悟り

「気付き」とは何なのか。どうすれば気付きを得られるのか

気付きというのは成長する為にも、ポジティブに生きていく為にもとても大切なことです。

ではその気付きというのは何なのかというと、

「自分が思っていたもの」と「現実」の違いに気付く事です。

もし仮に、

自分が思っている現実と本当の現実が全く同じなのだとしたらどうなりますか?

それは全て現実が思い通りになるという事です。

思ったものと現実に差がないわけですから、思いは全て現実になるわけです。

そんなことはないですよね。

思い通りにならないことはたくさんあるでしょう。

ということは、

自分の思っているものと現実は違うわけですから、その現実と自分の思いの違いに気付き、どうすれば思い通りの現実にすることが出来るのかを考えられるようになる必要があるのです。

そのために気付きというのはとても重要なのです。

ではここからが本題です。

どうすれば気付きを得られるのか

気付きを得るために一番大切なことは、

自分の間違いを認めることです。

なぜ必要なのかというと、そもそも自分の思いと現実が違うわけですからその違いを受け入れなければ勘違いしている部分を探すことも出来ませんし、受け入れることも出来ません。

なので、自分の考えが間違っているということに気付くことから気付きは始まるのです。

現実と何が違うのか見つける

次に自分の思いと現実の違いがどこにあるのかを見つけましょう。

思い通りにいかない部分が何なのかを探しましょう。

それはちょっと考えれば見つかるはずです。

見つけるコツは、

「どうしても思い通りにいかない部分」を見つければ良いのです。

勉強しても全然成績が上がらないというのなら、勉強の仕方が間違っているのです。

勉強していないのに成績が上がらないというのなら、勉強するしかないのです。

そうやって何が間違っているのかを見つけることです。

ここで言うと、

「どうしても成績が上がらない」と言う部分です。

そのうまくいかない部分を見つけましょう。

どうしてうまくいかないのかを考える

次にどうしてうまくいかないのかを考えましょう。

自分が間違っていることを認めて、自分の思いと違う部分を見つけたら、あとはどうしてうまくいかないのかを知ることが出来ればそれはすでに「気付き」を得たことになります。

「なんだ!これが間違っていたのか」と気付くことができればそれは気付きです。

「悟り」なのです。

どうしてうまくいかないのかに気付くことが出来れば、どうしたらうまくいくのかを考えるためのスタートにもなります。

今までどうしてうまくいかなかったのかに気付き、うまくいかなかった原因に気付くことが出来ればそれは「気付き」なのです。

うまくいかない原因を見つけましょう。

最後に

気付きを得ることが出来れば、その気付きに基づいてやるだけで現実と自分の思いのズレが埋まり、思い通りの現実に自然となっていくでしょう。

「現実をそのまま見る」

「現実をありのままに感じる」

それが気付きと言うことなのです。

案外現実と自分の思いというのはズレが生じてしまうものです。

うまくいっているときはそのズレがとても少ないときです。

現実をそのまま見ているのです。

気付きを得ることで自分にとって良い人生を歩むことが出来るのです。

現実と自分の思いの違いに「気付き」より良い人生を送りましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 悟り

    今を生きることで悩みは消える。今を生きることの重要性。

    悩みというのは今を生きることで消えていくものです。悩みは未来や…

  2. 悟り

    悟りを開くことに執着したり追い求めていると悟ることは出来ない

    悟りを開こうと思って悟りばかりを追い求めてこだわっていてはいつまで経っ…

  3. 悟り

    自分に関係のないことは知らなくても、自分を知ることが出来れば悟りは開ける。

    悟りを開くというとたくさんのことを知っていろんな物事を知らなければ悟り…

  4. 悟り

    足るを知ることがなぜ人生に必要なのか。人間の欲は満足するということを知らない。

    足るを知ると聞くと、「悟り」とか「今の自分を受け入れて将来を諦…

  5. 悟り

    欲をなくしても(禁欲)をしても悟りを開くことは出来ない理由

    悟りを開くために禁欲が大切。禁欲しなければ悟りを開くことは出来…

  6. 悟り

    悟りを開くことで試練を乗り越えられる【苦痛や試練は越えるためにある】

    辛いことや嫌なことというのは生きていればあります。それは自分に…

こんな記事もどうぞ

PAGE TOP