目標達成

日々の小さな積み重ねが大きな結果を生み出す。【積み重ねることの大切さ】

良い結果というのは日々の積み重ねによって生まれるものです。

起業して新しい事業をやるにしても、小説家を目指すにしても、職人を目指すにしても、一朝一夕に出来ることではありません。

すぐに夢が叶ったり思い通りにいかないのは当たり前ですし、日々の積み重ねが未来を作っていくものです。

毎日毎日努力して、日々の積み重ねが良い結果を生むのです。

起業にしてもすぐに上手くいくわけではありません。

最初はお客さんを集めるのに相当な努力が必要です。

始めの頃は努力したってなかなか集まりません。

それでも諦めずにやり続けないと成功することはできません。

いろんなことを試してみたり、試行錯誤して上手くいくまでやり続けるしかないのです。

それで初めて軌道に乗って事業成功と言えます。

小説家だって、ちょっと文章を書いてみていきなりプロと言えるレベルの文章を書くことは出来ません。

書き方を勉強したり、たくさん本を読んでみたり、毎日文章を書き続けていくことによって、少しづつ上達していくのです。

何をするにもいきなり上手くいくことなんてなかなかありません。

仮に上手くいったとしても、上手くいった理由がわからないので、また次も上手くいくことが難しくなります。

日々の積み重ねで成功した人は、どうやって上手くいったのかわかっているし、失敗もたくさんしているので、いろんな方法を知っていますし、何をやったら失敗するのかを知っています。

それを避けて行動すればいいので、結果上手くいくのは日々努力してきた人間です。

「やればすぐ上手くいく」と安易に考えないで、

自分の好きなことを努力し続けることを目標にして目指していくようにしましょう。

毎日コツコツやることで大きな結果を生む

どんなものをやるにもすぐに思い通りの結果なんて出たりはしません。

出たとしてもその先のレベルにいくにはまた努力しなければならないのです。

上を目指し続ける限り続けていくことが必要不可欠なのです。

それは上に行けば行くほど必要になっていきます。

それなら結果が出ようが出なかろうが続けていくしか道はないのです。

日々のコツコツした努力が実を結ぶのです。

あとがき

何事もすぐに結果を出すことが出来たらどんなに楽だろうかと思ってしまいます。

しかしそんなに世の中は甘くはないですし、すぐに結果を出せるものはみんなが出来てしまうのでどんどんその価値は失われていきます。

そうやってこの世の中はバランスが取れているのです。

みんなが出来ないことや珍しいことに価値があるのです。

そのためには続けていくことでどんどんそのレベルは上がっていき、誰にも出来ないレベルまで到達することで価値を生み出すことが出来るのです。

そこまでやって初めて結果が出るのです。

日々の積み重ねが大きな結果を生むのです。

やめたくなってもやり続けた人が大きな結果を出し成功していくのです。

コツコツと積み重ねるためのモチベーション作り

日々の積み重ねが大切なのは分かるけれど、続けるためのモチベーションが保てないという人がいるでしょう。

そんな人にオススメなのが夢ノートを作ることです。

夢ノートを作ることで、日々の自分の変化を実感して次にやるべきことを明確にすることが出来ます。

ゲーム感覚で楽しめるので一度、夢ノートを作ってみると良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 目標達成

    目標と夢を叶える為にはノートに書き込もう。夢を書き込むことで叶えることが出来る

    「人生を変えたい」「目標や夢を叶えたい」そう思ってもな…

  2. 目標達成

    目標は明確にしなくても良い。そして夢を叶えなくても幸せになれる

    何かを目指す時には「イメージを明確にしなければいけない」ということを…

  3. 目標達成

    悔しさをバネにすれば大きなエネルギーになる。悔しいという気持ちは悪い感情ではない。

    悔しいという気持ちは負の感情ですが決して悪い感情ではありません。…

  4. 目標達成

    【表現の自由】表現したいものがあるのなら自分を信じて表現した方がいい。

    もし自分に表現したいものがあるのだとしたらそれは自由に表現した方が絶対…

  5. 目標達成

    夢ノートを書くことで得られる5つのメリット

    よく夢ノートについて書いている本だったり、…

  6. 目標達成

    夢を叶えるために大切なこと。夢を叶えるためには周りにいる人たちの協力が必要不可欠

    夢を叶えたり、自分の道を決めていくことはとても大切なことです。…

こんな記事もどうぞ

PAGE TOP