心理学

人生どうしたら良いか分からない心理とは【何も分からない人の対処法】

人生どうしたら良いのか分からない。

自分が何をしたいのか分からない。

そのように悩んでしまうことはあるでしょう。

どうしたら良いか分からないというのは本当にどうすれば良いのか分からないので何も見えていないし目処が立たない状態です。

そこまで分からなくなってしまうとなかなか抜け出せないかもしれません。

しかしだからと言ってずっとそのままというわけではありません。

必ず抜け出す方法はあるのです。

どうしたら良いのか分からなくなった原因がある

どうして良いのかわからなくなるにも原因があります。

生まれつきどうして良いのか分からないという人はいないでしょう。

誰しも子供の頃はやりたいことがあって人生どうしたら良いのか分からないという考えを持ったことはないでしょう。

大人になってから人生がうまくいかなくなったり思い通りにならなくなった時に初めてどうしたら良いのか分からないと思うものです。

ですから絶対に原因があるということなのです。

自分のやりたい事をやらなくなった

やりたい事をやらずにやるべき事ばかりをやっていると自然と自分のやりたい事が分からなくなっていってしまいます。

そうすると自分で何かを決める事をどんどんしなくなって最終的には自分がどうして良いのか分からなくなってしまうのです。

やるべき事をやるのは大切ですが、何をすべきかよりも自分が何をしたいかの方がはるかに重要なのです。

自分の心には素直になりましょう。

妥協し過ぎた

目指したいものはあったけど難しそうだから別のものにした。

本当はこっちの方がいいけど無理そうだから他のにした。

そのように自分が本当に求めているものではなく、何かしらの理由で妥協をして別のものにしてしまうことがあるでしょう。

それをずっと続けていると次第に妥協する事が当たり前になり何か本当に求めているものを求めなくなります。

そして出来そうなものや自分にちょうど良いものを選ぶようになっていくのです。

そんな選択ばかりをしていると次第に自分の本当に求めているものを求めなくなって自分が本当はどうしたいのかが分からなくなってしまうのです。

諦め癖が付いてしまった

諦めることに慣れてしまうと諦める事が当たり前になります。

妥協することと同じで、次第に自分が求めているものがあったとしても、

「どうせ自分には無理だ」

「頑張っても仕方ない」

と思うようになってしまうのです。

そうなってしまうと自分がどうしたいのかが見えなくなってしまうのです。

本当に欲しいものはみんなあるのです。

しかし一度見えなくなってしまうと自分には何もないと勘違いしてしまうのです。

やりたい事がない人はいない

「自分にはやりたい事がない」

「どうしたいのか分からない」

という人は本当はいません。

しかしどうして良いのか分からなくなってしまうのかというと、

「どうせ自分には無理だ」

「やりたいことはあるけど絶対に出来ない」

と決めつけているから自分がどうして良いのか分からないのです。

もし、願いを何個でも叶えてあげると言われたらやりたいことなんてたくさんあるはずです。

しかもそれは叶えてもらえばもらうほどどんどん出てくるでしょう。

ですからやりたいこともどうして良いか分からないということもないのです。

ただあったとしても絶対に無理だから初めから諦めているだけなのです。

どうせ無理だと諦めている状態では、どうして良いのか分からないと思うのは当然のことでしょう。

まずはその諦める心、

無理だと思っている気持ちを取り除かなければどうして良いのか分からないでしょう。

諦め癖が付いてしまった理由

どうして諦め癖がついてしまうのかというと、

頑張ってもうまくいかない事がたくさんあったり、思い通りにならない事がたくさんあって成功体験ではなく失敗体験を積み重ねてきてしまったからなのです。

人は同じような結果が続いてしまうと次も同じ結果になると思い込んでしまうものです。

その失敗体験の積み重ねによって諦め癖がついてしまっているのです。

まずはその諦め癖をなくしていかなければ、

やりたいことも分からずにどうして良いのか分からないという状態が続いてしまうでしょう。

諦め癖を無くす方法

諦め癖、無理だと最初から諦めてしまう心を無くすのに何よりも大切なことは、

成功体験を積み重ねていく事が何よりも重要な事なのです。

諦め癖は失敗体験の積み重ねによって付いてしまったものなので、成功体験を積み重ねていくことで諦め癖が治り、やりたい事がどんどん見えるようになっていくのです。

成功体験を積み重ねていくためには、

しっかりとそして明確に目標を設定してその目標をクリアしていくことで成功体験になっていくのです。

その積み重ねがとても重要なのです。

目標設定をする時のコツが、

三日もあれば達成出来ること。

くらいのすぐに出来るような目標設定にする事が重要です。

いきなり大きな目標設定をしてしまうと結局達成出来ずに終わってしまいます。

一ヶ月かかってしまうような目標では自分には出来ないかも知れないけど、三日頑張れば出来るのなら自分にも出来るような気がする。

というような目標設定をしておけばなんとかやれるでしょう。

その小さな成功体験の積み重ねが重要なのです。

そんな小さな成功体験なんて意味がないと思うかも知れませんが、まずはそのように小さなことでも出来るようになる事が重要なのです。

その小さな目標を見事達成出来たのなら、次はもう少し大きな目標にチャレンジすれば良いのです。

そうやって小さなことでも良いから自分のやりたいこと、チャレンジしたいことに向かって行動することで次第にやりたい事が見えてくるようになるのです。

あとがき

人生どうしたら良いか分からない。

そんな状況になっているのだとしたらそれは今まで自分が自分らしく生きられてこなかったサインでもあります。

人は自分の心が自分らしい人生を知っています。

ですから自分の心を塞ぎ込み、

なんとなく現実を過ごしていると自分がどうしたら良いのか分からなくなってしまうものなのです。

自分の心に素直に生きましょう。

もっと自分の心のままに生きて良いのです。

子供は自分の好きなように生きています。

だからどうしたら良いのか分からないとは思わないのです。

もっと自分の心と感情を大事にしましょう。

自分の好きなようにいろんな物事を決めていく事で次第に心の声が聞けるようになり、自分のやりたい事が分かってくるはずです。

人生どうしたら良いのか分からないと思っている人は、

どんどん自分のやりたいことやチャレンジしてみようと思うことに挑戦して成功体験を積み重ねていきましょう。

どんなに小さな成功体験でも良いのです。

その小さな成功体験が最終的に大きな結果をもたらすのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 心理学

    完璧主義の人の考え方とのその直し方。完璧を求めても完璧にはならない。

    完璧主義の人は何でも完璧にしないと気が済みません。「完璧にやる…

  2. 心理学

    なかなか思うようにうまくいかない時には立ち止まって考えてみることも大切。

    頑張っても頑張ってもなかなかうまくいかない時には一度立ち止まって考えて…

  3. 心理学

    怒ることが悪いことではない。感情に振り回されて後先考えないことがいけないこと。

    怒ることというのは人を不快にさせたりトラブルの原因になるので良い事だと…

  4. 心理学

    苦手意識は今すぐ捨てる方法。苦手意識は他人との比較によって生まれる。

    人には「思い込み」というものが誰にでもあります。「自分は人見知…

  5. 心理学

    どうせならワクワクする人生を目指していこう。わざわざ自分からつまらない人生を送る必要はない

    一度きりの人生ですし自分の人生は自分で決めていけるのですから、それな…

  6. 心理学

    無自覚のストレスに気付くための方法【隠れストレスの見つけ方】

    人は無意識にもストレスを感じています。それは人には潜在意識とい…

こんな記事もどうぞ

PAGE TOP