高い波動を体感した感想。高次元の波動とはこんな感じなのだろうか

波動を上げるために瞑想を行なった時に感じたこと。

無音な世界だったんだな。

限界を突破した時、

自分の壁をぶち破った時の感覚、

膜を突き破った時の感覚は、

とてもシンプルで優しい光に包み込まれた気分になる。

静かで、

研ぎ澄まされていて、

とてもクリアな世界。

それから、あれこれ何もない。

「ゴゴゴー」とか「パワーに満ち溢れてくる」というわけではなく、

暖かい日の草原のような空間が広がる。

もっと自然な感じ。

拍子抜けではあるけれど悪い感じは全くしない。

無駄な思考がなくて、感覚も研ぎ澄まされていて気持ちが良い。

別次元にいるというよりかは、

同じ世界を静かに感じているような感覚だろうか。

もう少し低い次元の時は、

もっとピリピリしていて凄さを感じていて、もっとエネルギッシュというか、自分という感覚が別のところにあった。

だけど今は、

自分という存在は確実に自分の中に存在しているのに、自分以外の世界が客観的に感じ取れる。

今まで自分が世界に溶け込んでいたはずなのに、

自分という存在が確実に存在している。

その上にとても自然な感じで、感覚と世界のズレが少ない感じ。

自然だからこそ凄さは感じないし、変化を大きく感じることはないけど、心地良さはある。

これが本当に良い感覚なのか、悪い感覚なのかは体感したことがないから分からないけれど、もう少し味わっていたいと思う。

私事の記事になってしまいましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク