スポンサーリンク

スピリチュアル

自宅の部屋を浄化する方法。どうやって浄化すれば良いエネルギーが流れるのか

パワーストーンの浄化は大切ですが毎日過ごしている部屋や家の浄化もとても大切です。

部屋の空気が悪いと自分自身もネガティブになってきてしまいますし、疲れも取れにくく元気もどんどんなくなってしまいます。

せっかく自分が元気だとしても部屋にいるだけで元気が無くなってしまうようでは勿体無いです。

部屋の浄化方法

今日は部屋を浄化する方法についてご紹介します。

色々な種類があるので、その中で自分に合うものを選んでみる事をお勧めします。

窓を開けて空気の入れ替えをする

これが一番手っ取り早く効果的な方法です。

空気も水もエネルギーも全てその場で滞っているとどんどん悪くなってしまいます。

しっかり循環させる事で新しいエネルギーの流れが入ってくるので、悪いエネルギーを流して良いエネルギーを入れることが出来ます。

部屋の片付けをする

部屋の片付けをすることはとても良いエネルギーを舞い込んでくれるので、部屋全体を浄化することが出来ます。

物が多かったり、ずっと同じ場所に物が置いてあると、そこにどんどん悪いエネルギーが溜まっていってしまいます。

ですから定期的には配置を変えたり、いらないものを捨てることによって、エネルギーの循環が良くなるので浄化することが出来ます。

セージを焚く

セージは強い浄化作用があるので、セージを焚くことによって部屋が浄化させていきます。

やってみるとわかりますがセージを焚くと空気が変わります。

空気を変えることによって今まであった悪いエネルギーを浄化することが出来ます。

音での浄化

クリスタルチューナー(音叉)やシンギングボールなどを用いて、部屋の浄化を行います。

これもセージの浄化と同様に空気が変わります。

音の振動によって空気が振動して波動を高めてくれたり、波長を整えてくれます。

浄化用の音叉などを使わなくても、リラックスミュージックやクラシックをかけるだけでも浄化作用はあります。

掃除をする

部屋の片付けと同様に部屋の掃除をすることでも浄化されます。

ちりやほこりがあると空気が悪くなりますし、空気の流れを悪くします。

片付けは出来なかったとしても定期的にしっかりと掃除を行いましょう。

浄化は循環させるのが一番良い

部屋の浄化と言うと難しそうに感じますが、実際は当たり前のことをするだけです。

ずっと閉め切った部屋にいると空気が重苦しくなり、疲れが取れなかったり気分が悪くなったりします。

部屋に物が多かったり、ゴミが散らばっているとなんだか狭苦しく感じて気持ちがブルーになったります。

そのように人は自然と悪いものと良いものを感じる能力があります。

ですからその感覚をしっかり信じて、気のせいだと思わずに自分が良いと思う行動をしていれば良いのです。

「なんだか気分が悪いな」と感じたのだとしたら、その原因をつきとめて行動することで心地よい生活を送ることが出来ます。

あとがき

部屋というのは生きていてとても長い時間を過ごす場所になります。

その部屋が居心地悪いところになってしまうと、生活そのものが悪い方向へ進んでしまいます。

毎日過ごす場所だからこそ、良い環境を整えて自分自身を良い状態に保つことによって人生を好転させていくことが出来るのです。

思い立ったが吉日です。

思ったらすぐに行動しましょう。

スポンサーリンク

人生を変えるパワーストーン「KIYSTONE」

  • この記事を書いた人

ヨシタカ(吉岡 貴紀)

名前 ヨシタカ(吉岡 貴紀) ・スピリチュアルカウンセラー ・元競輪選手 生まれつき「オーラ」や「チャネリング」が出来ていたスピリチュアル人間として育ってきた。 しかし、それが本当に正しいことなのかを突き詰めるようになり、悟りの道へと方向性をシフトし、悟りを開くことが出来た。 その後はたくさんの人に自分らしい生き方を目指す為の情報発信をしている。 【詳しいプロフィールはこちら】

-スピリチュアル

Copyright© 吉岡貴紀ーよしおかたかのりー公式ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.