スポンサーリンク

本当の強さとは弱い自分を見せないことが強さではありません。

それだけではただの強がりでしかないのです。

誰だって弱い部分なんて持っています。

人間は完璧な状態で生まれてきているわけではありませんし、そもそも完璧なんてものは存在ません。

失敗だってしますし間違いだって犯してしまうものです。

人間である限りそれは皆同じなのですからどんなに弱い自分を隠したところで弱さが消えることはないのです。

必死に弱さを隠すことが本当の強さとは言えないでしょう。

必死に隠そうと強がっていることが本当の強さではないのです。

本当の強さとはありのままの心、素直な心を持つということ

本当の強さとは自分の弱さを見せないことではありません。

本当の強さというのは、

「自分の弱さを人に見せることが出来る素直な心」

「自分のありのままの心で勝負出来る心」を持つことが本当に強い人間だと言えるでしょう。

心の強さと強がる事を間違えてはいけません。

自分の心の弱さを見せられる強さを持っている人は本当の強さを持っていると言えるでしょう。

どうしてそう言えるのかと言うと、

自分の心をさらけ出すことが出来る人間は、常に自分の素直な心で生きていると言うことです。

隠すことなくありのままの自分で勝負しているということなのです。

誰でも弱い心を持っているのは当たり前です。

ずっと強い心を持っているわけではありません。

誰でも欠点はあるのです。

それを受け入れた上で、自分の心に嘘をつかず、そして他人にも嘘をつかずに常に真っ向勝負をしている人にしか出来ないことでしょう。

そうやって自分の弱いところを理解した上で、自分は自分として素直に生きることが出来る人間はとても強い人間だと私は感じます。

弱さを見せることが良いことだとは思いませんが、弱さすら見せることが出来るくらいにありのままの自分で勝負出来る人間はとても強い人間と言えるでしょう。

負けることは弱いことではない

負けることは弱さの証ではありません。

負けたから弱いというのなら挑戦した人間はみんな弱くなってしまいます。

新しいことに挑戦しなければ新しい自分の可能性を見つけることは出来ません。

そして新しいことに挑戦するということは、出来ないことに挑戦するということです。

出来ないことに挑戦することは、失敗するのは当然のことなのです。

ですから負けたり失敗することは心の弱さではないのです。

本当の弱さと言うのは負けた後にすぐに諦めてしまう心です。

負けても何度でも立ち上がることが出来ることが出来るのは本当の強さを持っている証です。

負けることやうまくいかないことなんてどんな強い人だってあります。

そんな負けることが弱さだと言うのなら全ての人が弱いと言うことになります。

負けることは弱さにはなりません。

負けた時に諦めてしまうのが弱さです。

何度負けてもなにども立ち上がれる人は強さと言えるでしょう。

人の上に立つ人が強い人ではない

人の上に立つことことが本当の強さではありません。

人の下に立ったとしても自分を貫けることが本当の強さです。

人の上に立っていてもその下の人を盾にして自分は何もしない人だっています。

上に立つ人間が全員強いわけではないのです。

下についている人がみんな弱い訳ではありません。

下についている人でも自分の意思をしっかり持って行動している人、どんな立場の人にも自分の意見をしっかりと言える人は本当の強さを持っている人と言えるでしょう。

人に言われて言い返すことが本当の強さではない

誰かに悪口や意見を言われて言い返すことが強さではありません。

人に何を言われても自分のやるべき事をしっかりとやっていくことが本当の強さです。

言い返すことだけなら誰にでも出来ます。

人に噛み付くことなら弱い人にも出来ます。

しかし何を言われても自分のやるべきことを全うしていく意思は本当に強い人にしか出来ないでしょう。

意思の強さが人格を作る

本当の強さというのは心の芯の強さなのです。

本当の強さ意志の強さなのです。

強い意志を持っている人は状況や場面でコロコロ変わることはありません。

自分の意見を持ち、自分の考えをしっかりと持っているのです。

人に流されたりはしません。

どんな状況だったとしても自分の意思を貫ける強さが本当の強さなのです。

人に優しく出来るのは強い人間である証

人に優しく出来る人は強い人間と言えます。

なぜなら、

みんな生きていて辛いことはあります。

そしてみんな何かしらの悩みを抱えています。

そんな中でも人に優しく出来るということは自分よりも他人を優先出来る心の強さを持っているということなのです。

自分のことだけではなく他人のことを考えることが出来る強さを持っているのです。

だから人に優しく出来るのは強い人間である証なのです。

あとがき

本当の強さと言うのはとても難しいものです。

上に立つ人や勝者が強いと勘違いしてしまいがちですが、それよりも自分の意見を持ち、強い意志を持って行動していける人というのはほとんどいないでしょう。

それこそ本当に強い人と言えるでしょう。

そして本当の強い人というのは強がって人に強さを見せることではありません。

人に優しく出来る人こそ本当の強さと言えるでしょう。

自分自身をありのままに受け入れて、

自分の弱さを見せられる人こそ心の強さを持っている人でしょう。

自分をらしく生きましょう。

自分らしく自分を貫ける人が強い人だと言えるでしょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事