人生哲学

バカで生きるくらいがちょうどいい。自分の心に素直に生きよ

「バカにされるのが嫌だ」

「変な目で見られたくない」

特に大人になるとどんどん周りの目を気にするようになって、自分の思うような行動が出来なくなっていく。

自分ではなく周りを中心に生きるようになっていく。

そうやって自分の好きなことが出来なくなっていく。

自分の好きなことが出来ないで、自分の思い通りに生きていけないのなら、バカになって好きなように生きたほうが良い。

頭が良くて好きなように生きられない人生よりも、

バカで好きなように生きる人生の方が良いと私は思う。

周りの目を気にしてしまったら、自分の人生ではなく周りの目のために生きる人生になってしまう。

それではなかなか悩みが消えることはない。

周りの人の目が気になってしまって悩み、

自分の好きなことが出来なくて悩む。

周りの目を気にしても、気にしなくても他人の評価にほとんど差はないでしょう。

何故ならみんなそんなに他人に興味がないから。

興味があったとしても、その場の噂話のネタにしかならない。

そういう人は、

噂話のネタを探して話すことが好きなだけ。

それはあなたに興味があるわけではなく、噂話のネタに興味があるだけ。

だから気にしなくても良い。

そんなことを気にするよりも、自分の好きなように生きた方が良い。

あれこれ考えて、我慢して波風立てないで生きるよりも、

バカで好きなように生きた方が良い。

バカにされて生きるくらいがちょうどいい。

バカにされるくらいの方が、自分の心に素直に生きているという証拠だから。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 人生哲学

    好きなことをして生きていく。自分の人生は自分で決められる

    好きなことをして生きていく。そんな事が出来たらどんなに良いこと…

  2. 人生哲学

    「自分を受け入れる」でも「願望を求める」でもない。今まで味わった事のない感覚を感じてる

    私は、今までに体感したことのないような体験と感覚を感じている。…

  3. 人生哲学

    正しく生きる必要はないが正しさや常識を知ることで自分の人生を可能性が広がり、人生を豊かにする

    自分の人生は自分が決めて生きていくわけですし、自分の人生の責任は自分で…

  4. 人生哲学

    演じることは悪いことがないが、演じて疲れたなら辞めてもいいんじゃない?

    人の心というのはとても難しい。本当の自分の心なんて自分でも分…

  5. 人生哲学

    葛藤や迷いなんてあって当たり前。人間なのだから

    人間なんて葛藤があったり迷いがあったりするのは当たり前。悩み…

  6. 人生哲学

    人は不完全で未熟な存在。完璧主義でいる限り苦しみ続ける

    人間は不完全で未熟な存在です。間違いだって犯すことがあるでしょ…

こんな記事もどうぞ

PAGE TOP