人生哲学

最初からくだらないと否定するのはやめよう。何に価値があって何に価値がないのかは人それぞれ。

くだらないからと言って最初から否定していては大きな可能性を失ってしまう。

くだらないというのは今の自分の価値観や考え方からするとくだらないことかもしれないけど、考え方が変わったり価値観が変わること、そしてくだらないと思っていたものにも真剣に向き合うと全然くだらなくないかもしれない。

初めから否定するのはやめよう。

くだらないと思っているのは自分の心であって、何がくだらなくて何が面白いものなのかは自分次第なのです。

人がくだらないと思われるものでも真剣にやったら面白いし、

逆にどんなに価値のあるものや面白いと思うものでも、つまらなそうに否定しながらやればそれはくだらないものになってしまう。

今は情報社会で何に価値があって何に価値がないのかはわからなくなってきている。

今まではゲームは子供のやるもので大人からすればくだらないものである。

しかし今はeスポーツと言われて、オリンピックの種目にもなる可能性が高まってきている。

ただの娯楽でくだらないと思われていたものに価値が生み出されてきたのだ。

もちろん今までだって娯楽としてはとても素晴らしいもので、ゲームが好きな人からすれば何もくだらないものではない。

他にもユーチューバーなどもそうだ。

ユーチューブを見ない人からすれば、何をやっているのかもわからないし何が楽しいのかもわからないからくだらないものだと思っているだろう。

しかし今はそれが職業にもなってしまうくらいくだらないものではなくなってきている。

それくらい何に価値があるのかわからないし、何がくだらないものかそれとも面白いものかはわからなくなってきている。

それは人それぞれの価値観でしかない。

だから最初からくだらないという言葉で否定してはいけない。

どんなものにも価値はあるし、これからの時代はどんどん変化していくのでくだらないと言って否定していたら自分が時代に否定されていくだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 人生哲学

    人生のほとんどを妄想の中で生きている。過去や未来に囚われることをやめよう

    人は人生の時間のほとんどを妄想と空想の中で生きている。起きても…

  2. 人生哲学

    自分の人生の答えは出るのか。この世の正しさというのはどんなものなのか。

    生きていれば自分の人生について考える時間があるでしょう。自分は…

  3. 人生哲学

    私は「スピリチュアル」というものを勘違いしていた

    私は新しい気付き「悟り」を感じたのでここに書こうと思います。…

  4. 人生哲学

    進む道に迷ってもとことん悩めば良い。悩んだ先に成長した自分が待っている

    自分の進むべき道に悩むことはあるでしょう。悩んでも悩んでも自分…

  5. 人生哲学

    好きなこと、自由に生きることに罪悪感を感じていたら幸せになれない

    自分の好きなことをやることに対して罪悪感を感じている人は案外多いです。…

こんな記事もどうぞ

PAGE TOP