人生哲学

  1. 正しさを求め続けている状態が正しい。満足した瞬間成長は止まり下降を始める

    どんな人生、どんな生き方が良いか正しさを求めて生きていくことで人は成長します。何も考えずに、流れに身を任せて生きていると今の現状から変わることは出来ませ…

  2. 客観的な視点を持てば現実を正しく判断することが出来る。自分の思っている世界が全てではない。

    自分が思っていることや自分の感じているものがみんな同じことを思っているかというとそうではありません。自分が悪気がなく自然に当たり前にやっていることでも、…

  3. 執着が悩みを生む理由。こだわり過ぎると自分が本当に求めているものが分からなくなっていく

    人は自分が執着していることやこだわっていることがあると悩み苦しみます。「お金に執着しているとお金がないことに悩み続ける」「恋愛について執着があれ…

  4. 正義なんて振りかざした時点で正義ではない。みんなそれぞれの正義を持っている

    正義なんてものは曖昧なものであり、人が評価した結果に過ぎません。誰もが自分と同じ意見が正義だと思っているものです。日本は日本が正義だと思っている…

  5. 人は不完全で未熟な存在。完璧主義でいる限り苦しみ続ける

    人間は不完全で未熟な存在です。間違いだって犯すことがあるでしょうし後悔だってしてしまうことがあるでしょう。それを悔やんだって取り返しがつくわけじ…

  6. 自由に自己表現すれば良い。自己表現は正解不正解ではなく自分の意見を言えばいい。

    自己表現がしたいと思っていたり自分の想いを伝えたいと思っている人はたくさんいます。自己顕示欲や自分を認めてもらいたいという欲は誰もがみんな持っているから…

  7. 全てのものに決まった価値はない。価値をつけているのは自分の心

    欲しいものがあったり、なりたいものがあるのであれば、そのために頑張ることはとても良いことであり、充実した日々を過ごすことが出来るでしょう。その欲しいもの…

  8. 悟りについて完全解説。悟りを開くことで自分の人生にどんな影響を及ぼすのか。【まとめ】

    この記事では、悟りとはどんなものなのか、悟りを開くと一体どうなるのかというような悟りについて完全解説していきます。私自身、悟りについてとても興味がありか…

  9. 辛いことを乗り越える事で強くなっていく【試練を乗り越えて成長する】

    どんなに辛いことがあったとしても、どんなに苦しいことがあっても、大きな心の傷を負ってしまったとしても、心の傷は時間とともに癒えるでしょう…

  10. 欲をなくすことに囚われていては悟りを開くことは出来ない。それは欲をなくすことが悟りの目的ではないから…

    悟りたいと思って欲を抑制してもそれは悟りには近づけません。悟りというのは、欲がないのではなく、欲がある自分を認めて受け入れることから始まります。…

PAGE TOP