人生哲学

自分が本当に求めている生活を見極めてその道を進んでいくことで人生は充実したものになる。

みんなと同じことをしていてはみんなと同じ結果にしかならない。

みんなと同じ行動をしていれば、

みんなと同じように右にならえで生きているのなら、

それはみんなと同じような人生を歩むことになるものです。

それが嫌で自分の道を歩んで生きたいと思う人は、自然とみんなとは違う道を歩いていくことになるでしょう。

どんな道を歩いていくのか、

どんな人生を生きていくのかは自分の考え方と行動で全てが決まっていくのです。

どんな人生を歩むのかは自分次第だということ

みんなと同じような普通の人生を歩んで生きたいのならそうやって生きていけば良いのです。

自分は人とは違う存在なんだと思っているのだとしたら、そうやってみんなとは違う人生を歩んでいけば良いのです。

自分がどちらの人生を歩んでいるのか、

そして自分がどちらの人生を望んでいるのかを考えたことがあるでしょうか。

もし自分の目指している自分と現状が違う方向へ進んでいるのだとしたら一度考え直してみると良いでしょう。

どんな道を選ぼうともどれも正解ではあるでしょう。

しかし自分の求めた人生とは違う人生に進んでいる時の苦しさというのはとても辛いものになってしまいます。

自分が望んでいる道を見定めて、その方向へと進んでいくことが人生を充実したものにするためには大事なことなのです。

辛くても納得する道を選んでいくことで人生は充実していく

もし自分が普通の人生を望んでいないのだとしたら、

普通の行動をしていたらいつまで経っても普通の道のルートから外れる事は出来ません。

そういう人は結局、自分にとって楽な道を選んでしまっているから道を外れることが出来ないのです。

普通ではない刺激的な生活を求めていくということは、楽しいかもしれないけどとても大変で辛い道かもしれません。

人と違うという事はそれだけ理解されることも少ないし、否定され続けて生きていくことにもなるでしょう。

だからと言って楽な道を選んでしまっていてはいつまで経っても今のままでしかありません。

 

逆に普通に生きたいと思うのに全然違う生活をしている人もいます。

サラリーマンのような安定した生活に憧れながら会社経営をしていて、自分の心とは違った生活をして苦しんでいる人もいるでしょう。

それでは自分が本当に求めている生活を手に入れることは出来ません。

全ては良いとか悪いとかそういう話ではなくて、

単純に自分の好きな道を選べば良いのです。

結論:みんなと同じ行動をしていればみんなと同じ結果になる。自分の望んでいる道を見極めて、その道を信じて突き進むことで人生が充実したものになる

みんなと同じ行動や生活をしていれば当然ですが、みんなと同じ人生を歩むことになります。

それを望んでいるのであればそれで良いですし、そうじゃない場合はその道を辿っていても自分が望む自分になれないかもしれません。

その場合は、方向転換をして道を変えなければいけないのです。

道は無数にありますし、自分が進んでいる道の先にいる先輩を見れば自分がどうなっていくのかが見えてきます。

その時に自分が本当にそれで良いのかを一度立ち止まって考える必要があるのです。

道は無数にありますし、道なんて自分で作ることだって出来ます。

自分がなりたいと思う自分になれる道を見つけて、その道を信じて突き進んでいくことで、人生が充実したものへと変わっていくでしょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 人生哲学

    知りたい欲、成長欲というのは好奇心から生まれる欲求だということ

    私は幼い頃から知りたい欲、色々体験したいという欲求がずっと強くて、逆に…

  2. 人生哲学

    やらないことを決めることで自分らしさを手に入れる事ができる

    自分の人生の道というのは自分で決めて進んでいくものです。その道…

  3. 人生哲学

    物事に対するバランス感覚を持とう。多くの視点を持つことで人は成長する。

    物事に対しての価値観やバランス感覚というのはとても重要です。偏…

  4. 人生哲学

    大切なものを守ることが人生の生きる意味になる。

    人は生きる意味を心のどこかで求めている。しかし生きる意味なん…

  5. 人生哲学

    未来も大切だけど今を生きることはもっと大切。日々の生活に追われて生きてはいないだろうか。

    普段生活していると現代では人が作った建造物ばかりの中で生活しているので…

こんな記事もどうぞ

PAGE TOP