スポンサーリンク

昔から悪いことをすると、

「バチ(罰)が当たる」

「悪いことをすれば自分に返ってくる」

という風に言われてきました。

今でもスピリチュアルな世界では因果応報と言われたりしています。

それだけみんなの心には、

悪いことをしたら罰が下るという意識があるのです。

しかし実際には本当にバチ(罰)というのは当たるのでしょうか。

今回は罰とはどんなものなのかということについてお話ししたいと思います。

本当に悪いことをしたらバチ(罰)は当たるのか

では実際に悪いことをしたら自分にバチが当たるのかというと、

結論から言えばバチは当たります。

しかしそれは悪いことをしたら神様が天罰を下すという考えとは少し違うかもしれません。

そうではなくてもっと現実的に罰は下りて来るのです。

例えば、

自分自身が不倫をしているとします。

それが最初は誰にも分からないかもしれませんが、次第に近所の人に違う異性といるところを見つかって最終的には家族の耳に入ります。

そうして奥さんにバレてしまい離婚することになった。

それが罰は普通に考えれば罰でしょう。

そうやって回りに回って罰は与えられてしまうものです。

他にも、

信号無視を頻繁にしている人がいるとします。

そうやって信号無視をし続けていれば信号無視をしない人よりははるかに事故に遭う可能性が高くなります。

そうやって普段の行いによってバチが当たるのです。

それは罰ではなくて因果応報じゃないの?

