出会いは偶然ではなく必然的に起きている【運命の出会いを引き寄せる法則の正しい使い方】

人と出会う時というのは一見偶然であるように思えます。

それはなかなか自分で出会いたい人を完全に選ぶ事は無理な話ですから、偶然のように思えてしまいます。

しかし出会いには偶然というものはありません。

全ては自分で作った必然の出会いなのです。

出会い自体は偶然に見えてもその出会いを引き寄せたのは自分自身なのです。

今回は出会いは偶然ではなく必然、というテーマで書いていきたいと思います。

出会いに偶然はない

出会いに偶然はないと言われても人と出会う時というのは突然ですし、自分で出会う人を全て選ぶ事は出来ません。

本当に偶然に人と出会うことはありますしそう思えてしまう事がほとんどでしょう。

しかし人との出会いに偶然はありません。

今まで出会ったい人たちや、仲の良い人達がいると思いますが、その人たちと出会ったのも偶然ではありません。

それはどうしてかというとその人たちと出会ったこと自体はたまたまそこにいて、たまたま偶然に出会ったはずです。

やっぱり偶然はあるではないかと思ってしまいますが、出会い自体は偶然だったとしてもその人たちと仲良くなって今だに一緒にいる事自体は偶然ではありません。

全て自分で選択して一緒にいるのです。

人の心を操ったりすることは出来ないわけですから、全く知らない人をそこの場所に引き寄せていくことは確かに出来ません。

それでは偶然の出会いってあるということになってしまいますが少し話が違います。

その初めて出会う事というのは偶然かもしれませんが、自分自身がその人に出会った後に相手に興味を持って友達になるのは偶然ではありません。

それは相手も同じことです。

もし自分自身が相手に全く興味を持たなかったとしたら、仮に運命の出会いだったとしても、その場はスルーしてしまうので出会うことはないのです。

だから、自分が相手に興味を持ったからこそ出会っているのだから偶然ではなく自分が望んだからこそ出会ったのだ。

出会い自体は偶然ではあるのだけど、出会って仲良くなることは自分自身が望んだから友達になるわけですし、自分が望んだから偶然ではなく必然的に出会うことになるのです。

出会った瞬間に関しては偶然かもしれないけど、そこで仲良くなるかならないかは自分が好きな人だからこそまた出会うことになるので、出会いは偶然ではなく必然なのです。

そうやって類は友を呼ぶことをスピリチュアルでは引き寄せの法則というのです。

出会いは全て必然的に起こっている

出会いというのは全てが必然です。

それはどうしてかというと、全ての出会いは自分が望んでいるから出会っているからです。

もし誰かと出会ったとしてもそれが変な人で自分とは全然合わない人であればそのままスルーしてしまうのが普通でしょう。

それは出会いとは言わないでしょう。

そしてもし自分が興味があったとしても相手が自分に興味がなければ出会いとはならないでしょう。

そのように自分が望まなければ出会えないのです。

ですから出会いというのは全て自分が望むからこそ出会えるのです。

出会いは全て必然なのです。

自分が望んでいるから出会いがあるのです。

偶然の出会いも偶然ではない

出会い自体は偶然だけれどそのまま仲良くなって再び会うこと自体は偶然ではないというお話をしました。

しかしもっと詳しく説明すると、その偶然の出会いですらも本当は偶然ではなく引き寄せの法則によって必然的に出会っているのです。

では実際にどうやって自分の出会いたい人を引き寄せられるのかというと、

偶然を引き寄せるためにはかなり具体的に強く思うことが必要になってきます。

具体的にイメージをすることによって、自分がどんな行動をしていけば良いのかかが決まってきます。

そしてそのイメージ通りの行動を行なうことによって、その偶然を引き寄せることが出来るのです。

例えば、どんなに「恋人が欲しい」と願ったとしてもそれでは引き寄せる事は出来ません。

それはどうしてかというと、自分自身がどんな行動をすればいいのか分からないからです。

やはり出会うには出会いのある場所へと自分が出向かなければいけません。

友達と遊んだり外へ出かけることによって、友達の友達と出会ったりとかナンパされたりというように出会う可能性というのは外に出なければありません。

家にこもっているだけでは出会う可能性というのはゼロになってしまいます。

ではとりあえずテキトーにでも出歩けば良いのかというとそんな事はありません。

今までずっと恋人がいないのであれば、その今までと同じ行動をしてしまっていればそれでは思い通りの彼氏は現れないですし、現れたとしても自分が興味のない人と出会ってしまってスルーしてしまうでしょう。

