自己啓発

頑張ることを目的にしてしまったら結果は出ない【結果を出すために大切なこと】

よく私は頑張っているのにどうして結果が出ないんだろうと悩んでいる人がいますが、その考え方は間違っています。

もちろん頑張ることは悪いことではありませんし、やはり結果を出すためには頑張る必要は出てくるでしょう。

しかしそれは結果を出すために頑張るのであって、頑張ることを目的としてしまった時点で結果を出すたのは難しくなってしまうのです。

どういうことかというと、

頑張ることが目的になっているということは、頑張ること以外には何も求めていないことになってしまいます。

頑張るために頑張ってしまうのです。

結果や成果を疎かにして、頑張ることを手に入れたくて頑張ってしまうのです。

そんな状態ですと成果を出すことはとても難しくなってしまいます。

なのでハッキリ言って頑張るか頑張らないかというのは自分の問題ですし、自己満足の世界になってしまいます。

他人からすれば、頑張っているか頑張っていないかなんてどうでも良いのです。

「大切なのは何をしたか」

「どんな結果を出したのか」

ということなのです。

どんなに頑張っても何も成果が出ていなければ、頑張りなんてどうでも良いのです。

ですから頑張ることにフォーカスしてはいけません。

しっかりと結果を出すために何をすべきなのかを考えるべきなのです。

その結果を出すために頑張るのは大いに大切なのです。

是非参考にしていただけると幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 自己啓発

    完璧になったら、自分が納得したら行動に移そうと思っていたらいつまで経ってもやって来ない

    イメージでは色々試行錯誤してしっかりとした目標が出来ているのに行動には…

  2. 自己啓発

    天才とは才能がある人のことを言うのではなく努力を続けていける人のことを言う言葉

    天才というのは誰よりも前を歩み続けていけるから天才と言われるのです。…

  3. 自己啓発

    理想の人生を目指してワクワクすることが人生の醍醐味である

    夢を目指したり、こんな自分になりたいと思っていても、本当に心が求めてい…

  4. 自己啓発

    未来は今の積み重ね。日々の行動が自分の未来を作り上げていく

    未来は今の積み重ねです。私はこの言葉がとても好きだし本当に身…

こんな記事もどうぞ

PAGE TOP