目標達成

努力が報われない理由。目的のない努力をしても思うような結果は出ない

「努力すれば報われる」

「努力すればいつか結果が出る」

そう思って行動していても思うような結果が出なくて苦しんでいる人は多いのではないでしょうか。

努力すれば誰でも結果が出てしまうのなら、頑張っている人はみんな報われていてみんなが天才と呼ばれる人になっているはずです。

ですが現実はそうではありません。

「努力してるから結果は必ずついてくる」というのはみんなそう思いたいものです。

しかし頑張れば報われると思っている間は結果を出すことは出来ないのです。

今回は「なぜ頑張っても報われないのか」というテーマでお話ししたいと思います。

努力をしているかしていないかでは結果が決まるわけではない?

結果を出すためにはある程度の努力は必ず必要になってきます。

努力はもちろん大切なのですが、努力をするかしないかで結果が決まってくるものではありません。

努力をするかしないかではなく本当に大切なことは、

「結果を求めてどんな行動をしているかどうか」ということです。

目標と目的を明確に定めていて、その結果に向かっていく為に必要な行動をしなければ結果というのは出ないのです。

ただ闇雲に行動だけしていても、ただ何となく頑張るだけでは思うような結果は得られません。

努力をすれば報われるという考えは思考停止してしまうのです。

大切なのは努力をしているかどうかではなく、目的の為に何をするかという事なのです。

努力をする事を目的としてしまったら結果は出ない

努力をすれば報われると思っている人は、どうしても「努力すること」が目的になってしまっている人がとても多いです。

基本的に人間の行動とイメージ力はすごいもので、

「欲しい現実を手に入れようとする」という能力を持っています。

例えばですが、

自分が今喉が乾いていたとします。

その時にやるべき行動というのは自動販売機かコンビニを見つけて買う事でしょう。

結果が飲み物を飲むというものであれば、努力をして飲み物を買ったとしても、簡単に飲み物を買ったとしても別に結果は変わりません。

「喉を潤す」という目的を叶える為に、「飲み物を買う」という行動をする。

それが目的と行動の原理だということです。

目的を間違えずにしっかりと行動さえ出来れば、努力は必要ないのです。

一生懸命バイトをしてお金を貯めて飲み物を買っても、親からお金をもらって飲み物を買っても同じです。

変わるのは自分の気持ちです。

「飲み物は後回しでいいからとにかく頑張ってバイトをしよう」なんて言っていたら、いつまで経っても結果(飲み物を飲むこと)を出すことは出来ません。

努力をするのではなく、しっかりとした目的とその目的を達成する為の適切な手段が大切だということなのです。

本当の努力とは明確な目的の為にする明確な行動のことを言う

あくまでも「頑張ってバイトをする」というのは手段であって目的ではないのです。

目的は飲み物を飲むことです。

しかし努力をすれば報われると思っている人は、頑張ってバイトをする事が目的となってしまって、飲み物を飲むことを忘れてしまうのです。

そうなると「欲しい結果」よりも「努力すること」が目標になってしまうので、「努力した」という結果しか得られなくなってしまうのです。

ですから目標を見誤ってはいけないのです。

自分がどこを目指しているのかを自分自身がハッキリとわかっていなければ意味がありません。

目標がハッキリしていれば、目標に向かってどんな行動をすれば良いのかを考えて、自然と自分がやるべき行動というのは見えてくるのです。

目標をしっかり明確に決めて、それから逆算をすれば自然とやるべき行動が見えてきます。

「ちゃんと目標を立ててその通りに行動する」

それが出来れば初めて努力が報われるのです。

まずは「目標を最優先に考えること」

それが最初にする努力と言えるでしょう。

目的も行動も思ったよりもはるかにシンプル

私たちはどうしても難しく考えてしまう癖があります。

飲み物は飲みたいけど、飲んでしまったら無くなってしまうし、そもそもお金がないからどうすればいいんだろうと悩んでしまうのです。

極論、水道水を飲めば良いのに、コーラが飲みたいからそれ以外は飲みたくないというように色々条件を付けて自分を追い込んでしまうのです。

よく、「追い込まれたら結果が出た」なんて話をよく聞きませんか?

それは火事場の馬鹿力が働いたということもありますが、

それ以上に手段を選んでいないから結果を出すことが出来るのです。

ピンチになれば手段を選んではいられません。

そして目的は明確です。

手段も一つ、欲しい目的も明確に分かっているわけですから後は一直線に進むしかありません。

そうやって、目的が明確でシンプルになっていて、手段もシンプルになっていれば人は結果を出すことが出来るのです。

あれこれ難しくして、こだわって結果を疎かにしているのは自分自身なのです。

しかし現実はそんなに難しい問題ではありません。

何かを手に入れる為には、

何か目的を果たす為にはどうしても努力しなければいけないと思い込んでしまっているのです。

しかし本当はもっとシンプルで、今目の前にあるもので出来るものかもしれないのです。

難しく考えずに、目的と行動を明確にしていく事が何よりも重要なことなのです。

結論:努力が全て報われるわけではない。だからこそ正しく努力をする必要がある。正しい行動が正しい結果を生むのです

正しい努力を見極める方法は、

  • 目的をしっかりと見定めているか
  • そしてその目的まで最短距離を通っているのか

その二つを常に心掛けながら目的へと向かう必要があります。

飲み物を飲むのなら、とにかく早く水を飲むことを考えているのか。

お金が欲しいのなら、お金を手に入れるまでの最短距離を通っているのか。

そこを考えて行動する必要があります。

努力というのは、全ての努力が報われるわけではありません。

努力をするにも正しい努力をしなければなかなかその努力は報われないでしょう。

ちゃんと目標に向けて正しく向かっていくことが出来れば努力が報われる可能性はとても高くなります。

目標を叶えるための手段というのはあまり重要ではありません。

それはもちろん「努力をする」ということも例外ではありません。

それよりも大切なことは、

「目的を見定めて正しい行動をしているかどうか」ということの方が重要なのです。

みんな個性があるわけですから当然成功するための方法だって違うのです。

ですから「どんな事をしたか」だけで成功するかしないかが決まるわけではありません。

人それぞれうまくいく方法も違いますし、持っているイメージも能力も違うわけですから当たり前のことです。

本当に結果を求めるのなら、自分が迷いなく結果に向かっていける事を見つけて行動する事が大切なのです。

そうやって自分の成功したい気持ちが成功を引き寄せてくることが出来るのです。

ですから「努力すること」を目標にするのはやめましょう。

目的を果たす為の正しい行動を見定めて、努力をするのなら正しい努力をしていきましょう。

そうすれば今までとは全然違った結果になっていくはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 目標達成

    やりたいことの見つけ方。やりたいことはやってみて初めて気づくもの

    「何かに向かって頑張りたいけどやりたいことが見つからない」「…

  2. 目標達成

    「継続は力なり」とは、継続すれば結果が出るという意味ではない

    継続は力なりという言葉がありますが何事も続けてこそ初めて結果を出すこと…

  3. 目標達成

    出来るか出来ないかはやってみれば現実が証明してくれる。やる前から自分で決める必要はない。

    出来るか出来ないかなんてやる前から決めることはやめましょう。本…

  4. 目標達成

    行動が現実を変える。どん底から這い上がるには考え込むのはなくまずは行動すること

    今の自分がどん底なのだとしたら何かを考えるのではなくてとにかく行動しま…

  5. 目標達成

    達成感を味わうことは成功への近道。成功体験の積み重ねで人は成長する。

    達成感という感情は自分に成功体験をもたらしてくれると共に自分の…

こんな記事もどうぞ

PAGE TOP