自分が何の為に生まれたのか、生きる意味を決めるのは自分しかいない

自分が何の為に生まれて、何の為に死んでいくのか。

それを決めるのは自分自身であって他の誰でもない。

人は自分にとって一番大切だと思うものの為に生きるもの。

全く大切ではないものの為に自分の人生を捧げることは出来ないでしょう。

そして全く自分にとって大切なものがない人は、

何の為に生きているのか、

心の空虚感というものを感じてしまうものです。

別にそれが悪いことではないし、大切なものがなくても悩んでいなければそれでも良いと思う。

だけれど自分が何の為に生まれてきたのか、

自分が何の為に生きているのか。

そんな疑問を感じたのだとしたら考えてほしい。

その答えは、

自分にとって一番大切なものは何なのかを。

そのものの為に生きることこそ自分の生きる意味になるだろう。

それはどんなものでも良い。

自分が納得出来たならそれが答え。

家族の為に生きる。

仕事に生きる。

人助けの為に生きる。

生きる為に生きる。

人生の答えを出す為に生きる。

何でも良い。

自分の好きにすれば良い。

自分が本気で大切だと思うもの。

それこそが本当の答えなのだから。

その答えは他の誰かが知っているわけでも、誰かに与えられるものでもない。

自分の心が決めるものだ。

自分の生きる意味、

そして何の為に生きて、何の為に生まれてきたのか。

それを決めるのは自分自身しかいない。

スポンサーリンク