人生哲学

悩むことは決して悪いことではない。考え続けていれば必ず答えは出る

考えても答えなんて出ないのだから考えてもしょうがない。

と思うこともあるでしょう。

確かに考えても答えなんて出ないことはたくさんあります。

「考える」ということはとても大変なことですし、かなりのエネルギーが必要になります。

考えると疲れてしまいます。

だからそのエネルギーを使うくらいなら最初から考えてもしょうがない。

と思うこともありますし、

そんなことまで考えなくてもいいだろう。と思うこともありますが、それでも自分が気になってしまうのだし、考えないといられないのだから考え続ければいいのです。

悩んだり考えたりする意味はないのか

「考える意味はない」

「考えてもしょうがない」

「悩んでもいいことはない」

そんな風に思うことがありますがそれはどうしてでしょうか。

確かに考えても答えなんて出ないことはたくさんあります。

考えても自分ではどうにも出来ないこともありますし、答えが出たところで現実は何も変わらないということもあります。

だから、

そんなことを考えても意味はないと思っても仕方がないでしょう。

ですが、

考える意味がなくて、考えてもしょうがないから考えなくてもいいということではないはずです。

なぜ考えるのかというと、

「その悩みを解決したいと思っているから考える」

「意味はなくても自分がどうしても気になっているから考える」

「自分が納得出来ないから考える」

「考えなければいられない」

考えたいから考える。

そうしないといられないから考える。

それだけで考える理由と意味としては十分でしょう。

考えても意味はないからといって、考えなくていい理由にはなりません。

考えても答えなんて出ないのだから考えてもしょうがない。

そんな風に思っていたら、いつまでたっても答えなんて出ません。

悩んで考えていれば必ず答えは出る

考えても意味はないと思うのは、そこまで本気で時間をかけて考えていないからです。

私はとても悩んだり考えたりするタイプなのですが、大抵のことは悩んだり考えたりを続けていると答えは出ます。

その答えは、

「考えてもしょうがないんだ!なるようになるんだ!」

という答えのこともあります。

それでは考えても同じ答えなのだから、考えても意味ないじゃないかと思うかもしれませんがそうではありません。

初めから、

「考えてもしょうがない」と決めつけてしまうのと、めちゃめちゃ考えた後に最後に出た結論が「考えてもしょうがない」では全然違うのです。

初めから考えてもしょうがないと決めつけてしまうとどうしてもモヤモヤ感が残ったりします。

それは、答えが出たわけでもないのですからモヤモヤするでしょう。

ですが、

考え続けた結果「考えてもしょうがない」はスッキリしています。

なぜなら、

腑に落ちているからです。

自分の出した結論に納得して、頑張った結果なので自分の中で納得して結論を出しているのです。

それはどんな答えであろうと自分が納得しているのですから、それが答えになるのです。

ですから考えてもしょうがないと決めつけるのではなく、とことん悩むことによって、それを乗り越えた時には、必ず良い答えと自分が前向きになる答えが待っています。

考えるということはとてもネガティブに感じることもありますが、それほど前を向いて努力しているということです。

考えてもしょうがないと諦めてしまっては、成長も止まってしまいますし前に進むことが出来ず、そのまま問題を放置して立ち止まることにもなってしまいます。

考える=ネガティブ

という固定観念をやめて考えるならしっかり考えることも大切です。

なぜ考えることを諦めてしまうのか

結論から言いますと、

考えることがとても大変なことだからです。

考えるということは、とても疲れますし体を使うのと同じくらいエネルギーを使います。

ですからそのエネルギーがなくて考えること自体が大変で最初から諦めてしまうのです。

それは悩みや考えることが大きければ大きいほど、難しければ難しいほどエネルギーを使います。

難しいことを考えることは、覚悟と決意が必要なので、最初から諦めてしまうのです。

ずっと深く考えないで生きてきて、今まで大きな問題がなかったりする人はあまり深く考えません。

それはそれで、自分の人生に満足しているのなら全然良いのです。

考えないで楽しく生きることも人生ですし、自分が納得しているのなら良いのです。

納得出来ていないのに、考えることも諦めてしまうことはもったいないことです。

納得出来ていないのなら、しっかり考えて自分が納得するまで考えることをお勧めします。

あとがき

考えること=ネガティブ

というイメージはありますがそうではありません。

考える=前を向いて前進しようとしている

ということなのです。

ですから、考えてネガティブになることを恐れる必要はありません。

確かに、考えるといっても、

「自分はどうしてダメなんだろう」

「自分はダメ人間だ」

と考えていても前へは進めません。

ですが、そう思ってしまうのならそれも必要でしょう。

そのネガティブも前に進むためには必要なことです。

どんなにネガティブになって、悩み続けていても、同じことで3年も4年も悩み続けることはないでしょう。

考えていれば、

「まぁいっか」

「悩んでいてもしょうがない」

と思う日がきます。

その日が来るまで一生懸命考え続けていれば、

必ず良い答えが待っています。

考えていれば自分なりの答えが必ず出ます。

それまで考え続けることが出来れば、前に進むことが出来るでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 人生哲学

    人の不幸は蜜の味。人と比較する人生をやめる

    人の不幸は蜜の味。そんな風な言葉が出来てしまうように人の不幸話…

  2. 人生哲学

    みんな人それぞれ自分のペースで頑張っている

    「努力が足りない」「全然やることをやってない」そうや…

  3. 人生哲学

    綺麗事が言いたいわけじゃない。そんなことをしてもその人の為にならないから

    私は綺麗事が言いたいわけじゃない。人を慰めたい訳でもない。…

  4. 人生哲学

    今を生きることで人生は豊かになる。過去や未来にとらわれない生き方をしよう

    人は今を生きていない事が多いです。現実で言えば常に今を…

  5. 人生哲学

    高い波動を体感した感想。高次元の波動とはこんな感じなのだろうか

    波動を上げるために瞑想を行なった時に感じたこと。無音な世界だ…

  6. 人生哲学

    全てのものに価値もないし意味もない。価値も意味も全ては自分が自由に作っていくもの

    すべての物事やものに意味はありません。意味は自分で作っていくも…

こんな記事もどうぞ

PAGE TOP