人生の教科書

ネガティブは大きなポジティブによってなくなっていく【人生の教科書】

最近はポジティブやネガティブという気持ちの記事が多いですが、それほど精神的なものは自分の人生に大きな影響を及ぼすものなので是非マスターして欲しいと思います。

生きていればネガティブなこともポジティブなことも当然起こり得ます。

当然ネガティブになる出来事があればネガティブになってしまうものです。

そんな時に知っていて欲しい事が、

「ネガティブはそれよりも大きなポジティブがあれば気にならなくなる」という事です。

そして何よりも伝えたい事は、私たちの生活の中にはたくさんのポジティブに溢れているという事です。

普段の生活の中で起きているポジティブな出来事に気付くことでネガティブな出来事が起きても気にならなくなるような人生を作り上げていく事が出来るようになるのです。

ポジティブな人生を作り上げるのは、今すぐに出来るものではありません。

ポジティブなものを見つける癖をつける事によって、ネガティブに強くなって結果的にポジティブで幸せな人生を作り上げられるのです。

ネガティブは解消するのではなくポジティブな現状に気付く事でネガティブはなくなる

ネガティブというのは無理に解消するものではありません。

仮に解消したとしてもそれでは本質的な解消ではないのです。

大切な事は、そのネガティブな出来事よりもポジティブな事に気付く事なのです。

例えば、部屋が綺麗でないと苦痛で仕方がない人がいたとします。

なので毎日部屋の掃除をして綺麗にしていればある程度満足出来るでしょう。

しかし、少し汚くなったらまたネガティブになります。

ネガティブというのは根本から解消しなければ、一度解消してもすぐにまた生まれてきてしまうものなのです。

ですから一番大切な事は、ネガティブを解消するのではなくポジティブに目を向ける事なのです。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

【関連記事】ネガティブを探すことを辞めない限りネガティブの渦から抜け出す事は出来ない。完璧を目指す事はネガティブを探す事【人生の教科書】

ポジティブの力は偉大なもの。大きなポジティブでネガティブは消えて無くなる

生きていれば当然のようにネガティブなことは起きます。

それは自分のせいでなくても起きてしまうわけですから、自分でコントロールしようがありません。

そんなネガティブな事が起きた時に落ち込み過ぎないようにするためには、自分自身が普段どれだけポジティブに囲まれているのかという事に気付くことなのです。

ネガティブというのは解消するものではなく、ポジティブで上書きするものです。

普段の生活が幸せな人は、嫌な事があってもそこまで落ち込まずに済みます。

少し寂しい話になってしまいますが、

今現在悩んでいる悩みはみんなあると思います。

ですがもし、今目の前に3億円が降ってきたとしたらその悩みはどう感じるでしょうか。

もっと別の考え方をすれば、落ち込むのをやめたら3億円をあげると言われたらどうしますか?

多分ほとんどの人が落ち込むことをやめるか、そもそも悩み自体がなくなってしまうでしょう。

「まぁそんなことどうでもいいか、3億円あるし」

「そんな小さなこと悩んでも仕方ないか」

そんな風に思う人はたくさんいるはずです。

それはお金の力というものもありますが、それよりも3億円という大きなポジティブによってネガティブが気にならなくなってしまうということなのです。

お金でなくても、恋人が出来ることによって同じような感覚になる人もいるでしょう。

それだけポジティブの力というのは偉大だということです

ポジティブに気付く力をつけることでネガティブに強くなっていく

大きなポジティブが目の前にあれば確かにポジティブになれるかも知れませんが、実際に目の前にそんなポジティブなんてないよと思ってしまうかも知れません。

しかし、私たちの周りにはポジティブが溢れているのです。

そこまで高くない金額でおいしいご飯が食べられる世の中です。

無料でSNSを使って趣味の合う友達を作ることだって出来ます。

自己表現をしたければブログを書いたり、youtubeを使って表現だって出来ます。

大体のことは出来てしまうのです。

私たちは自由に自分の好きなように生きていく事が出来るのです。

それだって大きなポジティブです。

「そんなの綺麗事だよ」と思うのなら、自分がポジティブになれることをやれば良いのです。

自分でポジティブを作っていけば良いのです。

それも自由にやって良いのです。

「そんなこと言ってもやりたいことなんてないし自分には出来ないよ」そう思っているのなら、それはネガティブなことに目を向けているからなのです。

別に完璧でなくても良いですし、やれるだけでも十分に幸せなことなのです。

画家になれないなら絵を描く意味がないなんて考えをしていたら、誰も画家になんてなれません。

描く事が楽しいから画家を目指すわけです。

そして楽しんでたくさん書いた結果、画家になれるものなのです。

誰だって初めは下手くそです。

だけど、絵を描く事が幸せだから続けるのです。

描く事がポジティブな事だから続けられるし、結果的に画家になってさらにポジティブを手に入れる事が出来るのです。

ネガティブなところにはネガティブが集まります。

ポジティブなところにはもっとポジティブが集まります。

だからこそポジティブを見つけられるような自分、素直にポジティブを喜べる自分を作り上げていく事で、さらにポジティブな現実を引き寄せて来る事が出来るのです。

その結果、ネガティブに強い自分を手に入れる事が出来るのです。

結論:ポジティブを感じられる心を養う事でネガティブはなくなっていく

ポジティブな自分を作りたいと思うのならポジティブを感じられる自分を作る事が最も効果的であり、何よりも必要な事なのです。

ネガティブなんて作ろうと思えばいくらでも作り上げる事が出来ます。

私自身も、文章を書く事が決して上手いわけではないですし、頑固で自分の意見は曲げませんし、気分屋で面倒くさいことはやりたくありません。

私は伝えたい事があると何度でも言います。

だから、もし私が老人になったら説教ジジイとか話の長いクソジジイになってしまうのではないかと思って、常に気を付けるようにしています。笑

ネガティブな自分を上げれば1万文字くらい、いやむしろ一冊の本にする事だって出来るでしょう。

しかし、そんなネガティブな自分に目を向けていたって仕方ありません。

直せる部分があるのであれば直せば良いですが、直せないものや直してしまったら自分ではなくなってしまうものに対してネガティブになっていても辛いだけです。

それよりも自分には出来る事がある。

自分にも得意な事があってそれを全力で取り組むということにフォーカスをした方が結果は良いものになりますし、何より前向きに生きられるのです。

私はそんな人生を歩んでいきたいと思うからポジティブに目を向けるようにしましたし、それによって本当にポジティブが見えるようになってきたのです。

確かに初めは、ポジティブを見ることがダサいとか頭の中がお花畑になるのは嫌だと思っていました。

しかしネガティブで頭の中がいっぱいになる方がもっと嫌です。

そしてネガティブで頭の中いっぱいの状態なんて美しくもなんともありません。

どんな生き方をするのも結局は自分の自由です。

しかし本当に幸せな人生を送ることを求めているのであれば、素直にポジティブを喜べる心、自分が幸せになって良いと許可を出せる心を持つ事は必要なことなのです。

今回の記事は以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

ヨシタカ(吉岡 貴紀)

名前 ヨシタカ(吉岡 貴紀) ・スピリチュアルカウンセラー ・元競輪選手 生まれつき「オーラ」や「チャネリング」が出来ていたスピリチュアル人間として育ってきた。 しかし、それが本当に正しいことなのかを突き詰めるようになり、悟りの道へと方向性をシフトし、悟りを開くことが出来た。 その後はたくさんの人に自分らしい生き方を目指す為の情報発信をしている。 【詳しいプロフィールはこちら】

-人生の教科書

Copyright© ヨシタカブログー吉岡貴紀公式ブログー , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.