やるべきことは後回しにせずに「気付いたら5秒以内」に行動することで案外出来てしまうもの

「やらなければいけない事を思い出したけど、今はちょっと面倒くさいから後でいいや」

そう思うことは1日に結構な回数訪れます。

「また気付いた時にやれば良い」

そうして後回しにして結局やらないなんてことは多々あります。

一度後回しにする癖がついてしまうと、余程緊急ではない限りは後回しにしてしまいがちになっていきます。

それの繰り返しによってどんどん腰が重くなっていってしまうのです。

その結果、生活していく上で最低限のことしかやらなくなり、毎日同じ日々の繰り返しになっていってしまうのです。

せっかくやろうと思ったということは、それだけ新しいことが出来るチャンスなのです。

もしそれがやるべき事なら、やるべき事を終わらせるチャンスなのです。

やるべきことがあるのに後回しにするのは、どんどん頭の中にやることが溜まりストレスになります。

新しいことに挑戦するにも、新しいことを始めるのを後回しにしたらいつまで経ってもやってこないのです。

どちらにしても、後回しにするというのはデメリットの方が大きいのです。

気付いたらやるというのが鉄則なのです。

時間が経つごとに気持ちが重くなっていって、忘れてしまうものです。

それなら気付いた時にやるのが良いのです。

その時のコツとしては、

やろうと思ったら5秒以内にやるということです。

それ以上やろうかやらまいかを考えると、「後でいいや」という思考に変わってしまいます。

そうなる前にやってしまえば、最初は腰が重くてもやり始めたら案外出来てしまうものです。

やろうと思ったら5秒以内に行動する。

それを癖づける事で、

やろうかやらまいかで悩むことはなくなるでしょう。

悩んでいる間に終わってしまうこともあります。

そういう問題こそ、気付いたら5秒以内に終わらせる癖を付けましょう。

是非参考にしていただけると幸いです。

スポンサーリンク