心理学

イライラした時の解消法。イライラするのは自分にも問題がある

些細なことでイライラしたり、相手にイライラしてしまう事もあるでしょう。

今までそんなにイライラしていなかったのに何故かイライラしてしまうという時には、自分に余裕がないからイライラしてしまうのです。

自分以外のものにイライラする時というのは確かにイライラするきっかけではありますが、実際にイライラする原因を作っているのは自分の心です。

どんなにイライラするようなことをされたとしても、自分に余裕があったり自分がとても良い気分の時であればほとんどのことはイライラしなくなります。

宝くじに当たったことはありませんが、当たったその日は余程のことがない限り何でも許せてしまうでしょうしイライラなんてしないでしょう。

イライラするのは自分に原因がある

自分が満足していないから他の人が満足そうにしているとイライラしたりするのです。

「何となくあいつは気に食わない」という気持ちになるのです。

そういう風に自分があまり好きではない人にちょっと嫌なことをされるととてもイライラするのです。

結局は自分がどういう精神状態であるかということが重要なのです。

自分がすべてに満足していれば相手にイライラすることはほとんどありません。

イライラしないで、

「あの人はそういう人」

「しょうがない」と思うだけです。

そんなに好きではないのならイライラしないで客観的にみれば良いだけです。

嫌いだからといって気にして勝手にイライラするのは自分に余裕がないからなのです。

自分に余裕がないから八つ当たりしている

相手にイライラするのは大抵の場合は八つ当たりに近いものです。

「自分は何でこんなに大変なのにあいつはヘラヘラしているんだ」

「あいつは楽しそうでイライラする」

そういう風に心の何処かで思っているのです。

自分自身に余裕があれば、

「楽しそうでいいな」

「自分も一緒に楽しみたいな」

と思うでしょう。

そうやって自分の精神状態によって全然捉え方は変わってくるものなのです。

自分が欲しいのに手に入らないものを相手が持っているとそれだけで人はイライラします。

結局自分が何を求めているのかによってイライラする対象が決まってくるのです。

イライラの原因は自分の心が作っているのです。

その相手が自分の欲しいものを持っているからただ八つ当たりをしているだけなのです。

イライラした時の解消する為には、イライラの原因を見つけることで解消する

イライラするのは自分に余裕がないからということを言いました。

一番のイライラ解消法というのは、自分の心に余裕を持たせることです。

自分が全く気にかかることがなかったり、特に辛いことがなければそれだけでイライラすることはなくなるでしょう。

しかしそれが出来ないから余裕がないはずです。

自分で全てを解決出来るのならそれは余裕がある状態な訳ですから、解決出来ていないから余裕がないのです。

ではどうすればイライラを解決出来るのかというとそれは、

まずはイライラする原因に気付くことでイライラはかなりなくなります。

自分がなぜイライラしているのかが分からないと本当にイライラします。

イライラしている原因が、

自分が今仕事が忙してくて疲れていて、楽しんでいる人に対してイライラしているんだ。

ということに気付くだけでもかなりイライラは解消されます。

それだけみんな自分のイライラの原因を知らずにイライラしていくことはよくあるのです。

イライラする原因を根本から解消する

他にもイライラする原因をなくす方法があります。

それはイライラする原因を根本から解消する方法です。

仕事が忙しくてイライラしているのならいっそのこと仕事を休みにしてしまうのです。

それが出来ないのなら仕事を転職するのです。

そうやってイライラする原因を根本から解消すればイライラすることはなくなります。

楽しんでいる人を見てイライラするのなら自分も思いっきり楽しむようにすれば良いのです。

そうすれば今まで嫌いだった人も同じ仲間になるのでむしろ好きになることが出来るのです。

そうやってイライラする根本から変えていくことが出来れば解消するのです。

そしてその根本から変えていくまでは一心不乱にまわりを見ずにとにかく変えることに集中するのです。

周りを見渡すからイライラしてしまうのです。

自分だけを見ていればイライラするのは自分に対してだけです。

ですから周りを気にしない力というのもとても大切なことなのです。

あとがき

イライラする相手やどうしても些細なことでもイライラする時というのはみんな一度はあるでしょう。

そんな時にはイライラするのではなくて一度自分がどうしてイライラするのかを考えてみましょう。

その原因に気付くだけでも全然イライラは収まります。

勝手に自分がイライラしていただけなんだと気付けば馬鹿馬鹿しくなります。

イライラのきっかけは他人や周囲の環境にあるかもしれませんが、その根本は自分の心にあるのです。

自分が受け入れたり納得してしまえばそれでイライラすることはなくなります。

イライラするきっかけがあったとしても自分が変わればイライラしないのです。

それだけイライラするかは自分の心しだいということなのです。

イライラばかりで辛くなっているのだとしたら自分自身を変えていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 心理学

    なかなか思うようにうまくいかない時には立ち止まって考えてみることも大切。

    頑張っても頑張ってもなかなかうまくいかない時には一度立ち止まって考えて…

  2. 心理学

    人は考えれば考えるほど難しくなりネガティブになる。そして出る答えはいつもシンプル。

    人は色んな選択肢があったりたくさんの情報が一度に入ってくるとどうしても…

  3. 心理学

    楽しめるようになる方法。楽しいか楽しくないかは自分が決めている

    大人になるにつれて楽しいことってなくなっていきます。子供の頃や…

  4. 心理学

    何をしても楽しくない、どうしてそうなってしまうの?

    Q.今まで楽しかったものも楽しくなくなってしまったのだけど、何をしても…

  5. 心理学

    悪の心が生まれる理由。悪の心は知恵の副産物

    人間の心というのは色んな心を持っているでしょう。善の自分もい…

  6. 心理学

    怒られて嫌になっても気にしなくていい。失敗があるから成長するのだから。

    人間誰しも失敗をしたりミスをしたりするものです。自分のせいじゃ…

こんな記事もどうぞ

PAGE TOP