心理学

モチベーションを保つ方法【モチベーションが続かない理由】

何をやるにも、よほど強制されてやらなければ続けていくということは難しいことです。

仕事をするにも、部活やスポーツで大会を目指して頑張ることでも、何をするにも続けていくということは大変です。

特に結果がなかなか出なかったり、自分の成長が見えてこないと余計に大変です。

今日は、「モチベーションを保つ方法。ーモチベーションが続かない理由ー」というテーマでお話しします。

モチベーションが続かない理由

「モチベーションが続かない」

「なんかやる気が出ない」

そんな風に思う人はかなり多いのではないかと思います。

モチベーションが続かない理由というのは、

もともと人は同じことを続けていくことが苦手なのです。

ですから、自分だけがモチベーションが続かずにすぐにやめてしまうのではありません。

みんな結果が出なかったり、先の見えないことに対して頑張ったりやり続けることというのは難しいのです。

だいたい結果を出すためには、毎日同じことの繰り返し、反復練習がほとんどなのです。

毎日同じことを繰り返すというのは、つまらないことですし、楽しいことではありません。

ですから人はモチベーションが続かずにやめてしまいがちなのです。

モチベーションが続く人と続かない人の違い

人はみんなモチベーションを保つことが苦手だということを先ほどお話ししました。

ですがその中でもやり続けていく人とやめてしまう人がいるのは、

「明確な目標があるかないか」

ということが重要になってきます。

明確な目標がないと、行動も結果も全てが曖昧になってしまい、何のために頑張っているのかがわからなくなってしまいます。

目標が明確ではないことに頑張り続けられる人はいません。

目標がしっかり定まっていれば、小さな進歩や成果が出たことに気付き、大きな喜びを得る事ができます。

目標を持ち、小さな進歩にも喜べるような状態になれば自然と頑張る理由を保つことが出来て、続けていくことが出来るのです。

モチベーションを保つ方法

モチベーションを保つ方法としては、

しっかりとした目標と小さな小目標を立ててそこに向かって努力することが大切です。

先ほども言いましたが、小さな成果や進歩がみられると嬉しくなり、また頑張ろうという気持ちになることが出来ます。

その成果に気付くことが出来るのは、しっかりとした目標と目の前の小さな目標をクリアした時に喜びを感じることが出来ます。

ですから、毎月でも毎週でも良いのでしっかりとした目標を立てて、そこをクリアするために行動して、そして少しづつ目標に向かって近づいていくところを明確に目に見えるようにすることで、進歩したことを確認できて、モチベーションを保つことが出来るのです。

最後に

何かの目標に向かって頑張るということは、基本的に毎日が同じことの繰り返しです。

そうした地道な努力の先に大きな結果が待っているのです。

毎日同じことの繰り返しというのは、誰でもモチベーションを保つことが難しいです。

それを続けていくためには、しっかりとした目標を持ち、進歩していく自分を楽しみながら努力していくことが出来れば、自然とモチベーションを保つことが出来ます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 心理学

    人は考えれば考えるほど難しくなりネガティブになる。そして出る答えはいつもシンプル。

    人は色んな選択肢があったりたくさんの情報が一度に入ってくるとどうしても…

  2. 心理学

    他人の目を気にしても自分にとってメリットはない。自分自身に興味を持ち自分を大切にしよう。

    他人に興味があり過ぎて自分のことが疎かになっている事が多々あります。…

  3. 心理学

    目標を持てば嫌なことも乗り越えられる!目標設定が自分の潜在能力を引き出す。

    人は目標を持って行動すればその目標に向けて行動することが出来るので、あ…

  4. 心理学

    どうせならワクワクする人生を目指していこう。わざわざ自分からつまらない人生を送る必要はない

    一度きりの人生ですし自分の人生は自分で決めていけるのですから、それな…

  5. 心理学

    小さなことで落ち込むのはやめよう。悪いことも辛いこともあるのが人生なのだから

    生きていれば良い事も悪い事もあります。それはどんなに調子の良い…

  6. 心理学

    ピンチをチャンスに変える方法

    よくピンチはチャンスと言われる事がありますが、いざピンチの状態になった…

こんな記事もどうぞ

PAGE TOP