スポンサーリンク

オーラの存在を知っている人は多いと思いますが、実際に見える人はかなり少ないでしょう。

「自分にはそんな力がない」

「幽霊も見えないし霊感もないから自分には無理」

そう思っている人が多いですが、オーラというのは訓練をすれば見ることが出来るものです。

オーラというのは霊感のようなスピリチュアルなものというよりも直感力や感覚に近いものです。

潜在意識や第六感、自分の持っている感覚を研ぎ澄まし、鍛えることで見えるようになるのです。

今回はオーラを見る方法とその練習方法について書いていきます。

なぜオーラが見えないのか

オーラを見るための訓練方法の前にまずは、オーラとは一体何なんのか、オーラを見るためにはどんな感覚が必要になってくるのかについてお話しします。

先ほども言いましたが、

オーラというのは「霊感」のようなスピリチュアルなものというよりかは、「直感」のような自分の持っている感覚、第六感に近いものです。

昔の人は「みんなオーラが見えていた」と言われているくらいに見えていることが当たり前のものでした。

しかし今の時代では感覚に頼ることが少なくなってきていて、全て科学や知恵によって判断されるようになったのでどんどん感覚が鈍ってきているのです。

もちろんそれは良い事なのですが、私は感覚頼りに生きているところがあるので、とても寂しいものだなと感じてしまいます。

そうやって感覚を使わない生活を送っていると、感覚はどんどん機能が低下していきます。

そうやって感覚を使うことがなくなってきたことによってオーラは見えなくなってきたのです。

ですから感覚(第六感)を鍛えることでオーラを見ることは可能なのです。

自分の感覚を大事にしよう

第六感と聞くとどうしても自分にはないものだと思いがちですが、第六感というのは誰にでもあるものです。

虫の知らせがあったというのは第六感の働きによるものです。

感覚でなんとなく感じるのです。

その他にも、

「この場所はなんか気持ちが悪い」とか、

「何と無く変な感じがする」というのも第六感によるものです。

薄気味悪いとかなんだか空気が軽いとかそういう感覚的なものは全て第六感によるものなのです。

この人なんか怖そうだなとか優しそうだなというのも感覚です。

そう考えると結構みんなが感じているものだったりします。

そのなんとなくの感覚がとても重要なのです。

目に見えないものも存在している

みんなそうやって「なんとなく」という風に感じているにも関わらず、なんとなくだから自分の勘違いだと思い込んでしまうのです。

しかし本当はその「なんとなく」がとても重要で、そのなんとなくの精度が高まってくることによって、そのなんとなくがなんとなくではなくなってくるのです。

そのなんとなくという感覚は、現実では何も存在しないかも知れませんが、自分の中では確かに感じたものです。

そのなんとなくというのは自分の目に見えるものではありません。

人はかなり目を使っているので、目に見えないものは存在しないものだと勝手に思い込んでしまうのです。

しかし実際にはWi-Fiだったり、赤外線や紫外線ももちろん目に見えません。

テレビのリモコンで操作しても目に見えない光線が出ているわけです。

それは知識があるから存在しているという認識になっていますが、それも存在しないものになってしまいます。

ですが確実に存在しているものです。

オーラも初めはなんとなく見えた気がするくらいのものだったりしますし、そのなんとなくが見ているうちになんとなくではなくなってくるのです。

虫の知らせも完全になんとなくな世界です。

しかし自分の中では確かに何かを感じ取っているのです。

そのように感覚というのは目には見えませんし、現実には存在しないものです。

オーラというのはその感覚の延長線上にあるものなのです。

オーラは感じているものが感覚として目に見えたもの

オーラがなぜ見えるのかというとそれは、共感覚というものに近いです。

共感覚というのは、自分の感じ取った感覚を別の感覚器官で感じ取るというものです。

よく話を聞くものであれば、音に色が付いているという人もいるでしょうし、文字にも色があるように見える人もいます。

そうやって人によって感じ取り方が変わるのが共感覚というものです。

オーラもその共感覚と同様で、自分が感じ取った相手の印象や感じたものをオーラとして、視覚的に感じ取るものと言ってよいでしょう。

自分がなんとなく感じている雰囲気や感覚が目に見えてくるものがオーラというものなのです。

優しい雰囲気がある人は、ピンク色に見えたり情熱的な人は赤に見えたりするのです。

感覚というのはエネルギーや目に見えない力を読み取って感覚として受け取っているのです。

例えば、なんだか薄気味悪いと感じるのはその場所のエネルギーが悪いエネルギーが溜まっていてそれが感覚として薄気味悪いという感覚として受け取っているのです。

逆に明るいエネルギーが溜まっているところでは、なんとなく心が軽くなったり楽しい雰囲気、心地よい感覚を感じ取るのです。

そうやって人間は目には見えないけれどエネルギーを感じ取る力を持っているのです。

そうやって感じているものが目に見えるものがオーラというものなのです。

オーラを見るための準備と知識

オーラの知識について説明したところで、今度はどうやってオーラを見ればよいのか、そしてオーラが見えるようになるのかについてご説明します。

オーラを見るためには必要なのは集中力

オーラを見るためには集中力がとても重要になってきます。

それはどうしてかというと、どんな感覚器官を使うときでも感覚を研ぎ澄ませる時というのはそれだけ集中するはずです。

耳をすませる時というのは耳に集中するものです。

味を確かめるときも舌に集中して味覚という感覚に意識を集めて感覚を研ぎ澄ませるでしょう。

その時に他の作業をしたり、何かをしながら集中することは出来ません。

ですからオーラを見るときも意識を集めて集中することが大切なのです。

リラックスしていないとオーラは見えにくい

オーラを見るときは、リラックスしていることが必須条件です。

これも集中と同じように、感覚を研ぎ澄ます時に心拍数が高まっていたり、運動の最中や緊張している時というのはそれだけ感覚が鈍くなってしまいます。

ドキドキや緊張は感覚を鈍らせます。

ですからリラックスしていることが大切なのです。

変にプレッシャーを感じてしまったり、騒音がある場所ではリラックス出来ずに感覚に集中出来ないので、リラックスした精神状態とリラックス出来る環境というのはオーラを見るためにはとても大事なことなのです。

