バカで生きるくらいがちょうどいい。自分の心に素直に生きよ

「バカにされるのが嫌だ」

「変な目で見られたくない」

特に大人になるとどんどん周りの目を気にするようになって、自分の思うような行動が出来なくなっていく。

自分ではなく周りを中心に生きるようになっていく。

そうやって自分の好きなことが出来なくなっていく。

自分の好きなことが出来ないで、自分の思い通りに生きていけないのなら、バカになって好きなように生きたほうが良い。

頭が良くて好きなように生きられない人生よりも、

バカで好きなように生きる人生の方が良いと私は思う。

周りの目を気にしてしまったら、自分の人生ではなく周りの目のために生きる人生になってしまう。

それではなかなか悩みが消えることはない。

周りの人の目が気になってしまって悩み、

自分の好きなことが出来なくて悩む。

周りの目を気にしても、気にしなくても他人の評価にほとんど差はないでしょう。

何故ならみんなそんなに他人に興味がないから。

興味があったとしても、その場の噂話のネタにしかならない。

そういう人は、

噂話のネタを探して話すことが好きなだけ。

それはあなたに興味があるわけではなく、噂話のネタに興味があるだけ。

だから気にしなくても良い。

そんなことを気にするよりも、自分の好きなように生きた方が良い。

あれこれ考えて、我慢して波風立てないで生きるよりも、

バカで好きなように生きた方が良い。

バカにされて生きるくらいがちょうどいい。

バカにされるくらいの方が、自分の心に素直に生きているという証拠だから。

スポンサーリンク