結果を出す方法は人それぞれ違う。自分に合ったやり方を見つけよう

他人が出した方法やテクニックは手段であって、それをやったからといってみんなが確実に良い結果が出るわけではありません。

そのものが出来た人がどうして出来たのかを噛み砕いて、説明したものがテクニックであって、それを一生懸命やったとしてもなかなか結果には繋がりません。

人それぞれ自分の持っている能力が違います。

人には向き不向きがあり、人によって上手くいくための能力が違います。

ですから手段や方法も変わってくるのです。

足りない能力を補っていくことで失敗がなくなっていきます。

そして長所を伸ばすことで成長していきます。

なので自分にあったものを行動して、自分にあったやり方をしなければ結果はついてきません。

結局は自分で自分にあったものを見つけるしかないのです。

もちろん人のやり方を参考にすることはとても良いことです。

自分にはない知識を手に入れることが出来るので、テクニックを学ぶことは無駄になることはないでしょう。

自分には思いつかないような方法を人から聞くことが出来ますので、とても財産になるでしょう。

ですから人に教えてもらうことは良いことです。

ですが、それを鵜呑みにして一生懸命練習してもそれが確実に結果に繋がるかはわからないということです。

最後は自分で試行錯誤して自分なりの結果を見つけることが一番大事です。

試してきたこと全てが自分の糧になるのです。

失敗してきたことと、他の失敗してきたことを掛け合わせることによって新しいものを自分で作ればまた結果は変わってくるのです。

どんなことでも自分が良いと思ってやってきたことは全て無駄にはなりません。

ですから方法にとらわれるよりもたくさんのことを実践して試して失敗を繰り返して試行錯誤することが成功への近道なのです。

テクニックを学んだり人に教えてもらうことはとても大切なことです。

やはり自分の価値観や考え方だけでは限界がありますし分からないし思い付かないことも教えてもらうことが出来ればとても早く自分が成長することができます。

しかしテクニックというのはその人が成功した方法を結果的に噛み砕いて、そして切り取って言えばその方法があったから成功したというものです。

その人が成功した方法なのです。

その成功した人はもっと他の努力もしているでしょうし、試行錯誤もしているはずです。

そのように全てのことが噛み合って成功したのかも知れないしそれは分からないのです。

それに人には向き不向きがあるので同じことをしたからといってうまくいくものでもありません。

ですから同じことをすれば必ず成功するというものではないことを覚えておきましょう。

とても参考にはなりますが、鵜呑みにするのはまた別の話です。

テクニックは参考にするくらいが一番良い使い方と言えます。

自分にとって気付きがあったり自分にとって為になるもの取り入れましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク