。

寝転がっても良いのですが、完全にスイッチがオフになってしまったり体勢的に見にくいと思うので座るのがベストです。

しかし寝転がった方が見やすいと思うのであればもちろんそれでも問題ありません。

深呼吸をする

まずは深呼吸を行います。

深呼吸をして気持ちを落ち着かせてリラックスしていきましょう。

呼吸が乱れていたり、疲れてしまっていると集中出来ないので心を落ち着かせるます。

深呼吸は5回程度行えば十分です。

秒数などを気にしなくても良いので自分がリラックス出来る早さとタイミングで行ってください。

瞑想をする

深呼吸が終わったら今度は瞑想をします。

瞑想をすることでリラックスすると同時に集中力も高まり、心が無に近い状態になるのでオーラを見るのに最高の状態になります。

オーラを見るためには考え事をしていたりエゴがあると見えなくなってしまいます。

瞑想には心を穏やかな状態にしてくれる効果があり心が静まりますのでオーラを見るためには瞑想がとても効果的なのです。

しっかりと瞑想が出来ればそれだけでオーラが見えることがあるくらいに瞑想とオーラを見ることはとても近い状態なのです。

何も考えないようなクリアな状態を作ることを心がけよう

オーラ視に必要なことは、自分のエゴをなくし、頭の中をクリアにすることです。

オーラを見るためには、潜在意識優先の精神状態を作ることが必要不可欠なのです。

何も考えないというよりも、究極のリラックス状態を作ることがオーラを正しく見るためには重要なので、出来る限り自分がリラックス出来ている状態を作り上げましょう。

結論:オーラを見るためにはオーラが見える状態を作ることが重要

オーラが見えるようになるためには、

オーラが見えやすい状態を作ることが必要不可欠です。

どんなにオーラが見える人でも全く集中出来ないような環境を作ってしまうと見えなくなってしまうこともあります。

それだけ自分の精神状態に左右されるものなのです。

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

ヨシタカ(吉岡 貴紀)

名前 ヨシタカ(吉岡 貴紀) ・スピリチュアルカウンセラー ・元競輪選手 生まれつき「オーラ」や「チャネリング」が出来ていたスピリチュアル人間として育ってきた。 しかし、それが本当に正しいことなのかを突き詰めるようになり、悟りの道へと方向性をシフトし、悟りを開くことが出来た。 その後はたくさんの人に自分らしい生き方を目指す為の情報発信をしている。 【詳しいプロフィールはこちら】

-オーラ

Copyright© ヨシタカブログー吉岡貴紀公式ブログー , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.