スピリチュアル

目に見えないものも存在していると言い切れる理由

みんな「なんとなく」感じているものがあるはずなのに、その感覚をなんとなくだから自分の勘違いだと思い込んでしまっていることがとても多いです。

しかし本当はその「なんとなく」がとても重要で、そのなんとなくの精度が高まってくることによって、そのなんとなくがなんとなくではなくなってくるのです。

そのなんとなくという感覚は、現実では何も存在しないかも知れませんが、自分の中では確かに感じているものです。

そのなんとなくというのは自分の目に見えるものではありません。

人はかなり目を使っているので、目に見えないものは存在しないものだと勝手に思い込んでしまうのです。 そうやって目に見えないものは存在しないと思ってしまう原因であり、それも一つの思い込みと言えるでしょう。

実際現代の化学製品でいえば、Wi-Fiだったり、赤外線や紫外線ももちろん目に見えません。

テレビのリモコンで操作しても目に見えない光線が出ているわけですが、存在しないものとは認識していません。 みんな存在するものだと認識しているのです。 それもおかしな話だとは思いませんか?

それは知識があるから存在しているという認識になっていますが、それも見方を変えれば目に見えないものですから存在しないものになってもおかしくありません。

ですが確実に存在しているものです。

オーラが見えるという人でもそれは同じことが言えるはずです。 初めはなんとなく見えた気がするくらいのものだったりしますし、そのなんとなくが見ているうちになんとなくではなくなってくるのです。

「虫の知らせ」なんていうのも完全になんとなくの世界の話です。

しかしその「なんとなく」は自分の中では確かに何かを感じ取っているのです。

そのように感覚というのは目には見えませんし、現実には存在しないものです。

もっと言えば、 「痒み」や「痛み」も目には見えません。

人の痒みが見える人はいないでしょう。

痒みだって目に見えないのですから存在しないものになってしまいます。

「背中が痒いから掻いてくれ」と頼んだら、 「背中見たけど何もないから痒いはずがない」と言われたらどうでしょうか。

「俺は確かに痒んだから掻いてくれ」となるはずです。

なので目に見えないから存在しないと考えるのは、その考え方自体も自分の思い込みと言えるでしょう。

もっと言えば、 心の痛みや息苦しなんていうものは自分以外の誰にも分かりません。

気持ちや心の問題というのは本当に苦しいものですが、他人には分からないものなのです。

自分のことは極論自分にしか分からないのです。

目に見えるか見えないかよりも、自分がどう感じているのか、自分の中でそのものが存在しているものなのかということの方が重要だということです。

自分の感覚というのは他の誰かの意見よりはるかに重要なのです。

自分の感覚が重要だということについて詳しく書いている記事はこちらです。

目に見えるか見えないかではなく、自分の感覚や自分の心信じて生きることで、自分の人生では正しい判断をすることが出来るでしょう。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

関連記事はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. スピリチュアル

    スピリチュアルな存在である宇宙人やUFO、地球外生命体は本当に存在するのだろうか

    スピリチュアルやオカルトの世界の中で、宇宙人やUFOは本当に存在するの…

  2. スピリチュアル

    カウンセラーに相談すれば本当に悩みは解決するのか。

    カウンセラーや占い師に相談したことがない人からすると、「相談し…

  3. スピリチュアル

    思い通りにいかない時のスピリチュアル的な意味と原因とは。どうすればうまくいくようになるのか

    「いくら頑張ってもうまくいかない時期だったり、どうしても流れが悪い…

  4. スピリチュアル

    自分の「思い」やイメージと現実は常に同じな訳ではない。理想と現実にはズレがあることを知るべき

    自分のイメージと現実というのは少なからず違う部分があり、ズレが生じて…

  5. スピリチュアル

    神様の理想は人間、人間の理想は神様という勝手な作り話

    この話は単純に自分の作り話であって、ただ思った事なので真に受けずにさ…

こんな記事もどうぞ

PAGE TOP