そんな不倫をして見つかって離婚するというのは、そんなのは罰ではなくて当たり前のことじゃないのか。

そう思うでしょう。

その通りです。

バチが当たるというよりも基本的には全て因果応報です。

やったことに対してそれなりの出来事が起きるというだけであって、全く関係のないような罰というのはほとんど起こり得ません。

原因と結果、それがバチの正体とも言えるでしょう。

偶然の出来事は起こり得る

たまたま偶然が重なって自分の想像していなかった出来事が起こることは多々あります。

全ての自分の行動が現実に反映されるわけではなく、

他人の起こした出来事によって人生に大きな影響を与えることはあるのです。

自分が全く悪くない交通事故などはその一つです。

それは悪いことをしたから天罰が当たったとかではなく単なる偶然です。

運です。

この世というのは全てが因果で決まってるわけではなく、偶然というものが存在するのです。

もちろんその偶然も因果によって起きているのですが、全ての因果が繋がっている訳でなく、結果的に偶然になってしまうことはあるのです。

ですから悪いことをしたから悪いことが起きるのかというとそんなことはありませんし、正しく良い人生を生きていたとしても悪いことは当然起こり得るのです。

天罰は自分が勝手に思い込んでいる

天罰と思えるような出来事は多々あります。

「昨日悪いことをしたから今日は運が悪いことが続くんだ」

そうやって自分の中で、起きた出来事を結びつけて天罰だと思ってしまうことがあるのです。

例えば、

「友達に嘘をついたから交通事故に遭ってしまった」

なんて出来事があったとしても、それは実際何も因果はありません。

どんなに嘘をついても交通事故には結びつかないでしょう。

ですが人間というのは思い込みが激しい生き物なので、それを関連付けてしまうのです。

一つの原因として、

嘘をついてしまったことに対して罪悪感を感じて、考え事をしてしまって注意が散漫になり、その結果交通事故を引き起こしてしまった。

それはあるかもしれません。

しかしそれは天罰やバチが当たるとは違った話です。

人間はそうやって何かしらの原因を見つけないと納得出来ないので、無理矢理にでも原因を作ってしまった結果、バチだと思ってしまうのです。

罪悪感という形でバチも当たる

悪いことをするとどうしても罪悪感が生まれます。

浮気をしたり、盗みをしてしまった後はもちろん罪悪感があるでしょう。

それはそれだけでも大きな罰です。

もちろんバレてしまえば罰として自分に返ってきます。

信用も失いますし大事なものを失うかもしれません。

それ以外にもバチがあって、

罪悪感という形で自分の中に残り続けます。

時が経つか、それ相応の良い行いをしていかなければ罪悪感が消える事はありません。

罪悪感は自分の心に重くのしかかります。

それも立派なバチと言えるでしょう。

バチも全てのものは時間差でくる

悪いことをしたからといってすぐにバチが当たるとは限りません。

一年後かもしれませんし十年後かもしれません。

しかしバチはほとんど当たります。

散々人を騙し続けてきた人は、

噂が噂を呼び10年後には誰も相手にしてくれなくなってしまうかもしれません。

そういうものはすぐにはきません。

時間が経ってからくるものです。

それが罰というか因果応報というものなのです。

全ての出来事が因果として現れるわけではない

因果応報があるのなら、全ての出来事が因果として現れるかというとそんなことはありません。

もちろん原因と結果として現実には現れるのですが、悪いことをしたから悪いことが起きるかというとそれは別の話です。

悪いことをしても天罰が当たらないことはありますし、逆に何も悪いことをしていないのに悪いことが起きることもあります。

それは私たちの視点で言えば、原因と結果は違うかも知れませんが、しっかりとやったことの結果としては現れます。

天罰が当たろうが当たらなかろうが、自分の起こしたことの結果は現れるので、自分らしく自分の心に素直に生きることは大切だと私は思います。

良いこと悪いことは自分が決めている。だから罰も自分が決めている

良いことをしたら良いことが起こると思っていますが、その良いこととはどんなことでしょうか。

宝くじが当たることでしょうか。

好きな人と結婚出来ることでしょうか。

自分にとって良いことというのは異なります。

一言で結婚と言っても、

結婚して幸せになる人もいれば、不幸になる人もいます。

嫌々で結婚する人もいるでしょう。

そう考えると何が良いことで何が悪いことかなんて分かりませんし自分次第です。

良いことも悪いことも定義がないのに、なぜ良い行いをすれば良いことが起こると言えるのでしょうか。

そもそも良い行いというのはどんなことなのでしょうか。

人に優しくすることなのか。

人に優しくすると言っても、相手が大きなお世話だと思ってしまえば優しさも罪になります。

そうなってしまうと、良い行いをしたはずなのに悪い結果になってしまうのは当然です。

良いも悪いも自分次第であり、相手の感じ方次第です。

極端な話、

過去には戦争でたくさんの人を殺してしまっている人でも、「英雄」なんて呼ばれたりしています。

人殺しが英雄になるのです。

それでは何が正しいのか分からないでしょう。

ですから何が良いのか悪いのか、そして何が天罰で神の恵みなのかなんていうのは、分かりませんし自分の感じ方が全てだということなのです。

神様から天罰は当たらないのか

当たり前のような罰は当たるとしても、それならスピリチュアル的な神様からのバチは当たらないのかというと、

それは当たりません。

神様というのは罰を与えるような存在ではありません。

もちろん自然の法則で自分がやってきた行いは自分に返ってきます。

自分のしたことの結果として自分に降りかかってくることはあるでしょう。

しかし神様が判断してそれの罰が下るというものではありません。

この世は神様の気分などで決められているわけではなく、自然の法則、自然の法則に従って因果応報が行われているのです。

厳密に言えば、天罰というものはないということなのです。

あとがき

悪いことをしている人は天罰が当たらないでくれと願うでしょう。

逆に悪いことをされた人は、悪いことをした人に対して天罰が下ってくれと願うでしょう。

そうやって人の心には確実に天罰やバチというものの存在が根付いています。

それだけみんなが因果応報があると知っているのです。

それはもちろん全てが同じ形でくるわけではなく、どんな形で返ってくるかは分かりません。

巡り巡って自分に返ってくるものなのです。

それが因果応報というものなのです。

ですから、

神様の罰があろうがなかろうが自分の思うように生きていけばそれだけ自分の納得する人生が送れるはずです。

バチが当たらないなら悪いことをしよう。

バチが当たるのならやめておこうではなく、

自分自身がやりたいように生きていくことが大切なのです。

バチがあろうがなかろうがそんなことは関係なく、

自分の心に正しく、そして自分が生きたいように生きることが自分が良いと思える人生を送るには大切なことだと私は思います。

是非参考にしていただけると幸いです。

スポンサーリンク
おすすめの記事