教え(教訓)

変化することを受け入れることで人は幸せに近くことが出来る

人というのはみんな変化を受け入れることがなかなか出来ないものです。

変化するというのはそれだけ労力もかかりますし、どの方向へと変化すれば良いのかも分からないので「保留」という意味での現状維持という人も多いのではないでしょうか。

そしてそのままズルズルと何も変化をしないままでいることがよくあります。

なぜそんなに変化をすることを推奨しているのか。

そして幸せになるためになぜ変化が必要なのか。

今回は変化することの重要性についてお話ししていきたいと思います。

変化することがなぜそんなに重要なのか

変化することを受け入れて変化するということはとても大切なことです。

どうしてそう言えるのかというと、

変化=成長

だからです。

変化をしないで今のままの状態でいるということはそれだけ成長までも止まってしまいます。

とくに成長を望まなかったとしたらあまりデメリットがないように思えますが、環境や時代というのは常に変化しています。

そして自分自身も知らず知らずに歳をとって変化しているのです。

どちらにしろ変化をしてしまうのが私たち人間であり、この世界なのですからそれなら変化を受け入れないということは自分自身を受け入れない、世界を受け入れないことと同じになってしまうのです。

変化してしまうのですから変化を受け入れて、時代の波に乗っていくことはとても大切なことです。

今の状態で完全に満足しているのであれば変化しなくても良いかも知れません。

しかし今の状態で完璧に満足しているという人はほとんどいないでしょう。

それなら今の自分よりも良い自分に変化をするべきなのです。

常に昨日よりも今日の方が良い状態であること、成長し続けることが幸せにつながるのです。

変化を受け入れることで本当に幸せになれるのか

変化を受け入れることで人は幸せになることが出来ます。

一つの理由として先ほども話したように、

時代も環境も自分自身も常に変化しているのです。

そうなると変化を受け入れないということはそれだけ自分自身を受け入れないことになります。

歳をとっていく自分を否定することになります。

それはとても辛いことでしょう。

劣化していく自分をただ否定するだけの人生はとても辛いものになってしまいます。

どうせ変化してしまうのが人間なのですから、変化すること自体を受け入れることは自分自身を受け入れることになります。

そうなるとかなり幸せに近くことが出来ます。

そしてもう一つの理由として、

変化を受け入れられない人というのは、今の自分よりも良い状態があるにも関わらずその状態になることが出来なくなってしまいます。

例えば、

今の仕事よりも良い仕事に就職出来るにも関わらず、それを拒否して今の仕事に不満を持ちつつも続けていくという状況にもなりかねません。

もちろん変化することにリスクはありますが、今の現状のままだと全くリスクがないと言えるのでしょうか。

変化しないことも常にリスクを伴っています。

会社であれば潰れたりリストラされる可能性だってあるのです。

どちらにせよリスクはあるのですから常に変化し続けた方が良いでしょう。

変化を受け入れることは幸せになるために切符と言っても過言ではないのです。

少しでいいから変化を受け入れる

いきなり大きなリスクを取れないという人は多いでしょう。

今の自分の仕事に不満を感じていたとしても、今の生活に不満を感じていても大きく変化させたらどうなるか分からないという不安はあるでしょう。

いきなり大きなことは出来なくても少しでも良いので変化を受け入れることから始めましょう。

例えば、

ちょっと朝早く起きてみるという変化でも良いでしょう。

本を読む習慣をつけるでも良いです。

習い事を始めてみるということでも良いでしょう。

自分が今の生活よりもちょっと良い生活になるためにはどうすれば良いのかということを考えて、少しづつ変化を持たせるのです。

それくらいの変化なら合わないようであれば辞めてしまえば良いのです。

リスクなんてほとんどありません。

リスクがないにも関わらず、それによって昨日の自分よりも良い自分になれるかも知れないのです。

そうやって昨日の自分よりも良い自分になることが成長なのです。

変化を受け入れることこそ成長なのです。

最後に一言

一度生活が落ち着いてしまうとどうしても変化することが億劫になってしまいます。

今の自分の生活に不満を感じているはずなのに変えられないという人は結構多いのではないでしょうか。

確かに今の状況も完全に悪い状況ではないかも知れません。

変化をすることで一時的に悪い状況になる可能性はあります。

しかし変化をしなければ今よりも良い状況というのはなかなかやってきません。

今よりも良い状況にならないということは自分自身も成長しないということなのです。

人間は成長によって色んなものを受け入れることが出来て、幸せに近くことが出来ます。

人間というのは今よりも良い状況になると幸せと感じることが出来るのです。

ですから幸せになりたいと望むのなら常に変化をして成長していく必要があるのです。

確かにそうやって変化を受け入れることは最初は大変なことかも知れません。

それでも変化を受け入れずにずっと同じ状態でいることも当然大変なことです。

どうせ大変なら少しでも良い自分になれた方が良いと思いませんか?

今の状態を維持することが悪いことではありません。

しかし出来ることが一つでもあるのならちょっとでも良い自分になった方が確実に良い人生を送ることが出来るでしょう。

そのためには変化を受け入れることが大切なことなのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 教え(教訓)

    人生は修行の場。どうして人は修行をするのか

    自分はなぜ生まれてきたのか。なんのために生まれてきたのか。…

  2. 教え(教訓)

    物事には絶対的に正しい答えはない。視点や立場、環境が違えば正しさも変わる。

    物事には絶対的に正しい答えというものは存在しません。見る側面を…

  3. 教え(教訓)

    流されてるだけでは行きたい場所に辿り着けない。自分の船の舵は自分でとる

    「みんながやっているから自分もやろう」「みんながそうするなら私…

  4. 教え(教訓)

    正解なんて分からないし存在しない。分かるのは自分の気持ちだけで正解を決めるのは自分の心。

    何が正解で何が間違いなのかなんて誰にもわかりません。人生は選択…

  5. 教え(教訓)

    良い道でもなく悪い道でもなく自分が好きな道を選んで生きていく

    みんなが思っている良い道。みんなが思っている悪い道。…

  6. 教え(教訓)

    いくら努力をしても行動しても人生の結果はどうなるか誰にもわからない。それでもやるしかないのが人生。

    どんなに努力をしても行動してもその結果までは自分で決めることは出来ない…

こんな記事もどうぞ

PAGE TOP