心理学

頑張らなくても良い!ネガティブ思考の人がポジティブに変わっていく方法。それはポジティブ思考になる状況を作り出すこと。

どうしてもネガティブに考えてしまう人というのはいるでしょう。

自分は生まれつきネガティブだから仕方ないと諦めてしまうにはまだ早いです。

そもそも生まれつきネガティブ思考の人も、生まれつきポジティブ思考の人もいません。

ネガティブもポジティブも結局自分の思考の癖でしか無いのです。

ネガティブ思考もポジティブ思考も自分の経験によって出来た考え方の癖であり思い込みでしかない

自分の思考は、自分が今まで起きた結果や経験によって左右されるものであって生まれつきの思考ではありません。

ある意味ネガティブな赤ちゃんというのはいないのです。

赤ちゃんは新しいことに挑戦して新しい刺激を求めて行動しています。

常にポジティブと言っても良いでしょう。

そして人間は挑戦しながらたくさんの失敗をして成長していきます。

その時に、

「全然上手くいかない人生ばかりを送ってきたのか」

「色んなことが上手くいく人生だったのか」

それによってネガティブ思考になるのかポジティブ思考になるのかに大きな影響を及ぼします。

上手くいかないことばかりだと失敗するたびに、

「やっぱり自分は何をやっても上手くいかない」と思い込んでしまいます。

逆に成功することが多い人は、

「次こそは絶対上手くいく」と思って、失敗したことを過去に置いていくことが出来ます。

そうやって自然とネガティブ思考とポジティブ思考が作られていくのです。

もちろんその人の性格によっても左右されます。

失敗だけを切り取って自分はダメな人間なんだと思い込んでしまう人もいます。

そう考えると完璧主義の人ほどネガティブになりやすいと言えるでしょう。

逆に、失敗して当然だと思っていた方が、失敗部分を早く忘れることが出来るのでポジティブになりやすいです。

そうやって「どこの部分を切り取るのか」によって左右されますが、基本的にポジティブもネガティブも自分の思考の癖でしか無いのです。

ネガティブな人がポジティブになるには、ポジティブにならざるを得ない状況を作ること

じゃあ一度ネガティブになってしまったらずっとネガティブ思考なのかというとそんなことはありません。

ネガティブ思考の人でもポジティブになる事は出来ます。

当然のことですが、

ポジティブ思考の人でもネガティブになる事はありますし、ネガティブな人でもポジティブになる瞬間はあります。

ポジティブ思考でもネガティブ思考でも、どちらもずっと変わらないわけでは無いのです。

ポジティブ思考の人は、ポジティブでいる時間が長いだけです。

ネガティブ思考の人は、ネガティブでいる時間が長いだけです。

それなら、

ポジティブになる時間を増やせば自然とポジティブへと変わっていくということになります。

そのために大切なのは、

自然とポジティブになるような環境を作り上げることです。

ネガティブ思考の人でもポジティブになる瞬間があるわけですから、その状態を増やしていけば自然とポジティブになるのです。

音楽を聴いている時はポジティブでいられるのなら、音楽を聴く時間を増やせば良いのです。

趣味に没頭をするのでも良いです。

恋人といる時にはポジティブでいられるのならそれでも良いです。

どんな方法でも良いので、自分がポジティブでいられる時間を増やすのです。

そうすれば自分が頑張らなくても自然とポジティブになっていくでしょう。

ポジティブ思考になろうとしてもポジティブになれない理由

自分がネガティブだから頑張ってポジティブになろうと思っても、なかなかポジティブ思考になれなくて悩んでいる人は多いのでは無いでしょうか。

頑張ってるけど全然無理だから自分はもうポジティブになれないと思うにはまだ早いです。

なぜそう言えるのかというと、

ポジティブになろうと思う考え方自体が間違っているのです。

「ポジティブになりたい」と考えているという事は、

「今の自分はネガティブ」と考えていることと同じになってしまいます。

ポジティブになりたいと思えば思うほど、自分はネガティブだと言い聞かせていることと同じになってしまうのです。

ポジティブになることを頑張らなくても良いのです。

むしろ頑張ってはいけないのです。

思考は癖でしか無いのだから癖にすれば良い

ポジティブもネガティブも自分の思考というのは、今までの経験によって作られた癖でしかありません。

それなら、ポジティブな時間を増やして癖にしてしまえば良いのです。

一度癖になってしまえばもう頑張る必要もありません。

ポジティブになれるまで自分が好きなことだったり、自分がポジティブになれるような状況を作って、頑張らずにポジティブになっていってください。

そうやって癖をつけることで、ネガティブ思考からポジティブ思考へと変わっていくのです。

結論:ポジティブになりたいのなら頑張らずにポジティブになれる状況を作れ!

自分がネガティブ思考でポジティブへと変わりたいと思うのなら、無理したり頑張ったりしてポジティブになろうと思わないことです。

無理をすればするほど辛くなってネガティブになってしまいます。

それなら頑張らないでむしろ楽に楽しく生きた方がポジティブになる人生には近づいていくのです。

自分がこれだったら流石にポジティブになれると思えるような状況を作りましょう。

楽しめる状況を作りましょう。

それがポジティブになれる一番良い方法なのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 心理学

    怒りやイライラの感情を減らすためには、執着とこだわりがイライラの原因になる。

    いくら自分で気を付けていてもイライラしたり怒ったりすることってあると…

  2. 人生哲学

    理性(思考)と本能(心)は違うことを考えている。悩みは理性と本能の違いで生まれる

    「そんなの気持ちの問題だから気にしなくていい」「お前はやる気…

  3. 心理学

    モチベーションを保つ方法【モチベーションが続かない理由】

    何をやるにも、よほど強制されてやらなければ続けていくということは難しい…

  4. 心理学

    何をやっても楽しくない理由と原因について【なぜ楽しめないのか】

    この記事の動画はこちら「最近楽しいことがないな」…

  5. 心理学

    悩んでいても前には一歩も進まない。目標や理想があるなら行動あるのみ

    目標ややりたいことがあるなら、尻込みしたり悩んだりするしても前には進み…

  6. 心理学

    苦手意識は今すぐ捨てる方法。苦手意識は他人との比較によって生まれる。

    人には「思い込み」というものが誰にでもあります。「自分は人見知…

こんな記事もどうぞ

PAGE TOP