スポンサーリンク

「最近元気がないな」

「なんか疲れが取れないな」

「イライラしていてすぐに怒ってしまう」

そんな状態に陥っている人はオーラの状態が悪いのが原因かもしれません。

オーラというのは自分自身のバイオリズムだったり自分の精神状態をそのまま表してくれるバロメーターのようなものです。

オーラというと分かりづらいと思うので、顔色と言っても良いのではないでしょうか。

オーラの状態が悪いというのは、顔色が悪いというのと同じです。

ですので常に良い状態でいられるようにオーラを強めて、打たれ強いオーラを作り上げていきましょう。

オーラの状態が悪いとどうなってしまうのか

オーラの状態が悪いと思ってしまう現象やデメリットはたくさんありますのであげていきます。

  • すぐにイライラしてしまう
  • 疲れが取れなくて休みの日はずっと寝て過ごしてしまう
  • やる気がなくなる
  • ちょっと悪い事があるだけですぐに落ち込む
  • 自暴自棄になる
  • 全てがどうでもよくなってしまう
  • 悪習慣をしてしまう
  • 現実逃避をしてしまう
  • 気力がなくなる

のように様々なデメリットがあります。

もし今現在がそういう風な状態に陥っているのだとしたら、オーラの状態が良くない可能性があるので早めに改善することが大切です。

オーラを強くするのはエネルギー量を増やすということ

オーラを強くしたいと思うのなら、一番効果的な方法はエネルギー量を増やすということです。

エネルギー量とは、言い方を変えると「元気」と言っても良いでしょう。

とにかく元気になることをすれば自然とエネルギー量が増えるので、オーラも強くなります。

元気な時というのは、ストレスにも強くなりますし外部からの影響を受けにくくなります。

元気がない時に色々言われてしまうと本当に心まで病んでしまいますが、元気な時なら全然へっちゃらだったりします。

それはそれだけエネルギーがあれば乗り越える力があって、常にポジティブにいられるのです。

それだけエネルギー(元気)というのは大きな力を持っているのです。

どうすればオーラが強く(元気)になるのか

オーラの状態が良くないと思っていても、実際どうすれば良い状態になるのかというと分からない人がほとんどでしょう。

オーラの状態を良くするには、自分の心をリラックスさせたり、落ち着いた精神状態になるとストレスや疲れがなくなり良い状態になっていきます。

オーラの状態と精神状態というのは、ほぼイコールです。

やはり精神状態や心が自分の行動を決めて、そしてその行動によって起こる現象が変わってくるわけですから、心が現実を創造すると言っても過言ではありません。

ですので良い精神状態を作ることはより良いオーラを作ること。

そしてより良い人生を作っていくためにとても大切なのです。

具体的に良いオーラの状態を作る方法について具体的に挙げていきます。

瞑想をする

瞑想をすることによって心を落ち着かせて自分の心の声を素直に聞く事ができます。

ですから、いま自分がしたいことやするべき事がわかったり、普段では気付かないような自分の本心と向き合うことが出来るので、自分の心の理解が深まって心のざわつきがなくなります。

