自己啓発

過去の自分はバカだったなと後悔したのなら、それだけ自分が成長した証。

「昔の自分はバカだったな」

「なんであんなことをしたのだろうか」

そう思うことはあるだろう。

そんな気持ちというのは罪悪感はあるかも知れないが、決して悪いわけではない。

自分の過去に対して、

「なんであんなことをしてしまったんだろうか」

というように後悔していると言うことはそれだけ自分が成長したということだ。

何故ならもし自分が成長せずに過去の過ちを認めなければ、後悔という感情は生まれてこないからだ。

自分は間違っていないと思っている時は後悔という感情が生まれてこないからだ。

だから後悔するというのは別に悪い感情ではない。

もちろん後悔なんてするよりもしない方が良いに決まっている。

だけどもし後悔という感情生まれてしまったとしてもその感情に対して、嫌悪感を感じる必要はない。

それだけ成長したと思えば良い。

後悔は成長したものにしか生まれない感情なのだから。

「昔の自分はバカだったな」

そう思える自分になっていけば良い。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 自己啓発

    本を読む事で新しい価値観を感じる事が出来る。本を読めば人生を変えるきっかけになる

    私は本を読む事が好きで今までにたくさんの本を読んできました。今…

  2. 自己啓発

    新たな道に進むには勇気と覚悟は必要。覚悟を持つことで人は前に進んでいける

    今までの人生を変えて、新たな道、新たな人生に向かって進んでいくには勇…

  3. 自己啓発

    セルフコーチングで人生を変える。自分で自分をコーチして自己成長を促すための方法。

    「なかなかコーチングを受ける勇気がない」「コーチングを受けたい…

  4. 自己啓発

    自信とは自分を信じるということ。見せかけの自信ではなく本当の自信を持とう。

    「自分に自信を持て」「弱気ではダメだ」「強気に自信を…

こんな記事もどうぞ

PAGE TOP