スポンサーリンク

現実を変えるには「行動」が必要不可欠です。

 

イメージはその行動を大きな力で後押ししてくれる存在です。

 

人は思い込みの中で生きているもの。

 

自分が出来ないと思えば出来ないし出来ると思えば案外簡単に出来てしまうもの。

 

確固たる自信があるものは、全く努力も労力も使わずに現実に投影することが出来るでしょう。

 

九九が言える人からすれば九九を言うことなんて容易いことです。

 

確固たる自信があるでしょう。

 

しかし九九が出来ない人からすればとても大変なこと。

 

たとえ重い荷物だったとしても、いつも持ち上げている荷物を持つには確固たる自信があるでしょう。

 

ですが初めてその荷物を持つ人からすれば自信がないでしょう。

 

特に力に自信がない人からすれば、

「重いものは持てない」と言うイメージによって持ち上げられないかもしれません。

 

それくらい人は思い込みの中で生きている。

 

出来るも出来ないも思い込み。

 

自分は出来ると思い込むことが出来れば自然と出来てしまうのです。

 

そうやってイメージや思い込みは現実を後押ししてくれる存在。

 

イメージを現実に投影するためには行動が必要不可欠です。

 

イメージはその現実に投影するために必要な力を与えてくれる存在です。

 

その二つが揃った時に初めて現実がイメージ通りに変化していくのです。

 

現実をどう動かしていくのか。

 

それが人間のイメージを最大限に使いこなすために必要なことなのです。

スポンサーリンク
おすすめの記事