心理学

怒りやイライラの感情を減らすためには、執着とこだわりがイライラの原因になる。

いくら自分で気を付けていてもイライラしたり怒ったりすることってあると思います。

「怒ったりイライラするのって嫌だな」と思っていてもそれは勝手に起きる現象です。

自分の心の中で抑えようとしても抑えきれなくて怒ってしまったり、

心の中でその場では抑えきれたとしても、家に帰って寝るときまでずっとイライラしていて眠れなかったりというように

「なんで自分で制御出来ないんだろう」

「こんなことで怒ってなんで自分ばかりこんな気持ちにならないといけないのだろう」

なんて思うこともあると思います。

それくらい怒ったりするのってエネルギーを使うことですし特に怒らないように気を付けている人は自己嫌悪に陥ったりもします。

じゃあどうすれば怒りを鎮めることが出来るのかというと、

「なぜ自分は怒っているのか」に気付くことが必要です。

自分が何に対して怒っているのかを気付かないと解消する方法だってわかりません。

いやいや自分がなんで怒っているのかなんてわかっているよ。

だって相手が自分の言うことを聞かないからだよ。

そう言うふうに感じるかもしれませんがそういうことではありません。

もちろんそれがきっかけで怒っているのは確かですがそれが原因ではありません。

じゃあ何が原因かと言うと、

自分が否定されて悲しい。

自分がこだわっているものに対して、批判されて悲しい。

というように、

怒りの根源というのは悲しさからくるものなのです。

他にも、自分の意見が分かってくれなくて悲しい。

あとは他にも、期待していた部下に仕事を任せたが全然出来なかったということがあるとどうしても怒ってしまいます。

それは期待していてそれを裏切られた気持ちになり悲しくなり、怒りにつながります。

なので悲しさというものから怒ってしまうこともあるということです。

他にも原因というものはありますが悲しさから来る怒りというものは大きいです。

どうしても人は執着したりこだわっていたり、何かを望んでいると裏切られた時に悲しくなり怒りにつながります。

なので本当に怒りという感情をなくすとしたらこだわることを少なくする必要があります。

全ては自然流れなのだから何が起きても不思議ではない。自然の流れのままに生きよう。

そういうふうに何にも期待したりこだわったりしなければ、悲しむことがなくなり自然に怒ることも減っていくでしょう。

自分に対しても期待しているとそれを裏切られた時に怒りや自己嫌悪を感じることがあります。

なので自然のままにありのままに受け入れていくことが出来れば、怒りという感情をなくすことが出来ます。

全てに対して、「ありのままに受け入れる」ということは難しいと思うのですが、怒りすぎる方には、こだわりをなくし、自然のままに受け入れるという気持ちが必要です。

人生思い通りにいくことばかりではありません。

「思い通りにならなくて当たり前」という気持ちを持つことで怒りはなくなっていくでしょう。

それが出来ないことだってあると思います。

そういうものは、現実が自分の思い通りになるまで努力すればいいのです。

そういうものがあまりにも多すぎるとそれは大変です。

全てを自分の思い通りになるまで努力し続けるということは現実的に無理があるからです。

なので本当に手に入れたいものは本気で頑張り、それ以外のことは受け入れるように努力する。

もしくはうまくいかなくても当たり前。というこだわりと執着を捨てることが怒りを減らす近道なのです。

あとがき

怒りやイライラというのは期待をしていたり執着があるから起こるものです。

全てはなるようにしかならないと思っているのであればイライラすることはなくなります。

しかし生きている限り全てを受け入れることは出来ないでしょう。

誰でも死ぬことは怖いですし、自分が好きなものやこだわっているものを馬鹿にされたりしたら怒ってしまうのは当然です。

ですが極力そのこだわっているものを少なくすることは出来ます。

どうしてもこだわっているものがあるのであれば数を少なくすれば良いのです。

怒りっぽい人ほどたくさんのことをこだわっています。

いわゆる完璧主義者なのです。

完璧でないとイライラしてしまうのです。

人間は失敗して当然ですしうまくいかなくて当然という気持ちを持つことが出来ればある程度怒りは減っていくでしょう。

イライラの原因は自分にあるということを覚えておくだけでも幾分かは楽に生きられるのではないかと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 心理学

    後悔しないためには前を向いて生きること。後悔という感情は過去に気持ちが向いているから起こるもの

    後悔というのは過去に気を取られているから起こる現象です。過去は…

  2. 心理学

    楽しむ心を持つことでうまくいく。嫌いでも向き合うことで好きに変わる可能性がある

    辛いことでも嫌いなことでも楽しんでやろうとすることが大切です。…

  3. 心理学

    気を使って生きていても自分の心が疲れるだけ。自分をもっと大切にしよう。

    いつも人に気を使ってしまう。それはそれだけで言えば良いことなの…

  4. 心理学

    人は考えれば考えるほど難しくなりネガティブになる。そして出る答えはいつもシンプル。

    人は色んな選択肢があったりたくさんの情報が一度に入ってくるとどうしても…

  5. 心理学

    人間は選択肢が多ければ多いほど悩み、立ち止まってしまうもの

    人生は選択の連続です。そしてたくさんの選択肢から一つの選択を常…

こんな記事もどうぞ

PAGE TOP