その結果とても落ち着いた気持ちになれますので、リラックス効果があるとともに、今後のやるべきことも見えてくるので前向きな気持ちになることが出来ます。

そのように冷静で落ち着いた心を持つことでオーラは強くなりますし、良い状態になっていきます。

オーラの状態が良くなるのはもちろんですが、それ以外にも自分の気付きを得ることが出来るので瞑想をすることはとてもお勧めです。

温泉へ行く

温泉が好きな人は温泉に行くと良いでしょう。

温泉は体の疲れも出来ますし、同時に心の疲れを取ってくれます。

普段とは違うところへ行くことで心がリセットされて、新たな気持ちで生活することが出来ます。

気持ちを入れ替えるということは、今までの自分とは違う自分になるということです。

今までの自分が悪い状態ならば良い方向へ進む可能性があるということです。

そうやって今までの状態から変えることは、流れが悪かったり悪い状態の時にはとても大切なことなのです。

趣味や好きなことに没頭する

何かに没頭するということはとてもストレス発散になります。

没頭するというのは、目の前のことに集中している状態でその他のことを考えていない状態です。

あれこれ悩んでいない状態なので、頭の中がとてもクリアな状態になります。

それはつまり瞑想している状態と同じ状態になっているということなので、ストレスを軽減してくれてポジティブになることが出来ます。

ネガティブになってしまう時というのは、たくさんの考え方をしてしまっていてあれこれ考えすぎて疲れてしまっているのです。

人間は考えれば考えるほど基本的にはネガティブになりますので、あまり考えずに自分の好きなことをするというのは大切なことです。s

そうやってポジティブになることができれば辛いことがあっても乗り越えることが出来るのです。

適度な息抜きや休みは人間にとってとても大切なことなのです。

部屋を掃除する・模様替えをする

部屋を掃除したり綺麗にすることはオーラを良い状態にするのにとても効果的です。

部屋を掃除したり模様替えをすることで気持ちを切り替えることが出来ます。

部屋というのはとても長い時間過ごす場所です。

その場所は自分の心の状態を映す鏡でもあります。

部屋が汚れていると自分の心も汚れてしまいます。

しっかりと部屋を綺麗にしておくことで自分の心も整理されて良い状態を保つことが出来ます。

それと模様替えをすることで自分の気持ちを切り替えることが出来るので、温泉と同じように新たな気持ちで明日を迎えることが出来るでしょう。

気持ち良い場所で過ごすというのは、それだけストレスも溜まりませんしリラックスして過ごすことが出来ます。

その結果、疲れも取れて元気になり、オーラも強くなっていくのです。

自然の中を散歩をする

自然の中にいると心が浄化されます。

これも気持ちが入れ替わったりリフレッシュされるので、自然とストレスに強くなりオーラも強くなります。

植物は悪いエネルギーを吸い取ってくれる効果があるので植物や木々がたくさんある場所に行くことで、自分の悪いエネルギーを取り除いてくれるでしょう。

その時に深呼吸をすることで、悪いものを吐き出すことが出来るのでより効果があるでしょう。

パワースポットへ行く

お寺や神社などのパワースポットも同じように心身ともに浄化する力を持っています。

神聖な場所というのは良いエネルギーが充満しています。

その良いエネルギーを存分に浴びることでオーラの状態が良くなっていくでしょう。

神聖な場所と思うだけでも気持ちが何故か軽くなります。

そうやって人はなんとなくでもいろんなものを感じ取っているのです。

その時に悪いものをおいてくるイメージでいくとより効果があるでしょう。

友達と話す・相談をする

人と話すということは自分の心をさらけ出すということです。

友達の話すということはそれだけ自分の中に溜まっているものを吐き出すことが出来るので、とても楽な気持ちになるでしょう。

悪いものが溜まっていればそれを外に出すことが出来ます。

話すことでリラックス出来たり気持ちが楽になりますので、自分が元気になっていくでしょう。

そうやって悪いものを出すこともオーラを強くするためには大切なことです。

リラックス音楽を聴く

リラックス音楽を聴くことで自分のエネルギーが浄化されたり、気持ちが落ち着くことで良いオーラの状態になっていきます。

オーラを良くするには、リラックスすることが重要なので寝転びながら音楽を聴くことでオーラが綺麗な状態へと変わっていきます。

音楽を聴くというのはそれだけ気分を変えてくれたり、良い気分にさせてくれます。

そうやって気持ちを入れ替えるのは、オーラの状態を良くすることにはとても効果的な方法なのです。

エネルギーは循環させることでオーラの状態は良くなっていく

エネルギーというのは水と同じように滞ってしまうと腐ったり悪くなったりします。

逆に吐き出したり、流してあげたりするとまた清んだオーラに戻っていきます。

なので普段の変わりの無い生活を送っていると、

どうしてもエネルギーが滞ってしまうとオーラが悪い状態になってしまうので、定期的に旅行へ行ったり、掃除をしたり、友達と話したり、相談をしたりして自分の体内にあるエネルギーを流してあげましょう。

そうすることで自分の中にあるオーラはどんどん良くなっていきます。

エネルギーは循環させることが大切なのです。

オーラが強くなる=元気があると思っていればいい

オーラを強くすると聞くと、とても難しそうでスピリチュアルな感じに聞こえてしまいますが、実際は元気であるか元気がないかという話です。

元気がなければ打たれ弱いですし、オーラの状態も良くありません。

元気がなければやる気も起きませんしネガティブになってしまうのは普通のことです。

そんな風にネガティブになってしまうと、オーラが弱っているということにですから元気がなければ当然オーラの状態も良くないのです。

ということは別に難しく考えないで、単純に元気があれば調子は良いということです。

調子が悪ければ元気も出ないですし、結局は元気が一番ということです。

人間の心は正直なものです。

落ち込んでいるときにどんなに元気を出そうと思っても出ないですし、逆に元気があるのに落ち込んだふりをしても周りは気付きます。

それくらい周りに伝わってしまうものですから、人間は言葉で嘘をつくことは出来ても雰囲気までは嘘はつけないということです。

ですからオーラが強くなるというのは元気があると考えてもらって全く問題ないでしょう。

あとがき

オーラの状態が悪いとどんどん悪い方向へ進みがちです。

悪習慣を繰り返してしまったり、自暴自棄になってしまったりと悪い方向ばかりに気持ちが向いてしまいます。

そんな時だからこそ、気持ちを入れ替えてきちんとした生活を送ることが大切です。

今までの生活で悪い方向へ進んでいるということは、今までの生活を続けていたら未来も悪い方向へ進んでしまうということです。

そういう時はこそ気持ちを切り替えることをしたり、いつもと違う行動をすることで悪い流れを断ち切ることができます。

そのためには今の悪いエネルギーを吐き出して流してあげて、エネルギーの滞りをなくしてあげましょう。

そうすることによって自然と良いエネルギーが入ってきてオーラも綺麗になっていきます。

気持ちを入れ替えれば私生活も勝手に入れ替えることが出来ます。

悪い流れを断ち切り、自分自身のオーラの状態を良い状態になるようにエネルギーを循環させて良い流れを引き寄せていきましょう。

そしてできるだけ元気でいられるような行動と生活が出来れば、常にオーラは良い状態を保つことが出来るはずです。

無理をしたりストレスが溜まっていれば当然元気はなくなります。

楽しく心配事の少ない生活を送れていれば自然と元気は出てくるでしょう。

そういう生活心がけていきましょう。

是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク
おすすめの記事