人生哲学

ネガティブがあるからポジティブがあり自己成長につながっていく

人生の流れに関して言えば、ネガティブなときに良い方向へ進むことはほとんどない。

ずっとネガティブな人はずっとネガティブで負のスパイラルに陥っていく。

だからネガティブな状態を出来るだけなくす必要があるのです。

ネガティブな状態では人生は好転しない

ネガティブな状態の時は何をやってもうまくいかなくなってしまう。

ネガティブだと、

「やってもどうせうまくいかない」

「頑張ってもどうせ失敗する」

そんなメンタルになってしまっているけど、そんな状態では何をやってもうまくいかない。

出来る出来ないは別として、うまくいくように挑戦しなければ、うまくいくものもうまくいかない。

だからネガティブな状態を脱してから挑戦していくことが必要なのです。

ネガティブが悪いわけではない

ネガティブな状態で新しいことに挑戦しようとしても、なかなかうまくいかないけれど、

ネガティブな状態が悪いかというとそうではない。

ネガティブな状態の時に、あれこれ悩み、色々なことを考える。

その状態というのは、うまくいかないと思いつつもうまくいくような方法を探してます。

人生の中でずっとネガティブな状態というのは続かない。

いつか突破口が見つかるか、諦めて自分のできることを探すようになってくる。

そうやってネガティブがあるからこそポジティブになることが出来る。

ネガティブはポジティブになるための準備段階だと思っていい。

無理にポジティブになる必要はない

ポジティブにならなきゃ上手くいかないからと言って、無理にポジティブになろうと思っても出来ることではない。

人間の心は素直なもので、無理に変えようと思っても変わらないし、すぐに元の状態に戻ってしまうもの。

だから無理してポジティブになる必要はない。

ネガティブはポジティブになるために必要なこと。

自分の人生を好転させるための準備段階として意味がある。

だから、今ネガティブでどうにもならないと思っても、それはそれで全然いい。

色々悩んで、色々迷って、それでいい。

いつまでもその状態が続くわけじゃないし、いつか変わっていくから。

ネガティブな時があるのは、大きく成長するために確実に必要な状態だ。

ジャンプするにもしゃがまなきゃジャンプは出来ない。

たくさんしゃがめばたくさん飛ぶことができる。

無理する必要はない。

今を精一杯生きていけばいい。

あとがき

ネガティブであることが悪いことではありません。

ネガティブだからこそ今の状況から変えていこうという気持ちになることは出来ますし、ネガティブだからこそ成長出来ることもあるのです。

しかしネガティブな状態というのはあまりよくありありません。

ネガティブな方がストレスは溜まりやすいですし、悪い方向へと引っ張られてしまいますいので出来る限りネガティブな状態からは抜け出した方が良いです。

自分の理想の人生を送れているのなら人はネガティブにならないでしょう。

ですからネガティブであるということはそれだけ自分の理想からは今の現状が遠いということです。

そのネガティブな感情を利用して、自分の人生を変えて理想の自分を手に入れていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 人生哲学

    知りたい欲、成長欲というのは好奇心から生まれる欲求だということ

    私は幼い頃から知りたい欲、色々体験したいという欲求がずっと強くて、逆に…

  2. 人生哲学

    今が辛くても楽しもう。どんなに嘆いても今はすぐには変わらないのだから

    今の自分の現状がどうしても納得出来ずに苦しむ日々が続くことがあるかも…

  3. 人生哲学

    人生なんとかなると思えるまでやろう。不安で何もしないよりも良い結果が待っている。

    人生なんとかなる。人生なんてなるようにしかならない。そ…

  4. 人生哲学

    バカで生きるくらいがちょうどいい。自分の心に素直に生きよ

    「バカにされるのが嫌だ」「変な目で見られたくない」特…

  5. 人生哲学

    この世の正解や正しさを求めていたけどそんなものは存在しなかった

    この世に完全なる正しいものや正解なんていうものは存在しなかった。…

こんな記事もどうぞ

PAGE TOP