人生哲学

前に進むこと、変化をすること、それが私の生きているという実感

私は今まで少し停滞していた時期が続いていた。

ずっと走り抜けてきたからこそ少し立ち止まりたいという気持ちを持って一度足を止めた。

それからしばらく休んでいたら、どっと疲れがきて本当に動けなくなった。

「疲れているからしばらく休もう」

そう思って休んでいたのだが、いくら休んでもなかなか動き出せない。

「あれ?そろそろ行こうと思うのになんで動けないんだろう」

そう実感した時にはもう遅かった。

完全に足が止まっていたのだ。

それから少しづつ前に進もうと思っていてもなかなか前には進んでくれない。

そんな葛藤を持っていたが、いっそのこと前に進むのをやめようと思い、自分の英気を養うことに専念をした。

ひたすら次に動き出す日が来るのを待ちながらも、自分のエネルギーを貯めていた。

そして私は待ちに待ったその日を迎えた。

そして今、動き出そうと思う。

ーーーーーーーーーーー。

 

私は今までなんとなく自分だけの世界で生きようしていた。

誰にも邪魔させずに静かに生きようとしていた。

ずっと走り抜けてきたからこそ、静かに一人で居たいと思っていた。

しかし、それが本当に自分のやりたいことではなかったと悟った。

だからこそ、私は今日という日を境に走り出そうと決意をした。

これからは顔出しをして、名前も本名でやります。

そのついでにツイッターも始めますので、もし良ければフォローをよろしくお願いいたします。

ツイッターID   @yocitaka7

今までこのブログを読んでくれた方、本当にありがとうございました。

そしてこれからもよろしくお願いいたします。

これからの方針としては、

まずは夢を追いかけようと思う。

そして、新しいことにどんどん挑戦する。

それを何よりも肝に銘じていく。

具体的なことは、また違う記事にてお知らせしていこうと思いますので、よろしくお願いします。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 人生哲学

    意味がないと思っているものに本当に意味があるものが隠されているかも知れない。意味を決めるのは自分自身…

    生きる意味や理由なんてそんなものは考えてすぐに見つかるものではありませ…

  2. 人生哲学

    人の不幸は蜜の味。人と比較する人生をやめる

    人の不幸は蜜の味。そんな風な言葉が出来てしまうように人の不幸話…

  3. 人生哲学

    どんな理論を話したしても、それは物事の一部を切り取ったに過ぎない

    私はこれまでに色々な記事を書いてきた。「こんなことをす…

  4. 人生哲学

    人間はその先に不幸があったとしても自分が納得する道を進む

    人は自分がその瞬間向かいたい方向へと向かう。その先には不幸が…

  5. 人生哲学

    「自分を受け入れる」でも「願望を求める」でもない。今まで味わった事のない感覚を感じてる

    私は、今までに体感したことのないような体験と感覚を感じている。…

こんな記事もどうぞ

PAGE TOP