自己啓発

【基礎の大切さ】基礎的なものほど大切さに気付きにくいもの

基礎というのはどうしても分かってきたり慣れてくると疎かにしがちなものです。

それに地味で派手さも無く淡々とこなすことが多いので、どうしてもつまらなさを感じてしまいます。

スポーツではもちろんそうですが、勉強や礼儀や常識でもそうです。

挨拶をしっかりするということは常識ですし、基礎なのですがそれを意識してずっと続けているかというと大人になると忘れてしまっている人は結構多いのではないでしょうか。

しかし基本的なこと、基礎というのは出来ていないと損をしたり逆に遠回りになってしまうことが多々あります。

家の基礎もそうですが、基礎というのはある意味あって当たり前というか、なければいけないものなのです。

基礎がしっかりしていないと他のものをどんなに頑張っても良い結果を生みません。

どんなに仕事が出来たとしても、挨拶が出来なければ評価はされないでしょう。

スポーツもどんなにすごい選手でも基礎がないと怪我をしたり、いざという時に脆かったりするものです。

どんなものでも基礎が大切だということなのです。

そしてなければいけないものなのです。

逆に基礎さえしっかり出来ていれば勝負になるのです。

応用は基礎があっての応用です。

基礎は泥臭くて基礎的な事ほどあって当たり前だと思ってしまうので、疎かにしがちです。

大切さが分かりにくいでしょう。

しかしもう一度基礎の大切さを再確認しておくことが大切なのです。

是非参考にしていただけると幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 自己啓発

    なりたい自分になるためには、変化を恐れず新しいことに挑戦すること。

    一般的に変化をすることはあまり良いイメージを持つ人はあまりいないように…

  2. 自己啓発

    正しい試行錯誤の方法とは。試行錯誤は悩み、考えることが目的ではなく結果を出すことが目的。

    試行錯誤をすることは、とても辛いもののように感じてしまう人もい…

  3. 自己啓発

    イメージを実現するための方法。未来は今の積み重ねによって決まる

    イメージが出来ていても現実にすることが出来ない人はたくさんいます。…

  4. 自己啓発

    テレビを観るのをやめて変わった3つメリット

    私はテレビを観ることをやめてから7年くらいになると思います。今…

  5. 自己啓発

    自信とは自分を信じるということ。見せかけの自信ではなく本当の自信を持とう。

    「自分に自信を持て」「弱気ではダメだ」「強気に自信を…

  6. 自己啓発

    何事もやってみないと分からない。やってみてから考えても遅くはない。

    「自分には向いていない」「やった事ないけど多分自分には合わない…

こんな記事もどうぞ

PAGE TOP