心理学

無自覚のストレスに気付くための方法【隠れストレスの見つけ方】

人は無意識にもストレスを感じています。

それは人には潜在意識といって頭で考えなくても勝手にやってくれる意識があるので、その潜在意識がストレスに感じているものがあるのです。

そういった自覚のないストレスというのは自覚がないといっても普通に自分が感じているストレスと同じくらいストレスは自分にかかっているのです。

そういった無自覚なストレスにも気付き改善していくことが、ストレスの少ない心地よい生活を送るためには大切なことなのです。

無自覚のストレスとはどんなもの?

無自覚のストレスというのはどんなものかというと、

狭い空間にいたり圧迫感のある部屋にずっといるとストレスは溜まっていきます。

初めはちょっと狭いなと感じる程度だったものがずっといると閉鎖的な空間に感じてしまいどんどんストレスが溜まっていってしまう事にもなりかねません。

他には、

やり残したことがある。

やらなければいけないことがある状態です。

提出しなければいけない書類がありその書類がまだ完成していないまま遊びに行っても不意にその書類のことを思い出してしまい、思いっきり遊びを楽しめなかったりします。

そのように頭の片隅に残っているものがあると無意識にストレスを感じてしまうのです。

無自覚なストレスに気付く方法

無自覚なストレスに気付くことはとても難しいことです。

それは自覚がないものに気付くのは大変なことです。

しかし自覚のないストレスを抱えている時というのはそれだけ色々なサインがあります。

そのサインに気付くことが大切なのです。

なぜか心がざわざわする

全く理由がなく心がざわざわしたりしません。

何かしら心残りがあるのです。

そういう感情があるときは自分が気になっていること探してみると良いでしょう。

なぜかイライラしてしまう

イライラしてしまうことはあまり良いことではありません。

理由なくイライラしてしまうには自分が分からないだけで原因はあるのです。

イライラを解消するためにはどうすれば良いのかを考えてそれを根本から解決していくことが大切です。

疲れているのに全然寝られない

寝られないというのもストレスが原因である可能性があります。

それだけ何か気になることがあったりプレッシャーがかかっているから寝られなくなってしまうのです。

そういうときはなぜか分からないからいいや。と諦めないで原因を探してみましょう。

なぜか体がだるい

体がだるいというもの危険な信号です。

だるいというのはわかりづらい症状なので疲れているのかなと思いがちですがだるいのは立派な症状です。

そういう時にはかなり大きなストレスを抱えている可能性があります。

早めにストレスの原因を解消する必要があるでしょう。

なぜか気持ちがドキドキしてしまう

ドキドキするという感情もあまり良くないでしょう。

何かをプレッシャーに感じていたり、無理をしていると起こる症状です。

ドキドキするというのも普段から起こるものではありません。

何かしらのストレスがかかっているからドキドキするのです。

気になるものをなくすことでストレスを減らせる

自分が気になるものや自分自身でストレスの原因だと思うものがあるのだとしたら早めに対処する必要があります。

ストレスは痛みが伴うわけではないのでどうしても放置しがちですが、時間が経てば経つほど自分のなかで大きなものになっていってしまいます。

ストレスがかかっているなと感じたのなら解消するような行動をしていきましょう。

大きなストレスがない生活というのはとてもリラックスをしていてとても有意義な生活を送ることが出来るでしょう。

気になってもやってみないとわからない

無自覚なものなのでやる前はなんで心が落ち着かないのかわかりません。

しかしきになるものをやっていくうちに心が次第に楽になっていきます。

そうやって心が晴れてくればそれが原因だということです。

そうやってやり終えてもまだ心がざわついているのなら原因はそれではなかったということです。

原因が違ったとしても落ち込む必要はない

あれこれ原因を探していてもなかなか見つからないことがあります。

そうやって頑張って探しているのに間違いばかりだと落ち込んでしまうでしょう。

自分の落ち着かない原因はなんなのだろうかと。

しかしそれでもずっと続けていくことが大切です。

原因が違ったとしても、原因ではないかと思ってやっていることは自分にとって必ずプラスになるものです。

一つ一つこなしていくことで本当の原因ではなくても心は軽くなっていくでしょう。

気になるものは全てやっていけば良いのです。

大きなストレスのない生活はとても穏やかな気持ちになる

自覚があってもなくてもストレスというのはそれだけ自分に大きな影響を与えてしまいます。

逆に言えばストレスがない生活を送ることが出来ればとても穏やかな気持ちになるでしょう。

イライラすることもなく、ちょっと悪いことが起きたとしても冷静に対処できます。

普段からストレスが溜まっていると、ちょっとしたことでイライラしたりトラブルの原因にもなってしまいます。

出来る限りストレスのないような生活をすることを心掛けましょう。

あとがき

ストレスというのは人間に大きな影響を与えてしまうものです。

病気の始まりはストレスから始まると言われているくらいにストレスは人間には毒なのです。

ストレスが溜まってしまうと免疫力が低下して病気と闘う力がなくなってしまいます。

ストレスが少ないと気持ちに余裕があるのでとても楽に平穏な日々を過ごすことが出来るでしょう。

とても幸せな気分になることができます。

自覚があってもなくても出来る限りストレスの原因というのは解消しておくことが大切です。

ストレスのない生活を手に入れて理想の人生を送っていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 心理学

    自分の心に嘘をつくことは出来ない。自分の心はいつも自分を見ている

    自分の心に嘘をつき続けて生きていくことは出来ません。そんなこと…

  2. 心理学

    完璧主義の人の考え方とのその直し方。完璧を求めても完璧にはならない。

    完璧主義の人は何でも完璧にしないと気が済みません。「完璧にやる…

  3. 心理学

    他人の目を気にしても自分にとってメリットはない。自分自身に興味を持ち自分を大切にしよう。

    他人に興味があり過ぎて自分のことが疎かになっている事が多々あります。…

  4. 心理学

    感情や欲は全て行動する原動力(エネルギー)になる。

    気持ちや感情というのはその気持ちだけでエネルギーになります。や…

  5. 心理学

    自分が何をしたいのか分からないという人の解決法

    自分が何をしたいのか分からないという状況の人はそれだけ自分の心に素直に…

  6. 心理学

    趣味を持つことで充実した生活を送れる

    趣味が一つあるだけで全然日々が充実したものになる。趣味がなくて…

こんな記事もどうぞ

PAGE TOP