スポンサーリンク

自己啓発

頑張り過ぎは良い結果は生まれない。リフレッシュすることでパフォーマンスが上がっていく

頑張ることも大切ですが頑張ってばかりでも良くありません。

しっかり休みを取ることも大切です。

ずっと頑張っていてもそれだけではどんどんエネルギーも無くなっていきますし、思うように行動出来なくなっていきます。

どんなに好きなことやっていても人間は休みが必要です。

定期的に休むことでまた次の日から頑張ることが出来るのです。

定期的に休みを取ろう。そっちの方が結果的に効率がいい

もちろん毎日頑張ることは良いことですがそれだけでは疲れてしまって集中力もなくなるし思うような結果が出ません。

頑張っているということは何かの結果を求めて努力しているということです。

それなら結果を出すためにもしっかり休息を取りましょう。

何をするにも集中力が大切です。

その集中力というのは定期的に休みを取らないとどんどん下がっていってしまいます。

疲れたな。ちょっと休みたいな。と思ったら休んだ方がそのあとまた頑張れるので結果的に効率が良いでしょう。

休むときは思いっきり休む

休むときは思い切って全力で休みましょう。

中途半端に休んでも全然休みになりません。

むしろ変にスイッチが切れてしまうので逆に疲れてしまうことにもなりかねません。

休むときは思いっきり休みましょう。

仕事を頑張っているのならそのことを完全に忘れて自分の好きなことをしたり、思いっきり遊ぶのも良いでしょう。

寝るのが好きなら仕事のことは忘れて寝ても良いでしょう。

とにかく頑張っているものを忘れることが大切です。

やはり頭の片隅に頑張っているものがちらつきながら休んでも体のスイッチが入ってしまうので、思いのほか休めていなかったりします。

それは忘れていないので完全に心から休めていないのです。

休むときは思いっきり休んでやるときは思いっきりやりましょう。

休む勇気を持つ

ずっと頑張っていると休むことが怖くなってきます。

休んだら自分は怠けているのではないだろうかという強迫観念に襲われます。

しかしたまには休まないと体が持ちません。

思いっきり頑張るために休むのです。

休むことでまた良いパフォーマンスを出せるのです。

休む勇気をしっかり持って休みを取りましょう。

休むことも仕事のうちだと考える

どうしても休めない人は考え方を変えましょう。

休むことで良い仕事が出来るようになるので仕事のために休むということも必要です。

休むことは仕事のうちだと考えて思いっきり休むのです。

頑張ってもうまくいかない人に多いのは休み方が下手なのです。

オンとオフがしっかり出来ていないので、なんだかずっと疲れている状態になってしまうのです。

それではうまくいくものもうまくいきません。

しっかりとオンとオフを切り替えて思いっきり休んで、思いっきり頑張ればいいのです。

結論:休むことで自分のパフォーマンスが上がり、良い結果に繋がる

休むこと=怠けること

というイメージが強いですが人間なのですから休まなければどうにもなりません。

ロボットじゃないのですから休まないと動かなくなっていってしまいます。

それに休まないと集中力はどんどん低下していくので思うように体が動かなくなったり、頭が全然働かなくなってきます。

そして最後には病気になったり怪我をしてしまうことにもなりかねません。

頑張れば頑張るほど自分自身のパフォーマンスが下がり、悪い結果を生んでしまうことにもなるのです。

オンとオフが必要なのです。

オンの時は思いっきりオンになって、

オフの時は思いっきりオフになりましょう。

リフレッシュや休息がしっかり出来る人が結果を出すことが出来るのです。

休むことも仕事だと思って、上手に休むことも頭に入れておきましょう。

参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

人生を変えるパワーストーン「KIYSTONE」

  • この記事を書いた人

ヨシタカ(吉岡 貴紀)

名前 ヨシタカ(吉岡 貴紀) ・スピリチュアルカウンセラー ・元競輪選手 生まれつき「オーラ」や「チャネリング」が出来ていたスピリチュアル人間として育ってきた。 しかし、それが本当に正しいことなのかを突き詰めるようになり、悟りの道へと方向性をシフトし、悟りを開くことが出来た。 その後はたくさんの人に自分らしい生き方を目指す為の情報発信をしている。 【詳しいプロフィールはこちら】

-自己啓発

Copyright© 吉岡貴紀ーよしおかたかのりー公式ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.