教え(教訓)

自分の行動を評価する事は悪いことではないが、それによって自分で自分の限界を作ることにもなる。

「自分はこれだけ頑張った」

「今日はやれる事はやった」

そんな風に自分を評価するという事は一見良い事のように思えます。

自己評価が高まりますしそれによって自信が付くというメリットもあります。

しかしそれと同時に自分の限界を作ることにも繋がります。

「自分はこれくらいやれば十分な人」になってしまうのです。

しかも、そのように自分を評価してしまうといけないことがもう一つあります。

それは行動自体を評価してしまうと、結果が出なくてもなんとなく満足してしまうのです。

もちろん結果なんてどうでも良くて、楽しければそれで良いと思っているのならそれでも良いですが、結果を求めているのであれば、

行動に対して評価するのではなく、結果に対して評価をするべきです。

自分が決めた目標が達成されたときに本当に評価をするべきです。

結果が出ないうちに自分を評価してしまったら結果を出す理由がなくなります。

ですから、行動に対して評価をする事は良いように思えて良くない部分があるのです。

それに今日やったことや過去を振り返ることよりも、

「今自分が何をしたいのか」

「今から何をするのか」を考えて行動した方がずっと有意義な時間を送れます。

過去を振り返る事が悪いことではないのですが、今や未来を見て生きた方がずっと楽しく生きられますし、エネルギッシュに生きることが出来ます。

よく、「今を生きることで幸せになれる」という言葉の意味は、そういう意味も含まれているのです。

過去の自分を評価するのではなく今の自分がしたいことをしましょう。

たとえ今日の自分だったとしても、一時間前の自分だったとしてもそれは過去です。

そんな過去に囚われるよりも、常に今を本気で生きることで、より楽しく、より幸せに生きることが出来るのです。

結論:自分の限界を自分で決めるな。今を全力で生きろ。

「これくらいやったから大丈夫」と思ってしまうと、どうしてもそれ以上出来なくなります。

そうやって毎日ある程度のところで満足してしまうと、それ以上の自分になれなくなります。

自分の限界という名の殻を自分で作ってしまうことになるのです。

それは別に限界を超えて無理をしろと言いたいわけではありません。

単純にやりたいことがあるのなら、やりたいだけやれば良いのです。

やりたくないことを無理にやっても疲れるだけなのでそれはやめましょう。

やりたいことがあるのに、ある程度頑張ったら十分だと思うことが勿体無いのです。

過去の頑張りを評価しないで、

自分自身が今を全力で生きる事の方がずっと楽しく、

ずっとずっと有意義で、

ずっとずっとずっと自分が自分らしくいられるのです。

その結果、良い未来を手に入れることが出来るようになるのです。

言い方を変えれば夢中になる力と言っても良いでしょう。

今の自分を精一杯生きて、

過去ではなく「今の自分」に夢中で生きてください。

そうすれば自分が限界だと思っているところよりも遥か遠くまでいくことが出来るでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 教え(教訓)

    愛のある行動をする。愛は他人を助け、自分の人生を豊かにする

    愛のある行動を心掛けることが大切です。愛のある行動というのは、…

  2. 教え(教訓)

    人と比べる必要はない。比べる事をやめたときに自分が輝くものが見つかる

    人と比べる必要はありません。人と比べるということはその時は自…

  3. 教え(教訓)

    人生は修行の場。どうして人は修行をするのか

    自分はなぜ生まれてきたのか。なんのために生まれてきたのか。…

  4. 教え(教訓)

    過去は変えられないが未来は変えられる。失敗を繰り返しながら成長し、自分の望む自分に変わる

    過去に行動してきたことは変えられません。だから後悔することもも…

  5. 教え(教訓)

    変化することを受け入れることで人は幸せに近くことが出来る

    人というのはみんな変化を受け入れることがなかなか出来ないものです。…

  6. 教え(教訓)

    流されてるだけでは行きたい場所に辿り着けない。自分の船の舵は自分でとる

    「みんながやっているから自分もやろう」「みんながそうするなら私…

こんな記事もどうぞ

PAGE TOP