人生を変えるには、自分自身を変えるには悔しいという感情は大きな原動力になる

皆さんは悔しいという感情を感じたことはあるでしょうか。

今までの人生で一度も悔しいという感情を味わったことがないという人はまずいないでしょう。

何かしらによって人は悔しさという感情は体験しているはずです。

「人にバカにされて悔しかった」

「勝負に負けて悔しかった」

「思い通りにならなくて悔しい思いをした」

そんな風にいろんな場面で悔しいという感情を味わう機会というのはあります。

大人になってからも悔しさを感じる時はありますが、悔しいという感情はむしろ子供の頃の方が頻繁に感じていたのではないでしょうか。

それはやはり子供の頃の方が自分の気持ちや心に素直なので、その環境に振り回されて感じてしまう事が多いです。

しかしそれは悪いことではないと私は思います。

なぜなら人は「悔しい」という感情がなければ自分を本気で変えようと思わないからです。

人生を変えるには「悔しい」という感情は必要不可欠なのです。

悔しくなきゃ人生なんて変わらない

人間は相当今の現状が苦しいとか、本当に今の自分でいることが悔しいと思わないとなかなか変わりません。

やはり今の生活から変えるというのは楽なことではないからです。

結局今の自分の生活というのはなんだかんだ楽ですし慣れているので、別にそこまで苦ではないのです。

だからよっぽど何かきっかけがないと本当に変えようとは思わないのです。

今の自分の現状が苦しくてしょうがないと思えば変われます。

しかし苦しくないから今の現状である程度満足して受け入れているのです。

文句を言いながらでも現状を自分の力で変えようとは思わないのです。

「変われたらいいな」

「何かきっかけがあったらいいな」

そういう思いを持つだけで終わっているのです。

本当に辛かったらきっかけがなくてもチャンスがなくても絶対に変えるでしょう。

もし自分の家の下が高熱の鉄板で常に熱さと戦っているような人生だとしたら絶対に変えるはずです。

どうにかして変えようと試行錯誤するはずです。

しかし今の現状というのはそこまで辛いものではありません。

生きていこうと思えば生きていけますし、絶対に変えなければ死んでしまうような危機的状況というほど辛くもないのです。

それはとても恵まれた環境ですが、成長という意味ではかなり足かせになっているでしょう。

そこまで辛くもないし悔しさもないのだとしたら別に変えなくてもいいやと思うのは自然な感情だと思います。

そんな状況から抜け出すには、よっぽど死ぬほど苦しい状況になるか、本当に悔しい状況にならなければ現状を変えることは出来ないでしょう。

それくらい人間は怠ける生き物なのです。

悔しさは自分自身を変える大きなきっかけになる

よっぽど悔しいかよっぽど辛い状況にならないと人は変わらないということを話しました。

ですが今の日本ではそんなに辛い状況になることは少ないです。

なんとなくでも普通に生きていけるくらい安全で恵まれた環境の中で生活しているのです。

そんな状況の中で自分自身を変えるには、「本当に悔しい」という思いを感じることくらいしかありません。

悔しさというのはすごく大きなエネルギーになります。

バカにされて悔しさを感じたのだとしたら、そのバカにされたものを必死に努力をしてバカにされないくらいに変わって見返してやる。

というような思いで努力して、結果的にバカにされるどころか誰よりも出来るようになっていたなんてこともあるのです。

それくらい悔しさというのは大きな原動力になるのです。

「お金がない自分が惨めで悔しくて、こんなに悔しい思いをするなら絶対にこんな状況から抜けだしてやる」

という思いから本当に大金持ちになった人だって少なくないでしょう。

そうやって悔しいという思いは人生を変える大きなきっかけになるのです。

むしろ悔しさなしに人生を変える方が難しいくらいです。

それくらい悔しさというのは大事な感情なのです。

悔しいなら変えてやれ

悔しいという気持ちがあるのならその気持ちに負けないで見返してやりましょう。

せっかく悔しいという感情が生まれたのですから、その気持ちを塞ぎこむのはもったいないです。

悔しいという感情はそれだけ自分が嫌だという心の声を叫んでいるから生まれるのです。

別にどうでも良いことだと思うのなら悔しさなんて生まれることはありません。

ですから悔しさというのはそれだけ自分がやりたいし変えたいと思っているから生まれるのです。

悔しいと思うのは自分自身を変えるチャンスでもあるのです。

悔しさをバネに自分自身を変えていきましょう。

あとがき

自分自身を変えるには悔しいという気持ちがとても重要になってきます。

重要どころか必要不可欠なのではないでしょうか。

悔しさがあるからこそコンプレックスがあり、そして変えたいと思う心があるのです。

自分でも変えたいとい思っていないと悔しさなんて湧いてきません。

自分でも変えたいと思っているし、自分でも思うような結果になっていないから悔しさが生まれるのです。

だからこそ悔しさが生まれたということは、それだけ自分の中に熱い思いがあるということなのです。

せっかくそんな想いに気づくことが出来たのなら、その力を使って変えていきましょう。

悔しさがあるからこそ自分を変えようと思うきっかけになるのです。

人生を変えるためには悔しさは大きなきっかけであり、必要不可欠なものなのです。

スポンサーリンク