それは自分の思い通りに引き寄せの法則が働いていないからです。

自分のアンテナが正しく立っていないから仕方ないことなのです。

しかし例えばですが、具体的にイメージして「アニメ好きの恋人が欲しい」と願ったらどんなところに行けば会えるでしょうか。

それはアニソンライブとかアニメイベントとかコスプレイベントなどです。

アニメ好きが多く集まるところに行けば、男の人はみんなアニメ好きだから偶然出会うチャンスはぐっと高くなる。

そうやって行動していれば偶然を引き寄せることは出来るのです。

こうやって文章にしてしまうと当たり前のことのように思えてしまいますが、これが正しい引き寄せの法則の使い方です。

類は友を呼びますし自分と同じ匂いがする人と人は仲良くなるようになっていますから、そうやって自分が望んでいる人が行きそうなところや自分が好きなところ、自分と同じ人がいそうなところへと出向くのが重要なのです。

全く自分とは別の人達が集まるところへ行ってもそれでは引き寄せの法則が正しく働きませんので、出会う事は難しくなってしまうのです。

運命の相手は誰でも引き寄せることが出来るのか

自分の思うような人と出会いたいと思った時に引き寄せの法則を自由自在に使いこなして、自分の理想の人と出会えるようにしたいと思うかもしれません。

誰でも引き寄せの法則を使いこなせるかというと、引き寄せの法則を使いこなすことは出来ます。

しかししっかりと思い通りの相手を引き寄せるためにはある程度時間がかかりますし、引き寄せるためにやるべきことがあります。

引き寄せたいからといってすぐに引き寄せることは出来ませんし必ず引き寄せることが出来るものではありません。

引き寄せの法則は決して万能な魔法のようなものではありません。

しかしだからといって全く無意味なものでもありません。

引き寄せの法則について詳しく書いていきます。

引き寄せの法則が働くまでには時間がかかる

引き寄せの法則というのは今から自分で発動させるものではなく、常に誰でも働いているものです。

地球でいうところの重力のようなものです。

常に重力は働いています。

常に引き寄せの法則は働いているのだけど、しっかりと引き寄せるためには時間がかかるのです。

それはどうしてかというと、自分自身が変わるまでには時間がかかるからです。

例えば、テニスを始めようと思った時にテニスを始めたばかりの時というのは当然初心者です。

自分はもっと強い人と対戦がしたいと思ったとしたら、自分もかなり強くならなければ強い相手と戦うことは出来ません。

初心者がいきなりプロと練習をすることはなかなか難しいのです。

それと同じように思いを引き寄せるためには自分もそれなりに出来る人にならなければいけないのです。

バリバリ働いている人と出会って結婚がしたいと思うのなら、それなりの企業に勤めて社内恋愛をするという選択肢もあります。

年収1000万円の人と結婚したいと思うのなら、それなりの人にならないとそういう人も自分に振り向いてくれないでしょう。

引き寄せるためには引き寄せたい相手と同じ土俵に上がらなければいけないのです。

ですから時間もかかりますし努力も必要です。

そしてある程度偶然が必要になってくるので時間もかかるのです。

偶然といっても常に引き寄せは発動しているわけですから、いつでもアンテナが立っているケータイと同じで近くに電波があれば拾えるような状態です。

なので偶然だとしてもそれだけ電波が立っている状態なら近い将来には叶えることが出来るでしょう。

「自分と気が会う人がいたら楽しいだろうなぁ」というイメージを持ってれば、偶然出会った人がそういう人だったとしたら電波が反応して出会うことが出来るのです。

もし電波が立っていなかったらスルーしてしまうのです。

そうやっていつも自分の中で引き寄せたい人がイメージ出来ていれば自然と引き寄せてくることが出来ますし、引き寄せの法則が働いた時にしっかりとそのチャンスをものにすることが出来ます。

