人生哲学

この世に無駄なものはない。価値は自分の心が作り出すもの

この世に生きていて無駄なものはありません。

いろんなものがあり、いろんな経験があるけど、その中でも無駄な経験なんていうものは一つもありません。

どんな辛いことがあったとしてもその経験によって人は成長します。

どんなに無駄な時間を過ごしたと思ってしまっても、その時はその選択しかできなかっただろうし、

「無駄に過ごした時間は無駄だった」

という経験を積むことが出来たのだから無駄ではない。

一つ一つに意味があり、無駄なことなんて一つもありません。

この世に無駄なものはないけど、目的に向かっているのだとしたら遠回りになることはある

実際にはこの世に無駄なものなんてないし、全てに意味があり、そして意味を作ることが出来ます。

意味や理由をつけるのは自分自身なのだから自由に意味や理由は作ることが出来るのです。

だからこの世に意味のないものなんてありません。

しかし、目的や目標に向かっているときに関しては無駄なものや遠回りなものはあります。

目標に向かって頑張っているのに、遊んでばっかりでなかなか前に進めないのだとしたらそれは無駄なことです。

ゲームばっかりやっていて、全然目標に向かって動き出せないのだとしたらそれは無駄なことです。

目標に向かっている時は、その目標に近づいていくことができないものは無駄であり、遠回りになってしまうものです。

目的があるのだとしたら、叶えたい夢があるのだとしたら、そこに向かって意味のあるものと意味のないものを選別しておかなければいけません。

意味のないものの中にも意味のあるものはある。意味のないものから意味を見出すことは出来る

目標に向かっているときには、その目標に向かうためには無駄なものがあります。

遠回りになってしまったり邪魔になってしまうものは無駄なものになるでしょう。

しかし実際には、そんなものにも意味はあるし全てが無駄という訳ではありません。

無駄な時間を過ごしてしまったと思ったとしても、

「良い休憩をすることが出来た」

「時間の無駄だと思っていたけど良いひらめきがあった」

「この時間によってポジティブになれて前向きになることが出来た」

という意味を見出すことが出来たのだとしたら、それは意味のあるものになるのです。

自分の気持ちや考え方、そしてその時の状況によって意味のあるものとないものというのは変わってしまうのです。

時間がもったいないと思っても、その時間があったから気付く事もあるし、成長出来るかもしれないのです。

無駄だと思っても、それは自分の価値観の中で「無駄」と判断しているだけであって、実際に無駄かどうかは過ぎてみないとわからないのです。

常に目標を持って、アンテナを張ったまま行動しているのなら、どんな行動でも気付きが起きるし意味はあるのです

「意味がない」

「価値がない」

「そんなものは無駄だ」

そう思うのは自分がそう思うだけで実際はどうなのかはわかりません。

終わってみたら大事な事かもしれないし、やっぱり無駄な事かもしれません。

「どんな行動をするか」という事もとても大事な事です。

しかしそれよりも、

「目標に向かってどんな気持ちでどんな考え方で行動するのか」

ということの方がはるかに大切です。

意味のある無駄ではない事も、何も意識もしないでただなんとなくやっていたらそれは無駄になってしまいます。

逆に無駄だと思えることでも目標に向かってその行動をしているのなら、一見無駄に見えるものでも意味のあるものになるのです。

それだけ何をするかということよりも、どんなことを思って行動するのかということの方が重要だと言うことです。

価値や意味は自分で作り出すものなのです。

常に前を向いて、目標に向かって行動しているのならそれは全てに意味があります。

ただなんとなく行動しているのなら、それはただなんとなく行動していることになります。

それだけ自分の意識とその行動が重要だと言うことです。

人間は自分の思ったものを手に入れるようになっています。

ただなんとなく行動すれば、ただなんとなく行動したものが手に入ります。

目標を持って行動したのなら、目標を持って行動した結果が手に入ります。

心が自分の考えを作り、その考えが行動を作るのです。

ですから、心が無駄だと思えばそれは無駄になります。

心が意味があるものだと思えば意味のあるものに変わります。

そうやって心が現実を変えていくのです。

「何をするか」にフォーカスするのではなく、

「何を思って行動するのか」にフォーカスしましょう。

それによって結果は大きく変わっていくでしょう。

あとがき

この世に無駄なことなんてありません。全ての行動と出来事が自分の経験として生きて、そして成長へと繋がっていくからです。

しかし意味がないと思ってやる行動は全く良い結果を生むことはありません。

意味がないと思ってやる行動には意味がないからです。

ですから意味がないと思うのならそれはやめるべきです。

しかし極論から言えば、そんな意味のないと思ってやる行動にも意味はあります。

それは、

「意味ない行動には意味がないんだ」と言う気付きを得られるからです。

そうなれば意味のない行動にも意味を見出せるのです。

人はそうやって考え方と心一つで、意味を見出すことが出来るのです。

それは自分の心が全てを決めていると言っても良いでしょう。

この世に無駄なことは一つもありません。

そう思えばこの世に一つも無駄なことはないのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 人生哲学

    人生を変えるたった一つのコツ。本当に人生を変える事は出来るのか

    人生を変えたいと思ってカウンセリングを受けたり、コーチングを受けたりし…

  2. 人生哲学

    人生は自分ではどうにもならないことはある【受け入れることで成長する】

    人生というのは不条理なこともあるし、なんで自分だけこんなに不幸なのだ…

  3. 人生哲学

    前に進むこと、変化をすること、それが私の生きているという実感

    私は今まで少し停滞していた時期が続いていた。ずっと走り抜けてき…

  4. 人生哲学

    「自分を受け入れる」でも「願望を求める」でもない。今まで味わった事のない感覚を感じてる

    私は、今までに体感したことのないような体験と感覚を感じている。…

  5. 人生哲学

    人生山あり谷あり。どうせ生きてれば辛いことはあるのだから自分が納得出来る人生を送る

    生きていればいろいろなことがあります。良いことだって悪いことだ…

  6. 人生哲学

    人は不完全で未熟な存在。完璧主義でいる限り苦しみ続ける

    人間は不完全で未熟な存在です。間違いだって犯すことがあるでしょ…

こんな記事もどうぞ

PAGE TOP