人生哲学

本心に触れた時に初めて自分の本当の答えを見つける事が出来る

自分の本当の気持ちというのは普段はあまり表に出てこないものです。

人は自分の心を突かれたり、本心を出すことに対して抵抗があるし良い気持ちはしないものです。

それだけ本当の気持ちというのは恥ずかしいし苦痛が伴うということなのです。

しかしその本心にこそ本当の答えが存在しているものでもあります。

ですから答えを見つけたり、自分の気持ちに気付くためにはそれだけの苦痛があるということでもあるでしょう。

それだけ人間は本心を隠したいと思う生き物だということでもあります。

それだけ自分の心には蓋をしたい生き物だということなのです。

本音を人に突かれると怒ったり嫌な気持ちになったりするもの。

それは自分の気持ちに土足で上がられることは気持ちの良いことではないからです。

その本心を受け入れる事で初めて気付くこともありますし、それだけ大きな成長を遂げる事が出来るものでもあります。

本心は自分でもなかなか気付くことができません。

それは自分自身でもそれだけ嫌なものには蓋をしてしまうものだからです。

ですから自分の答えに辿り着くにはそれだけ苦痛があるということです。

その苦痛に耐えて受け入れた時に本当の気持ち、答えに辿り着くことができるのです。

それはとても心地の良いことでしょう。

肩の荷が下りた気持ちになるでしょう。

自分の気持ちに素直になって本心を探ってみると良いでしょう。

それを見つけた時に人は苦痛とともに大きな成長を遂げる事ができるでしょう。

逆に自分自身に嘘をついていたり、取り繕っている間は自分の気持ちを知る事は出来ませんし、ずっと心のしこりが取れないで辛い思いをするかもしれません。

「自分は何がしたいのだろうか」

「自分はどうしていきたいのだろうか」

そうやって色々なことを悩み続けることもあります。

悩みの根源というのは大体同じです。

その自分が本当に大切にしているものを見つける事が出来れば、いろんな悩みを解決する事が出来るでしょう。

しかしそれを見つける事は簡単なことではありません。

なぜならみんなプライドがあるからです。

プライドがなければすぐに自分の気持ちを見つけることができて、悩みはほとんど消えてしまうでしょう。

プライドは悩みを生む感情でうs。

プライドが自分の気持ちに蓋をしてしまうのです。

「よく見られたい」

「変な風に見られたくない」

そんな感情も一つのプライドともいるでしょう。

そんなプライドを守ることよりも、大切な事があるのだとしたら捨てるべきだと私は思います。

そこから人は大きな一歩を踏み出すことが出来るようになります。

その一歩を踏み出す事が出来たら、

自分の気持ちに素直に行動することができたら、

自分の人生がどんどん好転していくでしょう。

結論:プライドを捨てて自分の本当の気持ちに気付き、受け入れる事で悩みは消えていく

自分の本心、本当の気持ちに触れるというのは最初はとても苦痛が伴うかもしれません。

自分でも嫌なのに、他人にそこを突かれたらとても嫌な気持ちになったり、腹が立ったりすることはあると思います。

ですが、そういう気持ちがなぜ起きているのか、そして逆に言えばそう言われてもイライラしなくなったときに乗り越えたということになるのです。

そうやって一つ一つ乗り越えていく事が出来れば、悩みは消えていくのです。

ある意味、そうやって腹が立ったり嫌な気持ちになるということは、自分の本心を知るチャンスでもあるのです。

自分の本心を知り、自分を良い方向へと変えていって、悩みのない人生を作り上げていきましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 人生哲学

    悟りとは自分の思っているイメージとは少し違うものだった

    みんな悟りに幻想を抱いている。悟りというのは一度達したからと…

  2. 人生哲学

    理想を追い求めていく人生と現実を見て生きていく人生ではどちらが幸せなのか

    理想を追い求めることや夢に向かって努力することはとても人を輝かせてく…

  3. 人生哲学

    人生諦めも肝心。失敗を受け入れることで前に進むことが出来る。

    人間は生きていて不可能なことはあります。出来ないことは出来ませ…

  4. 人生哲学

    人生に答えはない。答えは探すのではなく自分で作り上げていくもの

    人生に答えがあるのか。人生での正解はあるのか。そんな…

こんな記事もどうぞ

PAGE TOP