今を大切に生きるものは今を生き、今を疎かにすればずっと今を疎かにする

「今を楽しむ」

「今に幸せを感じる」

そんな事に何の意味があるのだろうか。

そう感じてしまうのなら今を生きていないということです。

人間は今しか生きられませんし、今しか生きていないのです。

未来でも過去でもなく「今」を生きているのです。

今の先に未来があり、今の前に過去があるのです。

私たちが生きているのは今です。

今この瞬間です。

そして今の延長線上に未来があるもの。

それなら今を生きなければ未来もやってこないのです。

今の延長線上に未来が存在するというのなら、

今を楽しめない人間は未来も楽しめないでしょう。

今の自分に幸せを感じられなければ未来も幸せを感じられないでしょう。

今を疎かにする人間は未来も疎かにするでしょう。

ずっと未来ばかりに目を向け続けるでしょう。

じゃあ今はどうするのでしょうか。

向上心を持って未来を見据えるのは悪いことではありません。

しかしそれによって今、自分が辛い思いをするのは間違いです。

今を疎かにして辛い思いをしてしまうのなら何の為に未来を見るのでしょうか。

未来の幸せの為に未来を見据えるのは良いのですが、それによって今を疎かにして辛い毎日を送るのなら意味がないでしょう。

生きているのは今しかないのに。

今を楽しめる人間が未来も楽しめるのです。

今に幸せを感じられる人間が未来も幸せを感じられるのです。

過去の自分に嘆くのはやめましょう。

過去はもう過去なのです。

過ぎ去ってしまったものなのです。

そんな変えられないものに対して今という時間を使うのは意味がありません。

人間には今しかないのに。

過去にとらわれていたら未来も過去にとらわれてしまうでしょう。

過去に心を向けても、未来に心を向けても意味がないのです。

大事なのは今です。

今を生きる者が今を生きられるのです。

スポンサーリンク