オーラを見ることに執着すると見えなくなる

オーラを見るためにはオーラを見ようとすると見えなくなります。

それはどうしてかというと、見よう見ようとするほど緊張してしまいますし、見ようとすると見ることばかりに意識がいってしまうので、オーラ自体に意識がいかないのです

オーラを見るには、その相手のオーラに意識がいかなければいけません。

見ようとすると、自分の目ばかりに意識がいってしまうので見えなくなってしまうのです。

オーラは目で見るのではなく感覚で見るのです。

ですからオーラを見ることに集中してしまうと見えなくなってしまうので、自分の感覚で相手の何かを感じ取ることができればオーラが見えてくるものなのです。

オーラを見るためのトレーニング方法

オーラを見るための準備が整ったら今度は実際にオーラを見るためのトレーニング方法について詳しくご説明していきます。

深呼吸をしてリラックス

まずはリラックスすることから始めましょう。

一番良いのは瞑想をして頭の中をクリアにして雑念をなくすことでオーラは見えやすくなります。

それも何かを感じ取るものこと以外に集中してしまうと見えなくなってしまうからです。

感じ取る以外の雑念や考え事は全て一度置いておいて、頭の中は空っぽにしておくことが重要です。

頭を空っぽにしたり、リラックスするためには瞑想するのが一番効果的な方法なのですが、瞑想が大変だと思う人はリラックスをするために深呼吸をしましょう。

深呼吸をゆっくり5回ほどやってみて、リラックスが出来たら次のステップへ進みましょう。

目の力を抜く

リラックス出来たら今度は目の力を抜きましょう。

半目を開くような感じで目の力を抜き、一点を見つめたりしないで何も見ないような、全体をボヤッと見る感じで見ましょう。

どうして目の力を抜くのかというと、目に力が入っていたり一点を集中してみることによって目に意識がいってしまってオーラを感じ取る事が出来なくなってしまいます。

そして一点を見ることはとても緊張してしまうので、リラックス出来なくなってしまいますので良くありません。

オーラは目で見るものではありませんから、目に集中する必要はないのです。

しっかりと全身をリラックスさせて、頭の中を空っぽに出来たら今度は目もリラックスさせましょう。

サードアイに意識を集中させる

リラックスが出来たら今度は第三の目のところを意識します。

オーラは「目」で見るものではなく「心の目」で見るのです。

そのためにはサードアイ(第三の目)と言われるところに意識を集中する必要があります。s

サードアイというのは仏様がホクロがあるところです。

眉間のところにあるものです。

眉間のところに意識を集めることで、オーラを見るための感覚が研ぎ澄まされて見えやすい状態を作れるのです。

その時に注意することはとにかく目の力を全部抜きましょう。

目の力を完全に抜き、こめかみの方まで力を抜きましょう。

顎やほっぺたまでも力を抜きましょう。

とにかく顔全体の力を抜くことでサードアイに集中しやすい環境を作るのです。

そうやって目の力を抜くことで、サードアイに意識がいきやすくなるので見えやすくなるのです。

そうやってサードアイに集中していると、眉間が変な感覚になったり、もやもやしてきたりしますがそれは集中出来ている証拠なので気にしなくて大丈夫です。

もやもやしたりしてこなくても自分自身が集中出来ている感覚があればそれだけでも大丈夫です。

自分の手のオーラを見てみよう

今度はリラックスと目のリラックスを保ったまま自分の手のオーラを見てみましょう。

その時の背景は白い壁に向かって見るとより見やすくなります。

背景を白にすることで色がはっきり見えるので、出来る限り白にしておくと見やすいでしょう。

白がなかったとしたら黒でもよいです。

それもなければできるだけ色の薄い一色の背景であれば問題ありません。

とにかく自分が見やすければなんでも大丈夫です。

そして自分の手をはっきり見るのではなく、背景にピントを合わせるようにぼやっと全体を見るようにしましょう。

はっきりと見てしまうと目で見てしまい意識がサードアイにいかなくなってしまいます。

しっかりと眉間(サードアイ)を意識してサードアイで見るようにしましょう。

サードアイで見ようとすると自然と目の力が抜けるので見えやすくなります。

完全に目の力は抜いて全体を見るような感じで見ることが大切です。

そうやって見ていると次第に手の周りにもやもやしたものが見えることがあります。

それがオーラです。