出会うにしてもある程度時間がかかるのは仕方ないことなのです。

いつチャンスが来るか分かりませんから、常に電波を立てておくことが大切なのです。

運命の相手を引き寄せるためには

引き寄せの法則について色々話してきましたが、実際に引き寄せの法則をどうやって使いこなせば良いのかというと、

  • 具体的なイメージを持つこと
  • 強く願うこと
  • 常にイメージを持って行動する
  • 努力を怠らない

これが重要になります。

イメージが曖昧ですと自分がどんな行動をすれば良いのか分かりませんし、強く願っていないとすぐに諦めてしまいます。

イメージがあっても行動しなければ意味がありませんし、努力をしなければしっかりと引き寄せてくることは出来ません。

強く願えばすぐに行動するようになりますし、その願いが強ければ態度も行動も言葉も自然と願い通りの行動に変わってくるのです。

そうすることによって相手も同じように出会いを求めている人が集まってきます。

どうして強く願うと同じような人が集まるかというと、初対面の人がたくさん集まる場所に行った時に始めに話しかける人を誰にしようか迷うことがあるでしょう。

そんなときに出会う人は自分と同じようなタイプの人に話しかけるものです。

話しやすい人を無意識に選ぶでしょう。

自分が人見知りするタイプなら相手もそういう人を選びます。

そういう風に自分が強く願っていると、それと同じような人を見つけやすくなるから出会う確率もどんどん上がっていくのです。

それは本能的にみんなわかっているものなのです。

ですから自分のイメージと願いがしっかりしていればいるほど引き寄せの法則は強くなっていきます。

引き寄せをうまく使いたいのなら、まずは具体的にイメージし、強く願うことから始めましょう。

そのイメージが出来たのならあとはどうすれば引き寄せられるのかを常に意識して考えて行動するのです。

そこまで出来たら思ったよりもかなり早い段階で引き寄せてくることが出来るでしょう。

全く出会いがないのはどうしてなのか

出会いは全て必然だとしても自分には全く出会いが無いという人はそれ自体も必然なのでしょうか。

答えは、それも必然なのです。

出会いというのは自分が求めていなければ出会えません。

「いつか出会える」

なんて思いながら毎日家でゴロゴロしていたら出会えるものも出会えません。

自分が求めているからこそ出会いというものはあるのです。

出会いというのは確かに偶然なものもあります。

いくら出会いたいと思っても出会えないときは出会えませんし、出会いたいと思っていなくても出会うことはあります。

出会うためには出会うための行動が必要なのです。

どんなに出会いたくないと思っても合コンや街コンなどに参加すればある程度出会いはあります。

その時にお互いに興味を持ち、また会うような仲になるかは自分の気持ち次第です。

初めから出会いたくないと思って合コンへ行ってもみんな良くない人ばっかりと思うでしょうし、出会いを求めていれば良い人が見つかる可能性は高くなるでしょう。

全く出会いが無いと言う人は、それだけ出会うような行動をしていないからなのです。

最低限の種を蒔いておかなければいけません。

出会いたいと思うのなら最低限で会える環境を作りましょう。

あとがき

引き寄せの法則は万能な魔法のようなものではありませんが、自分の身の回りにしっかりと存在していていつも働き続けているものです。

運命の相手を引き寄せたいと思うのならそれだけ自分がすべき行動があるということです。

引き寄せるにも自分が求めていないものを引き寄せてくることは出来ないということなのです。

引き寄せの法則というのは常に働いているものですから、全ては偶然ではなく必然的に起こっているのです。

自分の思いや願いというのは常に叶っていて、常に引き寄せているのです。

今の自分が誰とも出会いがないと思うのならそれは自分が誰とも出会いたくないと思っているのです。

人と会うのが面倒くさいと思っているからその思いが現実に引き寄せられているのです。

自分が楽を求めているのなら自分が一緒にいて楽だと思える人たちといるでしょう。

そうやって自分の思いは現実となるのです。

今目の前にいる人たちは全て自分が引き寄せた人たちであることに間違いはありません。

全ての出会いは必然です。

自分の運命を決めるのは自分自身なのです。

今の自分から変えたいと思うのなら引き寄せの法則を使いこなして、理想相手を見つけてください。

スポンサーリンク