人生哲学

今が辛くても楽しもう。どんなに嘆いても今はすぐには変わらないのだから

今の自分の現状がどうしても納得出来ずに苦しむ日々が続くことがあるかもしれません。

早く今の現状から抜け出したいと思う気持ちが募り、焦る日々が続くかも知れません。

だが、どんなに辛い辛いと思っていても今がすぐに変わるわけではない。

すぐに抜け出せるわけではないのなら、今の自分の現状も含めて楽しめば良いのです。

「そんな綺麗事を言っても辛いものは辛い」

それはその通り。

辛い気持ちを忘れろといっているわけではないのです。

辛い現状も楽しむのです。

なぜ楽しむ必要があるのか。

それは人生は短いからです。

今の自分の状況を辛い苦しいと嘆くのは今の自分を疎かにすることです。

未来や過去に目を向けて苦しんでいるということは、今という時間を無駄にしているということです。

今は今で楽しいことだってあるでしょう。

ないと思うのは探そうとしていないからです。

今を楽しみましょう。

目標に向かって頑張っている時間がなんだかんだ言って楽しいものなのです。

幸せを求めて行動している時間が一番幸せだったりするものなのです。

今を楽しめない人は未来も楽しめません。

現状に幸せを感じられない人は、どんな状況になったとしても幸せは感じられないのです。

今を楽しめる人が過去も未来も楽しめるのです。

今を嘆いている人は未来も同じように嘆いているでしょう。

そんな未来を作るのはやめましょう。

人間は今しか生きられないのです。

それなら今を全力で生きましょう。

今を全力で楽しみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 人生哲学

    ピンチや不運なことがあっても考え方でチャンスに変わる。人生どう転ぶかは最後までわからない

    普通に生活していてもピンチや不運、ついてないなぁと思うことは起きます。…

  2. 人生哲学

    正しいことでも相手に強要した時点で正しいとは言えない。

    どんなに正しい意見だと思っていたとしてもそれを相手に押し付けてしまった…

  3. 人生哲学

    正しく生きる必要はないが正しさや常識を知ることで自分の人生を可能性が広がり、人生を豊かにする

    自分の人生は自分が決めて生きていくわけですし、自分の人生の責任は自分で…

  4. 人生哲学

    「本当の心」なんて誰にも分からない

    「自分の心」「本当の心」なんて誰にも分からない。自分…

  5. 人生哲学

    過信することは間違いの始まり。自分が正しいと過信した時点で既に間違っている

    自分自身の答えや考え方、そして感覚が正しいと思ってしまうことはあるで…

こんな記事もどうぞ

PAGE TOP