最初は黒だったり灰色だったりと色までは見えませんし、単なる残像くらいにしか見えないでしょう。

勘違いだと思ってしまうかもしれません。

しかしそのなんとなく見えた気がしたものでも、それでも見えるように練習することでだんだんと見えるようになってくるものなのです。

黒でも灰色でも白でも、ちょっともやっと見えたのならオーラがちゃんと見えるようになるまでそんなに遠くありません。

勘違いを勘違いで終わらせないで、確信に変わるまで根気よく練習を続けてみましょう。

オーラを見る時の注意点

オーラを見るときに注意してほしいのは、オーラを見ようとするのではなく何も考えずに雑念を取り払うことが大切です。

何か別の考え事をしていたり、オーラを見ることばかりを考えてしまうとオーラは見えません。

それはオーラを見ることに集中してしまうので、感じ取ることに集中出来ていないからです。

オーラを見るということはまずは自分が何かを感じ取る必要があるのです。

その感じたものがオーラとして自分の視覚として見えるわけですから、感じ取らなければオーラが見える人でも見えなくなってしまいます。

ですからオーラを見るときは何も考えずに頭を空っぽにすることが大切です。

それが一番リラックスしている状態、一種の瞑想状態になるのでその状態が一番よくオーラが見えるのです。

オーラを見るためには、見るためのコンディショニングがとても重要だということです。

集中力が切れたら休む

オーラを見るためにはそれだけ精神力と集中力、そして神経を使います。

ですから自分の集中力が切れてしまったら見えなくなってしまうのでそこで中止しましょう。

集中力が切れた状態でいくらみようとしても見えませんので、また休んでから見るようにしましょう。

とにかく感覚と神経が疲れてしまうので、最初は5分〜10分くらい練習したら一度休憩して出来るだけ短時間で集中して練習するようにしましょう。

オーラが見えるようになるまでにはどれくらい時間がかかるのか

オーラを見るための訓練を始めてもなかなか見えるようにならないということもあるかもしれません。

オーラが見えるようになるためにはそれだけ時間がかかります。

今まで全く感覚もイメージもないところから始めるわけですから、それは時間がかかってしまいます。

まずは気のせいかもしれない、もしかしたら見えているかもしれない。という状態になるまで練習して、今度はその気のせいが絶対に存在しているはずだと確信に変わるまで練習する必要があるのです。

逆に言えばそこまで強い意識や感覚を刷り込むことが出来ればすぐに見ることが出来ます。

今までにない感覚を身につけるのですからコツがいるのです。

早い人では3日くらいで見えるようになる人もいれば、半年くらいかかる人もいます。

それは完全に個人差があります。

平均的には3ヶ月〜6ヶ月くらいで見えるようになると思います。

しかし、ちょっとぼやっと見えるくらいになるには2日〜3日くらいで見えるようになります。

色が見えるようになるまでには時間がかかると思いますが、気長にやっていきましょう。

ぼやっと見えるだけでもすごいことなのです。

見えるようになり始めは、「気のせいかな」と思うかもしれませんが、オーラは感覚で見るものなので気のせいでも良いのです。

それが続くことによって確信に変わっていくのです。

そうやって感覚の回路を少しづつ繋げていく事でしっかりと見えるようになっていくのです。

意識の刷り込みには時間がかかってしまいますが、逆に言えば刷り込むことさえ出来ればいつでも見ることが出来ます。

難しいかも知れませんが、楽しみながら気長にやっていきましょう。

あとがき

オーラを見るためには集中力と精神力、そしてリラックスが何よりも大切です。

そのためには雑念をなくして瞑想状態を作ることが必要になってきます。

どうしても最初は、オーラを見ようと思ってしまいどんどん緊張してしまいます。

緊張してしまったり力を入れてしまうと見えなくなってしまうのです。

心を無にして頭を空っぽにして、寝ているくらいのリラックス状態を作るようにしましょう。

見えなくても焦らないでください。

気長に訓練していくことで自然に見えるようになってくるでしょう。

オーラは目で見るものではなく感じ取るものなのです。

そこを意識することさえ出来れば案外早くオーラは見えるようになるでしょう。

しっかりと感覚を研ぎ澄ませて、感じ取ることを意識して練習していきましょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事