潜在意識

今がチャンス?人生の転機に訪れる予兆には様々なサインがある。

人生の転機が訪れている時というのはサインがあることが多いです。

全くないと言う人もいますが、人生の転機の前というのは今までの自分とは違った行動があり、違った結果が現れます。

そもそも人生の転機というのは人生が変わるということです。

人生というのは一気に変わるものでもありません。

徐々に変わっていくものですから、人生が変わる前には必ず何かしらの変化があるはずなのです。

その人生が変わる前の予兆やサインについてお話したいと思います。

人生の変化の予兆とサイン

新しいことを始めたくなる

新しいことを無性に始めたくなる時というのは、自分自身が今までの人生に飽きていてそれを変えたいと思っているサインでもあるのです。

人生は自分の行動によって決まり、

その行動が自分の習慣になり、

その習慣が結果を決めて、

その結果が自分の人生を決めていくのです。

そう考えれば、

新しいことを始めたいと思っているという事は人生を変えたいと潜在意識が思っているという事なので、人生を変える大きなチャンスでもあるという事です。

物を買い換えたくなる(断捨離をしたくなる)

無性に物を買いたくなったり、断捨離をしたくなるという時は、

人生をシンプルにしたいと思っているということでもあります。

無駄なものをなくして新しいものを取り入れたいと思っているのです。

それは人生を変える上での本質でもあります。

人間は1日24時間しかなく、1日にやれる事は限られています。

限りがあるわけですから何かを取り入れるには何かを捨てなければいけません。

断捨離をして新しいものを取り入れたくなるということ自体が人生を変える転機そのものだということです。

考え事が多くなる

考え事が多くなるのも人生の転機のサインです。

人間は今までと同じことをやることに関しては特に考えなくても出来ます。

毎日同じことをしているということですから、ある意味とても熟練しているということになるので無意識にやることが出来るのです。

初めて車を運転する時というのはいろいろ意識しないと運転することが出来ませんが、慣れてくれば何も考えずに出来るのと同じです。

何かを考えているという事は今までやったことのないことをやろうとしているということなのです。

今自分が考え事をしているという事は、それが良い事であろうと悪い事であろうと人生の転機のサインである事は間違い無いでしょう。

心がなぜか落ち着かない。ざわざわする。

心がなぜか落ち着かないという人も人生の転機のサインです。

普段と同じことをしているのであれば心が落ち着かないという事はないでしょう。

それが落ち着かないとなると、何かしらの変化を望んでいる可能性があります。

なんだか心がざわざわするというのはあまり良い感覚ではないと思いますが、良い感情か悪い感情かというのは人生が良くなるか悪くなるかの方向性にはあまり関係はありません。

なぜなら、人生が変わる事自体が人間はストレスだからです。

たとえ良い方向へと人生が変わる時でも人間はストレスに感じてしまいます。

会社員が役職がついて収入が上がるとしてもそれはそれでストレスなのです。

脱サラしたって、結婚することになっても全て変化するということ自体がストレスなのです。

ですから、心がざわつくという事は何かしらの変化が訪れる予兆だということなのです。

今までやっていたことにやる気がなくなる

今までやっていたことに対してやる気がなくなって、何したくないこともあるでしょう。

それは一見悪い事のように感じますがそんな事はありません。

今までやっている事に慣れてきて飽きているという証拠でもあります。

飽きてしまうほど熟練していて、違うことがしたいと思えるほどに余裕があるという事なのです。

そう考えれば、今までやってきた事にやる気がなくなるのはそれだけ変化を望んでいるということにも繋がるのです。

もし目の前のことにやる気がなくなってしまっているのなら、今が変化をするチャンスかもしれません。

とにかく休みたくなる

とにかく休みたくなる、眠くなるという症状が現れたら人生の転機の可能性があります。

それはどうしてかというと、

未来に何か大きな変化が待っていて、その変化に対応するための体力を蓄えている可能性があります。

人間はパフォーマンスが低くなってしまうと、何かを成し遂げたり行動したりすることが難しくなります。

やはり休むことでパフォーマンスは上がります。

ですから休みたくなるという事は何か変化する前触れかもしれません。

人生の転機が訪れた時に大切な事は、変化を怖がらずに受け入れること

人生の転機のサインがあった時に大切な事は、その変化を素直に受け入れる事です。

大体の人は変化をする事自体があまり好きではありません。

先ほども言ったように、良い変化でも悪い変化でも変化する事自体がストレスだからです。

しかしストレスだったとしても、それを受け入れて乗り越えていかなければ人生の転機は訪れません。

どんなにチャンスが巡ってきたとしても、それを拒絶してしまっては本当の変化はやってこないのです。

ですから、変化しているのならその変化の流れに逆らわない事です。

そして自分からしっかりと行動していく事です。

変化を受け入れてしっかりとやってきた波に乗っていきましょう。

悪い変化だったとしても人生の転機が訪れるサインかもしれない

人生の転機に訪れるサインというのは、全て良いものとは限りませんし悪いサインだからと言って悪い結果が訪れるかは分からないのです。

無性に疲れて休みたくなるというサインがあれば、それは一見悪いことに思えてしまいますがその結果悪い事が起こるのかと言われるとそんな事はありません。

良い悪いはあまり気にしなくても良いでしょう。

それよりも大切なのは、

「今自分が変化しようとしている事」に目を向けましょう。

人生の転機を待っているのなら、とにかく変化することを受け入れる事。

そして、自分が望む未来に向かって進んでいく事。

それさえしっかりと考えていれば大丈夫でしょう。

結論:人生が変わる時には何かしらのストレスがあり、変化する前には何かしらの予兆がある

人生の転機の前には必ず何かサインがあり、何かしらの変化があります。

まずはその変化を受け入れる事です。

そしてその変化にはストレスを感じてしまうものです。

そのストレスすらしっかりと受け入れましょう。

そしてせっかく人生の転機が訪れる可能性があるのですから、自分が心躍るような未来に向かって進んでいきましょう。

変化を受け入れ、

自分らしさを忘れず、

しっかりと行動していく事が人生の転機が訪れた時に最も大切な事なのです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

ヨシタカ(吉岡 貴紀)

名前 ヨシタカ(吉岡 貴紀) ・スピリチュアルカウンセラー ・元競輪選手 生まれつき「オーラ」や「チャネリング」が出来ていたスピリチュアル人間として育ってきた。 しかし、それが本当に正しいことなのかを突き詰めるようになり、悟りの道へと方向性をシフトし、悟りを開くことが出来た。 その後はたくさんの人に自分らしい生き方を目指す為の情報発信をしている。 【詳しいプロフィールはこちら】

-潜在意識

Copyright© ヨシタカブログー吉岡貴紀公式ブログー , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.