人生哲学

人間はその先に不幸があったとしても自分が納得する道を進む

人は自分がその瞬間向かいたい方向へと向かう。

その先には不幸が待っていると分かっていたとしても、

それでも向かいたい方向へと向かっていくものだ。

どんなに苦しい未来が待っていると分かっていたとしても、自分がそれでも良いと思ってしまったらその方向に進んでしまうんだ。

それが自己犠牲だろうと、

本来求めている未来じゃなかったとしても、

それでも自分がその時そう思ったのなら向かってしまうものなんだ。

誰も不幸になりたいなんて思っていないだろう。

だけどそれでも、

その先に不幸な人生が待っていることが分かっていても進んでしまうんだ。

「もしかしたら幸せな人生が待っているのではないか」

という淡い期待を胸に、自分の進みたい方向へと進む。

人間というのは幸せになりたいと願っているはずなのに、

本当はそこまで幸せになりたいと思っていないのかもしれないな。

幸せになりたいと思いつつも、それよりも自分が納得する道へと進みたい。

そして、それが自暴自棄でヤケクソな行動だったとしても、

自分が納得したいと思う行動をする。

後悔すると分かっていても進んでしまうもの。

それが人間というもの。

行動の先に納得する答えがあるのなら進めばいい。

そして納得するまでやればいい。

ただ、

最後は自分が幸せになる道を選んで欲しい。

自分の心に素直になって選んで欲しい。

自分が心の本当に求めているのは、

自分が幸せになる道なのだから。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 人生哲学

    現実を思い通りにしたいなら、自分がどうしたいかではなく現実をどうするかを考える

    現実を思い通りにしたいのなら、自分がどうしたいかではなく現実…

  2. 人生哲学

    辛いことを乗り越える事で強くなっていく【試練を乗り越えて成長する】

    どんなに辛いことがあったとしても、どんなに苦しいことがあっても…

  3. 人生哲学

    どんな理論を話したしても、それは物事の一部を切り取ったに過ぎない

    私はこれまでに色々な記事を書いてきた。「こんなことをす…

  4. 人生哲学

    本当の自立を目指すことが幸せな人生を送るためには最も大切なこと

    自分の人生をより良く生きるためにとても大切な事は、「本当の意味…

こんな記事もどうぞ

PAGE TOP