人生哲学

現実を思い通りにしたいなら、自分がどうしたいかではなく現実をどうするかを考える

現実を思い通りにしたいのなら、

自分がどうしたいかではなく現実をどうするかということ。

 

自分がどうしたいかなんて自分の気持ちを優先にしているだけ。

 

本当に大切なのは現実をどうするかということ。

 

本当に自分が変えたいと思っているのは自分の気持ちではなく現実なはず。

 

だったら現実をどうするかだけを考えていれば良い。

 

人間は求めたものを現実に反映することが出来る。 

 

だからこそ、手段にとらわれていても何も意味はない。

 

自分が完全にイメージ出来ていることだけが現実となる。

 

だからこそ現実をどう変えていきたいのかが何よりも重要だということ。

 

それがイメージ出来ないのであれば、イメージ出来るようになるまで色んなものを手に入れていくこと。

 

そうやって自分がイメージ出来る理由とパーツを揃えていくことによって、自分が完全にイメージ出来るようになり、そしてそのイメージが現実となる。

 

だから手段や自分の心を優先にしていては、それにとらわれてしまうだけで結果は伴わない。

 

一番欲しい結果を手に入れるために現実をどうしていくかを考えていけば良い。

 

そうすれば現実はイメージ通りになるはずだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 人生哲学

    自分が正しいと思うものと現実的に正しいものは違うということを理解しよう

    どうしても人間というのは自分の視点からしか物事を判断することが出来ない…

  2. 人生哲学

    人生はなんだかんだなんとかなるもの。たくさんの試練を乗り越えて今がある。

    人生はなんだかんだなんとかなるものです。今こうやって生きている…

  3. 人生哲学

    本心に触れた時に初めて自分の本当の答えを見つける事が出来る

    自分の本当の気持ちというのは普段はあまり表に出てこないものです。…

  4. 人生哲学

    本当にやりたいこととは夢を叶えた結果ではなくなるまでの行動のこと

    本当にやりたい事というのは「行為」や「行動」です。「大金持ちに…

  5. 人生哲学

    後悔しない生き方をしたいのなら自分の人生は自分で決めよう

    生きていれば後悔してしまう事はあるでしょう。失敗したり、やらな…

こんな記事もどうぞ

PAGE TOP