なぜ気付きを得ることが大切なのか。

気付きを得ることはとても大切で、成長するためには必要なことだと言われています。

悟りを得るためには気付くことが重要だと言いますが、なぜそんなに気付くことが重要なのでしょうか。

気付きがなくても別に勉強すれば良いのではないかと思ってしまいます。

しかし何事も気付くことから始まります。

気付くことで人は変わるのです。

気付きを得ないと変わりようがないから気付きが必要なのです。

人が気付きを得る時というのは、今まで自分が常識だと思っているものが常識だと気付くことです。

当たり前だと思っていたものが間違っていた時に気付きが得られるのです。

または、自分のイメージと現実が違って、自分のイメージが間違っていたと気付いた時に深い気付きが得られるのです。

その深い気付きが悟りです。

現実とイメージの違いや、自分の間違いに気付かないと自分自身を変えようがありません。

自分自身が間違っていることに気付かなければ自分を変えることは出来ないのです。

自分を変えようと思わなければ成長もありません。

なので成長するためにも気付きが必要ですし、より良い人生へと向かっていくためにも気付きが必要なのです。

大きな気付き(悟り)を得ることで自然に自分自身を変えていくことが出来ます。

そうすれば自然に人生を変えることが出来ます。

自分の間違いを正すことが出来るのです。

なので、気付きというのは人生においてとても重要で大切なものなのです。。

気付きがなければ自分が常に正しいと思い込んでしまいます。

どんどん傲慢になっていくのです。。

そうなると最終的にはとても大きな失敗をおかしてしまうことにもなりかねません。

そうならないためにも気付きを得て、自分の間違いに気付き、間違いを正していくことが大切です。

気付きなんてただ気付くだけでしょう。と軽く見ないで、小さな気付きだったとしても、その気付きを大切にして自分の人生に役立てていくことで、自分自身が過ごしやすい人生を送ることが出来るでしょう。

ぜひ参考にしていただけると幸いです。

スポンサーリンク