人生哲学

人は不安や迷いがある状態で全力で駆け抜ける事は出来ない

人は前が見えない状態や不安がある状態で全力疾走をする事は出来ません。

「もしかしたらこの先はダメかもしれない」

「このまま進んでも大丈夫だろうか」

そんな風に不安や迷いがある状態で人は全力で突き進んでいく事は出来ません。

全く前の見えない真っ暗な道で全力疾走は出来ないでしょう。

それは人生においても同じ事。

自分の中で向かっていく方向に不安があったり、迷いがあればそれは全力で突き進んでいく事は出来ないのです。

そんな迷いや不安のある状態で、探り探りで前に進もうと思ってもなかなか前には進めないのです。

前に進みたいという思いがあるのなら、自分の不安や迷いを取り払う事です。

そうやって自分の心の曇りを取り払う事で全力疾走することが出来て自分自身も、そして現実も大きく変わっていくことが出来るのです。

人は手探り状態では速く前には進めない。

だからこそ全力疾走出来る状況を自分で作っていくことが大切なのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 人生哲学

    今の自分は人生の中では通過点。自分次第でいくらでも変わっていける

    あなたは今の自分に満足していますか?今の自分を好きになれていま…

  2. 人生哲学

    ネガティブがあるからポジティブがあり自己成長につながっていく

    人生の流れに関して言えば、ネガティブなときに良い方向へ進むことはほとん…

  3. 人生哲学

    毎日同じことの繰り返しで何の意味があって生きているのだろうか。それを決めるのは自分です。

    毎日同じことの繰り返しの日々や何も目的がなくただ毎日を過ごし、そして…

  4. 人生哲学

    悟りを開く為には、「気付き」の積み重ねによって得られるものである

    悟りというのは「気付き」によって得られるものです。…

こんな記事もどうぞ

PAGE TOP