目標達成

行動が現実を変える。どん底から這い上がるには考え込むのはなくまずは行動すること

今の自分がどん底なのだとしたら何かを考えるのではなくてとにかく行動しましょう。

どうしてもどん底の状態になってしまうと、たくさん考えて良い案を出して今の状態から抜け出したいという気持ちになるのは当然のことと言えば当然でしょう。

考え込んでいれば良い案が見つかると思うでしょう。

しかしそんな考えているだけではなかなか見つかりませんし、考えている間は現実は全く変わっていないのです。

考えている暇があるのならまずは少しでも行動することが大切なのです。

考え込んでいる間は現実的には何も変わらない

考え込んでいる間というのは自分の中で色々考えているので成長している気持ちになってしまいますが、考えている間は現実的には何も変わっていないのです。

なんか自分の中でたくさんん考えているので進んでいると思いがちですが考えていても現実を変えることは出来ないのです。

現実を変えていきたいのなら何よりも行動していく必要があるのです。

しかも自分一人でいくら練習をしたり自分の中で色々行動していてもそれでは何も変わりません。

この世に出して、自分が外の世界に出ていかなければ何も変わらないのです。

自分の中で考えていたり、自分の部屋で引きこもって何かをやっていたとしてもそれは全て自己満足です。

今の自分がどん底だと思うのだとしたら自己満足している暇はないのです。

それではいつまで経っても何も変わらないのです。

まずは一歩外の世界に出ていくことが大切なのです。

行動した方が良い方法が見つかる

考え込むよりも少しでも良いし何でもいいから何か行動した方が良い方法が見つかったりします。

結局いくら考え込んでもそれは全て自分のイメージの中での話なので机上の空論でしかないのです。

現実はどうなるか分からないのです。

現実を変えていかなければいけないのですから現実で試していかなければどうなるか分からないのです。

あれこれ考えることは悪いことではありませんがそれだけでは何も始まらないのです。

考える暇があるのだとしたらとにかく行動してみて、何がダメで何が良いのかを試していくことが大切なのです。

考え込んでも良い方法というのは見つからなかったりしますが、行動してみると「次はこうしよう」とか「こうした方が良さそう」という風に良い方法が思いついたりします。

行動した方が良い方法というのは見つかりやすいものなのです。

ですから考えている暇があるのなら一歩でも前に進むためにも行動することが必要なのです。

考えながら行動しよう

どん底から抜け出すには何よりも行動が必要です。

「その行動を見つけたいから考え込んでいるんだ」

と思うかもしれませんが、だったら行動しながら考えていけば良いのです。

自分がどん底なのだとしたら一秒でも早く抜け出したいという気持ちを持っているはずです。

それなら考えている時間は一秒もありません。

とにかく自分がちょっとでもやってみようと思うことがあるのならまずは行動してみましょう。

そしてその行動をしながら何かを考えていけば良いのです。

別に行動していたら何も考えられないわけではないでしょう。

どうしてもどん底にいる時というのは考えることが優先になってしまうのです。

しかしそうやって考え込んでいるからどん底になってしまうのであって、だからどん底から這い上がっていくことが出来ないのです。

どん底から這い上がる瞬間というのはとにかく何も考えないでとにかく行動している時にどん底から這い上がれるのです。

考え込んでいる時にどん底から這い上がることはないでしょう。

どんなことをしてどん底から這い上がれるかなんて考えても見つかるわけがありません。

だって考えて見つかるくらいならもっと早く見つかっていますし、そもそもどん底な状態になっていないでしょう。

自分では分からないからどん底になってしまうのです。

もちろんどん底から這い上がるためには何も考えないことが良いわけではありません。

考えることも必要です。

しかし考えながらでも現実はどんどん行動してどんどん変えていくことが必要なのです。

その間に色々考えていけば良いのです。

どん底の時にはどんな行動でも案外うまくいく

自分がどん底の状態なのだとしたら自分がこれだと思って行動していればどんな方法だとしても案外うまくいくものです。

なぜうまくいかないのかというと、みんな必死にやっていないからうまくいかないのです。

必死になってやればどんな行動でもどんな方法でも案外うまくいくものなのです。

方法や手段というのはあまり関係ありません。

自分がうまくいくと思って必死にやったかどうかが重要なのです。

とにかくやっていくしかないのです。

そうすれば案外うまくいくものです。

あとがき

どうしても自分がどん底の状態になってしまうと考え込んでしまうものです。

「これからどうすれば良いのだろうか」

「どうやったらこの状態から抜け出せるのだろうか」

そう考えるのは当然のことです。

全然悪いことではありません。

しかしそうやって考えている間はどん底から這い上がれないのも事実です。

ピンチだからこそ、そしてどん底の状態だからこそ行動するのです。

その行動というのはあまり関係ありません。

自分がやってやろうと思うことならどんなことでも良いのです。

どん底から這い上がるためにはどんな行動をするかよりも、どんな気持ちで必死に行動するかの方が大切なのです。

何をすれば成功するかなんて誰にもわかりません。

分かっていたらどん底になんてなっていないはずです。

それなのにどん底の状態で考えたって余計見つかるはずがありません。

ですからとにかく行動あるのみなのです。

現実を変えるには現実的に何をするかしかないのです。

もし考えたいのなら行動しながら考えれば良いのです。

どん底から這い上がるためにはとにかく一心不乱にそして必死に行動していくしかないのです。

それだけ必死になれたのだとしたらどんなことでも案外うまくいくはずです。

あれこれ考えないでとにかく行動することでどん底から這い上がることが出来るのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 目標達成

    【勝負に勝つ人の特徴】勝負強い人はどうして強いのか

    勝負というのは少しの違いやタイミング、その時の一瞬の判断で勝敗が決ま…

  2. 目標達成

    完璧を求めてやらないよりも下手でも良いから挑戦した方が良い理由

    人間はどうしても自分が納得出来ないとなかなか行動出来ないものです。…

  3. 目標達成

    「継続は力なり」とは、継続すれば結果が出るという意味ではない

    継続は力なりという言葉がありますが何事も続けてこそ初めて結果を出すこと…

  4. 目標達成

    目標は明確にしなくても良い。そして夢を叶えなくても幸せになれる

    何かを目指す時には「イメージを明確にしなければいけない」ということを…

  5. 目標達成

    限界は自分の心が作っている。限界を超えた時に人は大きな成長を遂げる

    自分の限界なんて誰にも分かりません。もちろん自分にだって分か…

こんな記事もどうぞ

PAGE TOP